自宅で出来る筋トレ!バスケマンのためのメニューまとめ

こんにちは!シェルです!

なかなか自宅から出る機会が得られない方、忙しい方のために、自宅筋トレメニューをご紹介したいと思います。

今回ピックアップするのは、数あるYouTuberが紹介してくれている筋トレ動画の中から、筆者が実際に行って効果のあったものを中心に取り上げています。

ただ、ダンベルは買う必要があるメニューもご紹介するので、そこはご予算に応じてご検討くださいね。

短時間で追い込めるメニューばかり用意しましたので、ぜひご参考ください^^

【自宅で出来る筋トレメニュー5選】

それでは早速、自宅でできる筋トレメニューをご紹介していきますね。

『自宅でできる筋トレメニュー①:腕立てサーキット』

まず1つ目にご紹介する筋トレメニューですが、この動画で紹介している3分間の腕立てサーキットメニューです。

15秒間腕立て⇒15秒間休憩⇒15秒間腕立て…

といった形で、計6種類のメニューがあるのですが、これがかなりキツい。

胸筋がみるみる成長する上、短時間でできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

『自宅でできる筋トレメニュー②:肩サーキット』

続いて2つ目にご紹介するのが、肩を大きくするサーキットメニューです。

これも相当キツいです。

これも、2分間肩を鍛えるメニューをこなし、1分間休憩し、また2分間肩メニューをこなし、、、

という形で肩を鍛えるのですが、特に最後のメニューが相当追い込まれます。笑

ぜひやってみてくださいね。

『自宅でできる筋トレメニュー③:背中トレーニング』

続いて3つ目にご紹介するトレーニングは、自宅にあるものでできる背中のトレーニングです。

この動画でご紹介しているのは、机を使って行う斜め懸垂と、ダンベル・ローの2種類です。

この2つを、しっかりフォームを意識してこなしていくことによって、背中はしっかりと発達していきます。

『自宅でできる筋トレメニュー④:下半身サーキット』

続いて4つ目にご紹介する筋トレメニューは、「下半身サーキット」です。

8分間で、下半身のいろんな筋肉を鍛えることができるよう、サーキットメニューが組まれています。

特に、最後の1分間耐久のスクワットが効きます。

YouTubeで実演している人は、スクワットが少し浅めですが、バスケット選手の場合は膝とお尻を同じ高さまで深く沈めるといいでしょう。

『自宅でできる筋トレメニュー⑤:腹筋サーキット』

続いて5つ目にご紹介する筋トレメニューは「腹筋サーキット」です。

5つのメニューを、3分間でこなす動画なのですが、体幹が弱点の人にはかなりおすすめのメニューです。

というのも、この動画では耐久系のものメニューが多いのですが、耐久系の腹筋メニューを行うことで、バスケで動きのキレもアップしますし、フィジカルも向上します。

ぜひ、やってみてください。

【取り組み方】

取り組み方としては、2つのメニューを1セットにして、毎日1セットずつ取り組んでみるといいでしょう。

例えば1日目は、肩+腹筋。2日目は胸+下半身。3日目は背中+腹筋。

といったような具合です。

腹筋は、他の筋肉と比べて回復が早いので、頻度を上げて大丈夫です。

ぜひ、取り組んでみてくださいね。

シェル
About シェル 335 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*