【Bリーグ速報】第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会結果

【reference=https://twitter.com/CHIBAJETS/status/1084377638251126784】

第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会の決勝戦が、2019年1月13日に開催され、男子は千葉ジェッツ・女子はJX-ENEOSサンフラワーズが優勝を果たしました。

男子優勝の千葉ジェッツは、大会3連覇。

女子優勝のJX-ENEOSサンフラワーズは大会6連覇を達成しました。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【男子決勝】

【reference=http://zennihon2018-19.japanbasketball.jp/news/1398/】

第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会 の男子決勝は、千葉ジェッツvs栃木ブレックス。

延長戦にまでもつれ込み、大接戦を制した千葉ジェッツが3連覇を達成する運びとなりました。

延長戦で決勝3Pを決めた千葉ジェッツの富樫勇樹選手が大会MVPを獲得しました。

試合結果
        1Q 2Q 3Q 4Q OT 
千葉ジェッツ  13 13 21 13 11  71
栃木ブレックス 17 15 15 13 9  69

男子最終結果
優 勝 千葉ジェッツ(3年連続3回目)
準優勝 栃木ブレックス
第3位 京都ハンナリーズ/アルバルク東京

大会MVP
富樫勇樹(千葉ジェッツ/No.2/初選出)

大会ベスト5
富樫勇樹(千葉ジェッツ/No.2/2年振り2回目)
ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ/No.21/2年連続2回目)
遠藤祐亮(栃木ブレックス/No.9/初選出)
ライアン・ロシター(栃木ブレックス/No.22/3年振り2回目)
馬場雄大(アルバルク東京/No.6/初選出)

おすすめ記事 → 【Bリーグ選手名鑑】日本の小さきエースガード、富樫勇樹選手のプレー3つの魅力
おすすめ記事 → 千葉で戦う秋田の星、田口成浩のプレー3つの魅力

【女子決勝】

【reference=http://zennihon2018-19.japanbasketball.jp/news/1398/】

第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会 の女子決勝は、JX-ENEOSサンフラワーズvsトヨタ自動車アンテローブス。

JX-ENEOSサンフラワーズは、渡嘉敷来夢と宮澤夕貴の2ビッグマンを中心に攻め続け、最後まで逃げ切り優勝する形となりました。

JX-ENEOSサンフラワーズは、大会6連覇という記録を達成しました。

今後どこまで連覇を達成するのかにも注目が集まります。

試合結果
              1Q 2Q 3Q 4Q  
JX-ENEOSサンフラワーズ   24 24 23 15 86
トヨタ自動車アンテローブス 19 14 13 19 65

女子最終結果
優 勝 JX-ENEOSサンフラワーズ
準優勝 トヨタ自動車アンテローブス
第3位 デンソーアイリス/富士通レッドウェーブ

大会MVP
宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ/No.52/2年連続2回目)

大会ベスト5
渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ/No.10/9年連続9回目)
宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ/No.52/3年連続3回目)
馬瓜エブリン(トヨタ自動車アンテローブス/No.0/初選出)
長岡萌映子(トヨタ自動車アンテローブス/No.2/2年振り4回目)
町田瑠唯(富士通レッドウェーブ/No.10/初選出)

おすすめ記事 → 日本女子バスケ界の守護神・渡嘉敷来夢選手の魅力3選!
おすすめ記事 → 女子日本代表期待の星!藤岡麻菜美選手の魅力を紹介!

ハリネズミ
About ハリネズミ 317 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*