【NBA選手名鑑】チーム再建のキーマン~トバイアス・ハリス~

こんにちわ!

さあ!今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回ご紹介する選手は、2011年1巡目19位でシャーロット・ボブキャッツ(現シャーロット・ホーネッツ)から指名されたトバイアス・ハリス選手をピックアップしていきます。身長206㎝に対し、ウィングスパンが218㎝という規格外の長さを持つ選手がトバイアス・ハリスだということは皆さんご存知だったでしょうか?

もっとトバイアス・ハリス選手を知って貰うために過去の経歴と、魅力をまとめてみました。早速見てみましょう!!

おすすめ記事 → 嘘か真か!シャックが変えた3つのバスケルールまとめ

おすすめ記事 → ステファン・カリーが最も人気の選手である3つの理由

【トバイアス・ハリスのプロフィール】

「tobias harris」の画像検索結果

本名:トバイアス・ハリス(Tobias Harris)

【誕生日】1992年7月15日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
【背番号】33番
【ポジション】SF/PF

ニューヨーク出身のトバイアス・ハリス選手は高校時代からニューヨークのMrバスケットボールやマクドナルドオールアメリカンに選出されるなど注目される選手でした。高校卒業にはテネシー大学に進学し、1年時からチームの中心でプレーをしていました。フレッシュマン時代では全米5つの指に入る1年生として評判も良く、自身をつけたトバイアス・ハリスは1年終了時にはNBAへアーリーエントリーを行いました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【トバイアス・ハリスの記録】

  • Second-team All-SEC – Coaches (2011)
  • SEC All-Freshman Team (2011)
  • McDonald’s All-American (2010)
  • First-team Parade All-American (2010)
  • Mr. New York Basketball (2010)

トバイアス・ハリス選手は2011年のNBAドラフトで全体11位という順番でシャーロット・ホーネッツの前身であるシャーロット・ボブキャッツに指名されましたが、すぐにトレードされミルウォーキー・バックスでキャリアをスタートしました。2013年までミルウォーキー・バックスでプレイしたものの、コーチと相性が悪くゲーム出場機会はあまり多くなく、2013年にオーランド・マジックにトレードされました。

2013年から2016年まではオーランド・マジックに所属しました。オーランド・マジックではプレーイングタイムが大幅に向上し、チームの中心選手としてプレーをしました。しかし2016年のシーズン途中にデトロイト・ピストンズへと電撃トレードをされてしまいました。デトロイト・ピストンズでは初めてのベンチスタートを経験するなど、悔しい時期もありましたが持ち前の得点能力でチームに貢献していました。

2018年1月に今度はブレイク・グリフィンとのトレードに巻き込まれ、デトロイト・ピストンズからロスアンゼルス・クリッパーズに移籍しました。ここでも平均した得点能力を武器にチームをけん引し、プレイヤーオブザウィークに選出されるなど評価も上がっていきました。そして2019年2月にまたトレードされ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍しました。

ところでそんなトバイアス・ハリス選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

トバイアス・ハリスの魅力①:安定した得点力】

トバイアス・ハリスの魅力1つ目は、安定した得点力にあります。

トバイアス・ハリス選手は7年間で4回ものトレードを繰り返してきました。ただトレードの内容はトレードの回数を重ねるごとに変わっていき、NBAのスター選手を獲得するためのキーマンとしてトレードをされることが多くなってきました。その背景にはトバイアス・ハリス選手がどこのチームに行ってもアダプトできる高い柔軟性があり、即戦力としてチームの再建などに必要な要素を持っているからだと思います。その中でも安定した得点能力はどこに行っても発揮される最大の魅力だと思います。

おすすめ記事 → カイリーアービングに学ぶ!レイアップ~フィンガーロール~

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【トバイアス・ハリスの魅力②:努力家】

トバイアス・ハリスの魅力2つ目は、努力家だということです。

魅力の1でも触れましたが、トバイアス・ハリス選手は年間で4つのチームを転々としてきました。それができたのも、オフシーズンのきちんとしたトレーニングと、チームにアジャストできるメンタル面を鍛えているからだと思います。

その強靭なメンタルとどこへ行っても活躍できる能力を高めるために確りと努力をするトバイアス・ハリス選手は努力家でこれは間違いなく魅力だと思います。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【トバイアス・ハリスの魅力③:メンタルの強さ】

トバイアス・ハリス選手の3つ目の魅力は、メンタルの強さです。

新しいチームに早い段階でフィットしなければいけないにもかかわらず、トバイアス・ハリス選手はチームの勝負を決めるシュートを任されてきました。そしてその上で得点重ねてきました。

この動画を見ていただければ分かると思いますが、トバイアス・ハリス選手のメンタルはクラッチという意味でも強いです。

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

【トバイアス・ハリスのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・トバイアス・ハリスのプロフィール

・トバイアス・ハリスの記録

・トバイアス・ハリスの魅力①:安定した得点能力

・トバイアス・ハリスの魅力②:努力家

・トバイアス・ハリスの魅力③:メンタル面

色々トバイアス・ハリスについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 370 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*