【2019-20年NBA戦力分析】ダラス・マーベリックス

NBAの2019-2020年シーズンが2019年10月22日(日本時間23日)に開幕します。今シーズンは多くのデュオなどが新たに作られ、シーズンが始まるのが楽しみですね。

なので今年も各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・ダラス・マーベリックスです。

2018-19年シーズンのダラス・マーベリックスはチームを長年支えていたダーク・ノビッキーが引退を表明して、1つの時代が終了するシーズンとなりました。ルカ・ドンチッチが新人王を受賞しチームをけん引しましたが、ウエスタン・カンファレンス14位という不本意な形でシーズンが終了しました。

2019-2020年シーズンは新人王のルカ・ドンチッチをはじめ、ケガで2018-19年シーズンを全休していたクリスタプス・ポルジンギスも復帰し、また新たにセス・カリーや221㎝のボバン・マリヤノヴィッチなどの新しいプレイヤーも追加され、昨シーズンウエスタン・カンファレンス14位から大きく躍進されることが期待されています。

そんなダラス・マーベリックスの2019-20年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ダラス・マーベリックス】

まずはダラス・マーベリックスのチームプロフィールです。

チーム名:ダラス・マーベリックス

【創設】1980年
【本拠地】テキサス州ダラス
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・白・銀

テキサス州ダラスを本拠地として活動しているダラス・マーベリックス。

サンアントニオ・スパーズと同様にテキサス州に本拠地があるチームです。

ダラス・マーベリックスは、チーム名を省略してマブスとも呼ばれているチームで、現在のNBAチーム内で唯一地域とチーム名が変わっていないのが特徴でもあります。

ダラス・マーベリックスの2018-2019シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】33勝49敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 14位

ダラス・マーベリックスの2018-2019年はダーク・ノビッキーの時代が終わり、新たなチームへの継承された1年となりました。ルカ・ドンチッチがユーロからNBAに入り、チームで大きな役割をもってチームをけん引しました。シーズン途中にはクリスタプス・ポルジンギスをチームに加え2019-20年シーズンに向けてのトレードを行いました。しかしクリスタプス・ポルジンギスは1年を通してプレイできなかったことからチームとしては得点源が少なく苦しい1年となりました。

そんな中でもルカ・ドンチッチとディアンドレ・ジョーダンのコンビを中心にチームをまとめ若い選手たちもその存在感を出してきたことにより、2019-20年には楽しみな材料が多くなった1年となりました。

2019-2020NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【ダラス・マーベリックス今シーズン】

Image result for dallas mavericks

2019-20年のダラス・マーベリックスはチームの中心選手だったディアンドレ・ジョーダンがFA開始直ぐにカイリー・アービングとケビン・デュラントと共にブルックリン・ネッツに移籍しました。またダーク・ノビッキーがチームを退団しダラス・マーベリックスの1つの時代が終了しました。

その反面、チームの状況から相手チームからも執拗なマークを受けながらも1年目に平均21.2得点、7.8リバウンド、6アシストの記録を打ち出した2019年新人王のルカ・ドンチッチをはじめ、昨シーズン途中から221㎝のユニコーンであるニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスを獲得しました。また大きなビックネームのFA選手は獲得できなかったものの、セス・カリー、デロン・ライト、ボバン・マリヤノビッチという安価ながらもローテーションに入れる3選手をチームに迎えました。

若い選手たちでチームをまとめたダラス・マーベリックスですが、2019-20年シーズンで大きな飛躍をしてまた翌シーズンに新たなFA選手を獲得できないかと目論んでいるのではと言われています。

今後のダラス・マーベリックスの2019-2020年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ダラス・マーベリックスの注目選手】

【ダラス・マーベリックスの注目選手①:ルカ・ドンチッチ】

本名:ルカ・ドンチッチ(Luka Doncic)

【誕生日】1999年2月28日
【出身地】スロベニア
【身長】203cm
【体重】103kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】77番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

  • 新人王 : 2019
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2019

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ダラス・マーベリックスの注目選手②:クリスタプス・ポルジンギス】

本名:クリスタプス・ポルジンギス (Kristaps Porzingis)

【誕生日】1995年8月2日
【出身地】ラトビア
【身長】221cm
【体重】109kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【ポジション】PF/C

  • NBAオールスターゲーム : 2018
  • NBAスキルチャレンジ優勝 : 2017
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2016
  • ユーロカップライジングスター賞:2015
  • 2×リーガACBオールヤングチーム:2014 ,2015

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【ダラス・マーベリックスの注目選手③:ティム・ハーダウェイ・ジュニア】

Image result for tim hardaway jr

本名:ティム・ハーダウェイJr(Tim Hardaway Jr)

【誕生日】1992年3月16日
【出身地】アメリカ
【身長】198cm
【体重】93kg
【出身校】ミシガン大学
【所属】ダラス・マーベリック
【背番号】11番
【ポジション】SG

  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2014

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ダラス・マーベリックの注目選手④:馬場雄太】

本名:馬場雄大のプロフィール

【誕生日】1995年11月7日
【出身地】富山県
【身長】198cm
【体重】90kg
【出身校】富山県第一高等学校・筑波大学
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】18番
【ポジション】スモール・フォワード

  • 全国区ではなかった富山第一高校を、2年連続でウィンターカップ出場へ導く
  • U−16に選出し、アジア3位となる
  • 高校2年生ながらも男子U-18日本代表選手に選出
  • インカレ2連覇
  • 2017年2月に日本代表としてデビューを果たす
  • 2019年7月、NBAサマーリーグに出場

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ダラス・マーベリックスの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●ダラス・マーベリックスとは?

●ダラス・マーベリックスの今シーズン

●ダラス・マーベリックスの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のダラス・マーベリックスの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2019-2020年シーズンのダラス・マーベリックスは若手の多くの選手たちと共にチームをまとめ、2020-2021年シーズンをすでに虎視眈々と狙っているチームになります。また同時に2019年のルカ・ドンチッチをはじめ、クリスタプス・ポルジンギスなど今後NBAを担っていく選手たちをチームに入れ新たな旋風を巻き起こせるか楽しみです。

ダラス・マーベリックスの今シーズンに注目してみてください。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 435 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*