【NBAニュース】JR・スミスがレイカーズ入りか??

日本時間6月30日(現地時間29日)『ESPN』の名物記者であるエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、2018年11月を最後にコートから離れていたJR・スミスとロサンゼルス・レイカーズが今季いっぱいの契約を結ぶことになるだろうと報道しました。

レイカーズは7月30日より始まる2019-20年シーズン再開に際して、ローテーション入りする守備巧者エイブリー・ブラッドリーが家族の健康面を理由に第2幕の参戦を辞退したことから、その代役としてFA選手を探しておりその白羽の矢が立ったのがJR・スミスとなります。

NBAキャリア15年を誇るスミスは34歳のシューティングガードで当たり出したら止まらない3ポイントと堅実なディフェンスを武器に、これまでのキャリアでニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、デンバー・ナゲッツ、ニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズでプレーしています。

JR・スミスは現役8位タイとなる22試合のファイナル出場経験を持ち、NBAの頂上決戦で現役10位の3ポイント成功率(38.2パーセント)を誇る選手であり、優勝を是が非でも狙うロスアンジェルス・レイカーズには必要なピースになってもらえる可能性が高いです。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 554 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*