【2022年ドラフト】大胆予想!NBA2022年のドラフト候補選手は??パート6

NBA2021-22年シーズンのレギュラーシーズンの試合も残りわずかとなってきており、白熱した試合が続いていますが、今回は2022-23年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2022年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2022年のドラフト候補選手」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2022年ドラフト候補選手を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・ダイソン・ダニエルズ

・ジェイレン・ウィリアムズ

・EJ・リデル

・キャレブ・ラブ

・ジーン・モンテロ

それぞれ以下の記事でファーストラウンドに指名予想がされる選手をご紹介しているのであわせてご紹介ください!

大胆予想第1弾大胆予想第2弾大胆予想第3弾大胆予想第4弾大胆予想第5弾

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【NBAドラフト2022候補:ダイソン・ダニエルズ】

G League's Daniels excited to put versatile skills on show in Rising Stars  Challenge - ESPN Video

本名:ダイソン・ダニエルズ(Dyson Daniels)

【誕生日】2003年3月17日
【出身地】オーストラリア
【身長】203cm
【体重】91kg
【所属】NBA Gリーグイグナイト
【ポジション】ガード/スモールフォワード

ダイソン・ダニエルズはオーストラリアビクトリア出身のバスケットボール選手です。父親が元バスケットボール選手でノースカロライナ州立大学でプレーした後にオーストラリアに渡り、ベンディゴ・ブレーブスで活躍た選手です。因みにですが、父親の現役時代の背番号はブレーブスの永久欠番ともなっています。

その父親の影響もあり7歳からバスケットボールをはじめ、2019年にはNBL1ベンディゴ・ブレーブスと契約しました。また同年にオーストラリア国立スポーツ研究所で行われたNBA国際アカデミーにも参加しています。

大学は色々な大学からオファーが来ていましたが、2021年6月にNBA Gリーグのイグナイトと契約しプロデビューとなりました。そして2022年にNBAドラフトへの参加を表明しました。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2022候補:ジェイレン・ウィリアムズ】

Hawaii vs. Santa Clara: Live Stream, TV Channel, Start Time | 11/30/2021 -  How to Watch and Stream Major League & College Sports - Sports Illustrated.

本名:ジェイレン・ウィリアムズ(Jalen Williams)

【誕生日】2001年09月18日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】202cm
【体重】86kg
【所属】サンタクララ大学
【ポジション】ガード

ジェイレン・ウィリアムズはアメリカ合衆国デンバーで生まれ7歳からはアリゾナで育ったバスケットボール選手です。ジェイレン・ウィリアムズの両親はUSエアフォースに勤務しています。

高校ではペリー高校に在籍し、高校最終学年時にはアリゾナ州でNo.9の選手としてランキングされており、オフェンス面で注目されている選手でした。

大学はサンタクララ大学に進学し、1年時より試合に出場し最後の23試合はスタメンとして定着しチーム最多となる44スティールを記録するなどディフェンス面で活躍しました。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2022候補:EJ・リデル】

Ohio State basketball: E.J. Liddell carries OSU to win vs. Northwestern

本名:EJ・リデル(EJ・Liddell)

【誕生日】2003年5月20日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】109kg
【所属】オハイオ州立大学
【ポジション】パワーフォワード

EJ・リデルはアメリカのイリノイ州で生まれたバスケットボール選手です。高校3年時にイリノイ州でのチャンピオンとなりMrバスケットボール選手に選出された経歴を持ちます。

高校最終学年の4年生時には平均得点を20.2得点9.3リバウンド3.8ブロックと記録し2年連続でイリノイ州のMrバスケットボールに選出されました。イリノイ州でナンバーワンの選手として大学進学となったEJ・リデルは数あるオファーの中、オハイオ州立大学へと進学しました。

オハイオ州立大学では1年時よりベンチ出場をし、31試合出場で6.7得点3.8リバウンドを記録しました。3年時にはオールビック-10のファーストチームに選出され、平均得点も19.4得点7.9リバウンド2.5アシスト2.6ブロックとチームをあらゆる面でけん引しました。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2022候補:カレブ・ラブ】

UNC Basketball: Caleb Love to RETURN for 2022-23 season

本名:カレブ・ラブ(Caleb Love)

【誕生日】2001年9月27日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】88kg
【所属】ノースカロライナ大学
【ポジション】ポイントガード

カレブ・ラブはアメリカ合衆国ミズーリ州で育ったバスケットボール選手です。

高校最終学年時には平均26.3得点6.5リバウンド3.1アシスト2.6スティールをシーズンを通して記録しミズーリ州のMrバスケットボールと言われているMrショーミーバスケットボールに選出され、ミズーリ州のゲータレードプレイヤーオブザイヤーに選出されています。またマクドナルドオールアメリカンにも選出されており、高校卒業時には全米でも有名なガードの1人でした。

大学はノースカロライナ大学に進学し1年のデビュー戦から17得点4アシスト2スティールを記録するなど攻撃的PGとして活躍しました。そしてシーズンを通して活躍し、ACCオールフレッシュマンチームに選出されました。そして、2022年のNCAAトーナメントのファイナルまで駒を進め、優勝こそ逃しましたがチームをけん引しました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:ジーン・モンテロ】

Jean Montero - Preseason Scouting Report - ID Prospects

本名:ジーン・モンテロ(Jean Montero)

【誕生日】2003年7月3日
【出身地】ドミニカ共和国
【身長】190cm
【体重】80kg
【所属】チームオーバータイム
【ポジション】ポイントガード

ジーン・モンテロはドミニカ共和国出身の選手で、幼少期には野球とバスケットボールをしており10歳から本格的にバスケットボールをスタートしました。

2019年のFIBAU-16 のチャンピオンシップで活躍し一躍スカウト陣の注目を集めたジーン・モンテロはスペインクラブのグランカナリアでプレイを続けました。クラブ外でもバスケットボールウィズアウトボーダーでMVPを獲得するなど活躍を続けました。

その後2019年にリーガACBのグランカナリアのBチームでプロデビューを果たし、チームの中心選手として活躍しました。その後チームのBチームから2020年9月に昇格しました。その後は2021年6月にアメリカのプロフェッショナルリーグに所属しているチームオーバータイムにレンタル移籍という形で移籍しました。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2022候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2022候補:ダイソン・ダニエルズ

●NBAドラフト2022候補:ジェイレン・ウィリアムズ

●NBAドラフト2022候補:EJ・リデル

●NBAドラフト2022候補:キャレブ・ラブ

●NBAドラフト2022候補:ジーン・モンテロ

今回はNBAドラフト2022候補パート6を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2022にも注目してみてください!

それぞれ以下の記事でファーストラウンドに指名予想がされる選手をご紹介しているのであわせてご紹介ください!

大胆予想第1弾大胆予想第2弾大胆予想第3弾大胆予想第4弾大胆予想第5弾

About 餅つきうさぎ 953 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*