【高校バスケ】ウィンターカップ2020開幕直前!組み合わせ決定!

12月23日(水)から29日(火)の1週間、武蔵野の森総合スポーツプラザでウィンターカップ「第73回全国高等学校バスケットボール選手権」が行われます。

今年も昨年同様、SOFTBANKが公式スポンサーを務めていて、コロナ渦の中で開催自体も危ぶまれていましたが、無事開催される運びとなりました。新型コロナウイルス感染症拡大によりインターハイが中止となった今年、各地のブロック代表と都道府県代表、そして登録数枠(登録数の多い都道府県上位2チームに与えられる)で出場権を得た男女60チームが冬の日本一に挑戦するしようとなっています。

抽選の結果男子は前回優勝校の福岡第一高校(福岡県/九州ブロック)が右下のブロックに入り1回戦から登場し、前回大会準優勝の福岡大学附属大濠高校(福岡県)は左下ブロックに位置し、1回戦で岡山商科大学附属高校(岡山県)と対戦します。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】日本人の期待の星!NBAで活躍なるか~渡邊雄太~

おすすめ記事 → NBAに最も近いと話題の若手日本人選手3人まとめ

  –

  –

『ウィンターカップ概要』


【大会名称】
SoftBank ウインターカップ2020
令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会

【開催期間】
2020年12月23日(水)~12月29日(火) ※7日間

【会場】
・武蔵野の森総合スポーツプラザ サブ会場(所在地:〒182-0032 東京都調布市西町290-11)

【参加制限】

男女各60チーム、計120チーム

  1. 各都道府県から男女各1チームの代表チームを選出、または客観的事実に基づき推薦(計47チーム)。
  2. 2020年7月31日時点でTeamJBAでの登録校数の多い上位2都道府県より男女各2チームを選出(計2チーム)。
  3. 全国9ブロックにおける各ブロックの都道府県から客観的な事実に基づき、男女各1チームを推薦。関東ブロックは、客観的事実に基づき、当該都道府県から更に男女各1チームを推薦(男女各10チーム)。
    なお、ブロック推薦は、全国9ブロックで構成される各ブロックの都道府県高体連から推薦し、推薦された都道府県協会の承認・決定を経て、当該都道府県協会より公益財団法人日本バスケットボール協会へ申し込むものとする。
  4. 開催地枠として開催都道府県から男女各1チームを推薦(男女各1チーム)。
  5. 各都道府県予選は、2020年11月23日(月・祝)までに実施するものとする。

引用:https://wintercup2020.japanbasketball.jp/outline/

  –

おすすめ記事 → Bリーグのアイドル、五十嵐圭のプレーの3つの特徴

おすすめ記事 → 琉球王国のエースガード、岸本隆一のプレー3つの特徴

  –

  –

『ウィンターカップ男子対戦表』

おすすめ記事 → 今年からB1に昇格した島根を引っ張る、岡本飛竜選手のプレー3つの魅力まとめ

おすすめ記事 → 【最新版】Bリーグベストファイブに選ばれた男、田中大貴選手のプレー3つの魅力

  –

  –

『ウィンターカップ女子対戦表』

ウインターカップ2020女子組み合わせ…開志国際らがシード、連覇狙う桜花学園は1回戦から(バスケットボールキング) - Yahoo!ニュース

おすすめ記事 → バスケのディフェンスで相手をおさえこむ5つのコツ〜1対1編〜

おすすめ記事 → バスケ界の”必殺仕事人”!コート内で一番存在感を発揮する男ー藤井祐眞

  –

  –

About 餅つきうさぎ 761 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*