【NBAドラフト2020】指名されたシューティングガード5選!

こんにちわ。HOOPS JAPANのハリネズミです。

NBAドラフト2020は新型コロナウイルスの影響で異例の形での開催となりましたが、各チームに有能プレイヤーがピックアップされております。開催されたのは2020年11月18日でした。

NBAドラフト2020にて選出されたシューティングガードのトップ5をランク付けで見ていこうと思います。

今回紹介した選手以外にもおすすめの選手がいましたらコメントいただけると幸いです。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード①:アンソニーエドワーズ】

まず初めに取り上げるNBAドラフト2020のシューティングガードは、アンソニーエドワーズです。

アンソニーエドワーズはNBAドラフト2020において全体1位指名でNBA入りを果たしました。

身体能力の高さを活かして得点を量産できるシューティングガードとなっています。元々、アメリカンフットボールを経験していたこともあり、ボディバランスがよく、ドライブから豪快なダンクシュートまで持ち込めるプレイヤーです。

また、ディフェンスにおいても相手の動きを予測してスティールからブレイクまで持ち込める能力を兼ね備えています。

NBAドラフトにて1位指名を受けて実力を最大限に発揮してくれるのではないでしょうか。

アンソニーエドワーズについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード②:アイザックオコロ】

2人目に取り上げるNBAドラフト2020のシューティングガードは、アイザックオコロです。

アイザックオコロはNBAドラフト2020において全体5位指名でNBA入りを果たしました。

ディフェンス力に長けたプレイヤーの1人です。自身のマークマンに仕事をさせない防御力を持っており、スティールはもちろんのことシュートを叩き落とすブロックショットも行うことができます。相手の動きを予測して徹底的なディフェンスをしてくれることでしょう。

また、ステップワークが上手い選手でもあると考えられます。ドライブから相手の状況を瞬時に判断してユーロステップなどで交わしてシュートまで持ち込むことができるプレイヤーです。

華麗なステップワークでNBAの会場を沸かしてくれることでしょう。

アイザックオコロについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード③:デビンヴァッセル】

3人目に取り上げるNBAドラフト2020のシューティングガードは、デビンヴァッセルです。

デビンヴァッセルはNBAドラフト2020において全体11位指名でNBA入りを果たした選手となっています。

アイザックオコロ同様に優れたディフェンス力を兼ね備えたプレイヤーとなっています。相手の動きを予測するのはもちろんですが、身体能力・ウィングスパンを最大限に活用してパススティールからのブレイクに持ち込みます。ブレイク時のトップスピードも相手を置き去りにするほどの能力を持っているため、デビンヴァッセルにボールを奪われた場合は追いつくことは困難となるでしょう。

優れたディフェンス力に加えてアウトサイドからの得点能力を持っている選手でもあります。味方からパスを受けての3Pシュートは高確率で決めることができ、シーズンを通して40%以上の精度を誇っています。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード④:アーロンネスミス】

4人目に取り上げるNBAドラフト2020のシューティングガードは、アーロンネスミスです。

アーロンネスミスはNBAドラフト2020において全体14位指名でNBA入りを果たしました。

非常に精度の高いアウトサイドシュートを兼ね備えた選手で、キャッチ&シュートでの得点を得意としている生粋のシュータープレイヤーです。オフボールの動き方も優れており、味方からのスクリーンを利用して確実にノーマークになる能力を持っています。

加えてドリブルやステップワークなどの多様なスキルも兼ね備えているため、相手のディフェンスがマークとしてついていてもステップバックやシュートフェイクなどを交えて得点することができる選手となっています。

アーロンネスミスも他のシューティングガードのプレイヤー同様にディフェンスに長けており、素早いパスカットから自らボールプッシュしてブレイクに持っていく力も持っています。

アーロンネスミスについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード⑤:ジョシュグリーン】

5人目に取り上げるNBAドラフト2020のシューティングガードは、ジョシュグリーンです。

ジョシュグリーンはNBAドラフト2020において全体18位指名でNBA入りを果たしました。

ドライブからリズムを作り得点していくタイプのプレイヤーとなっています。シューティングガードというよりはスモールフォワード寄りの選手でもあり、鋭いドライブで相手を置き去りにして豪快なダンクシュートを決めるのが魅力的です。味方に合わせることもできるため、スクリーンを受けてゴール下で合わせてアリウープダンクも決めることができます。

また、運動量が豊富な選手となっており、ブレイク時にはチームの最前線を走ることができます。ブレイク時に最前線で走れるプレイヤーは必要不可欠な存在でもあるのでチームにとってもプラスの要因をもたらしてくれることでしょう。

ジョシュグリーンについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2020のトップ5シューティングガードまとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード①:アンソニーエドワーズ
●NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード②:アイザックオコロ
●NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード③:デビンヴァッセル
●NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード④:アーロンネスミス
●NBAドラフト2020のトップ5シューティングガード⑤:ジョシュグリーン

NBAドラフト2020におけるトップ5シューティングガードを取り上げました。

紹介してきたプレイヤーでもわかるように、NBAドラフト2020にて指名されたシューティングガードはディフェンス力に長けた選手が多い印象がありますね。

ぜひNBAドラフト2020にて指名されたシューティングガードをチェックしてみてください。

About モンキー 787 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*