【NBAニュース】渡邊雄太がラプターズと本契約を締結

トロント・ラプターズと2Way契約を結んでいた渡邊雄太がチームと本契約(NBAの通常契約)を結んだと4月19日にチームが発表しました。

昨季までの2シーズンをメンフィス・グリズリーズで2WAY契約選手として過ごした渡邊は、フリーエージェントとなっていた今季開幕前の昨年12月1日に、ラプターズとエグジビット10契約を結んでトレーニングキャンプに参加しました。その後、昨年12月20日(同21日)にNBAとNBA Gリーグの両方でプレイできる2ウェイ契約を結び、今季をプレイしていました。

ラプターズの公式ツイッターでは「Earned, not given」とコメントされ、去年の12月からの小さな期待を確りと育てて、本契約を勝ち取ったとコメントしています。

チームがツイッターを更新後、本人もツイッターを更新し念願だった本契約の締結をファンに報告しました。

渡邊はここまで今季ラプターズで39試合に出場(うち先発1試合)し、1試合平均13.4分の出場で4.0得点、3.3リバウンド、0.7アシスト、0.51スティール、0.41ブロック、フィールドゴール成功率44.8%、3ポイントショット成功率40.0%、フリースロー成功率82.6%を記録しておりいずれもが自己最多もしくは自己最高記録となっています。

日本人選手のNBA本契約は2004-05シーズンの田臥勇太(フェニックス・サンズ/現Bリーグ 宇都宮ブレックス)、現ワシントン・ウィザーズの八村塁に続いて史上3人目となっており、今後の活躍にも注目です。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【渡邊雄太のプロフィール】

本名:渡邊雄太(Yuta Watanabe)

【誕生日】1994年10月13日
【出身地】日本
【身長】208cm
【体重】93kg
【出身校】ジョージワシントン大学
【所属】トロント・ラプターズ
【背番号】18番
【ポジション】SG/SF

2mを超える身長ながらドライブや3Pシュートなどのアウトサイドのプレーも得意とする
オールラウンダーとして定評があります。日本人離れしたダンクシュートも魅力的です。

長い手足を生かした高いディフェンス力も魅力的で相手チームのエースストッパーとして起用されることが多いそうです。

アメリカNCAA1部のジョージ・ワシントン大でスタメンを勝ち取り、日本人2人目となるNBA選手となった若き日本を代表する有力株の筆頭選手です。

Bリーグ創設者であり初代チェアマンの川淵氏からも最も活躍を期待される選手と言われています。

About 餅つきうさぎ 713 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*