【NBAニュース】ブルズにデマーデローザン、ロンゾボールとアレックスカルーソが移籍、ペリカンズはグラハムを獲得

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールが、シカゴ・ブルズとのサイン&トレードで4年8500万ドル(約92億9000万円)の契約に合意したと報道がされました。ペリカンズがブルズからトマーシュ・サトランスキーとギャレット・テンプル、ドラフト2巡目指名権を獲得しました。またブルズはレイカーズからアレックス・カルーソを4年3700万ドルのサイン&トレード契約で獲得しており、ボールとカルーソはレイカーズ時代のチームメイト同士で新生ブルズのガードをけん引します。

さらにシカゴ・ブルズはサンアントニオ・スパーズのデマー・デローザンを3年8500万ドルのサイン&トレードに合意しました。スパーズは代わりにサディアス・ヤング、アルファルク・アミヌ、2025年の1巡目指名権、2022年と2025年の2巡目指名権を獲得します。

一方のペリカンズはシャーロット・ホーネッツからデボンテ・グラハムをサイン&トレードで4年推定4700万ドルの新契約を獲得しました。ペリカンズは2022年のドラフト1巡目指名権(ロッタリープロテクションあり)を、ホーネッツに受け渡します。


おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【フリーエージェントの種類】

そもそもFA(フリーエージェント)とは、契約期間の終了などでどのチームにも所属していない状態の選手のことを指します。フリーエージェントには大きく分けて2つのの種類があります。また制限付きのFAの中にさらに2つほど種類があります。

★制限なしフリーエージェント(Unristricted Free Agent)

どのチームとでも自由に契約することが可能で、現所属チームはそれを制限することができない契約で、選手自身が去就の判断を握っている形となります。

★制限付きフリーエージェント(Ristricted Free Agent)

基本的にはどのチームでも契約を結べますが、現所属チームが”優先権”を所持しており、それを行使した場合は選手をチームに残留させることが可能な契約です。例えば、制限付きFA選手が他チームとの契約に合意した場合、前所属チームはその契約内容が記載されたオファーシートを受け取り、そこにマッチ(同じ内容での契約)することで選手をチームに留めさせることが可能です。

この時にチームに留めさせる方法として(制限付きのFAにさせる方法として)クオリファイング・オファーというものがあります。クオリファイング・オファーはいわばチームが選手に贈るラブレターのようなもので、「チームに残留してほしい」という1年間の期間がついたチームの意思表示になります。チームがクオリファイング・オファーを提示した場合に選手は制限付きFAとなります。

・チームオプションでのFA

チームに所属する選手全員を制限付きのできるわけではなく、制限付きのFAにするには以下の3つの条件に1つでも当てはまっていることが必要です。

1、ドラフト1巡目指名でルーキースケール契約の4年目を終了した選手

2、NBA在籍1〜3年目のシーズンを終了したFA選手

3、シーズンで15日以上チームに帯同した2WAY契約の選手

上記で説明した通り、クオリファイング・オファーを受けっとった選手のみが制限付きのFAとなります。

・プレイヤーオプションでのFA

プレイヤーオプションのFAの場合は、文字通り選手に選択権がありFAを行使するかしないかを決めることが出来ます。プレイヤーオプションを行使する際に重要なポイントは、契約を結んだときに決まった(チーム側が提示した)自分の価値と、現マーケットでの自分の価値がどうなっているのかが重要になります。プレイヤーは今の契約よりも、より良い条件が貰えそうな場合はプレイヤーオプションを破棄(オプトアウト)して制限なしのFAになることが一般的と言われています。

About 餅つきうさぎ 748 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*