【NBAニュース】サンダーのジョッシュ・キディーがマジソンスクエアガーデンで2試合連続でトリプルダブルを達成

オクラホマシティサンダーのジョッシュ・ギディーがマジソンスクエアガーデンで1968年のウィルト・チェンバレンに続いて史上2人目となる、2試合連続のトリプルダブルを達成した選手になりました。

2月14日(日本時間15日)に28得点、11リバウンド、12アシストを記録していたギディーは、11月13日(日本時間14日)にもニューヨーク・ニックス戦の145-135でサンダーが勝利した一戦で24得点、10リバウンド、12アシストを記録しました。

NBAレジェントと比べられる結果を残したギディーについて、本人は「自分の名前が歴代最高のひとりと一緒になれば、いつだって特別だ。ただ、バスケットボールはチームスポーツだ。だから、それに価値があるのは、勝利に貢献し、周囲の味方が向上する助けになれた場合だよ」と語っています。

13日の試合に勝ったサンダーはギルジャス・アレクサンダーが37得点、5リバウンド、8アシスト、ジョシュ・ギディーが24得点、10リバウンド、12アシスト、ルーゲンツ・ドートが24得点、ジェレマイア・ロビンソン・アールが17得点、7リバウンド、アレクセイ・ポクシェフスキーが12得点を記録しています。

一方でキャム・レディッシュが今季自己最多の26得点、4スティール、ジュリアス・ランドルが25得点、10リバウンド、イマニュエル・クイックリーが24得点、5アシスト、ジェイレン・ブランソンが17得点、7アシスト、アイザイア・ハーテンシュタインが14得点、7リバウンドをマークしています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ジョッシュ・ギディーのプロフィール】

Josh Giddey's Career Highlights — GQ Replay - GQ

本名:ジョシュ・ギディー(Josh Giddey)

【誕生日】2002年10月10日
【出身地】オーストラリア
【身長】202cm
【体重】93kg
【所属】アデレード36ers(NBL)
【ポジション】ポイントガード

ジョシュキディーは、オーストラリアで育った選手です。

オーストラリアの首都・キャンベラにあるオーストラリア国立スポーツ研究所にて行われたNBAグローバルアカデミーにて頭角を現したのがきっかけとなりNBLでも経験を積むこととなっています。

NBAグローバルアカデミーにて経験を積んだのち、ジョシュキディーはオーストラリアのプロリーグでもあるNBLへ進むことを決意します。

NBLへ進む前にNCAAディビジョン1の大学からもオファーがきていたジョシュキディー。最終的にプロの道を選択して別のキャリアからNBA入りを目指していきます。

さらにジョッシュ・ギディーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 985 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*