【NBAニュース】ドノバン・ミッチェルが1試合71得点を記録し7人目の70得点以上記録した選手に

1月3日(現地時間2日)、クリーブランド・キャバリアーズ対シカゴ・ブルズとの一戦で、キャバリアーズのエースであるどのくらいが71得点8リバウンド11アシストと驚異的なスタッツをマークし、「1試合で個人70得点以上」を達成した史上7人目のプレーヤーとなりました。

前半では最大21点差をつけられるなど劣勢に立たされたキャブスでしたが、ミッチェルの活躍で巻き返し第4クォーター残り4.4秒で3点差まで追いつき、1本目を確実に沈めると2本目のこぼれ球を自ら押し込み、一気に3得点を挙げて同点として延長戦となりました。試合はその後オーバータイムで15-4とブルズを圧倒し、キャブスが劇的な逆転勝利を披露しました。

試合後のインタビューに登場したミッチェルは、「何よりもまず、チームメイトのおかげでこのような記録を達成できた」と、仲間へ感謝のメッセージを贈りました。

「あらゆる面で、僕たちがリードを奪うために時間が必要だった。ある晩は積極的にゴールを狙い、ある晩ではディフェンスに注力する。そうやって、僕がしなければならないことを明確にしようとしてきた。今日は本当に恵まれていて、謙虚な気持ちでいるよ」

 第4クォーター残り4.4秒でフリースローの場面について聞かれたミッチェルは「実は先日の夜も練習していた。(フリースローでゴール下に並んでいた)仲間たちがボックスアウトを徹底して、僕が飛び込んであのプレーを成功できるようにしてくれたんだ」と話しています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ドノバン・ミッチェルのプロフィール】

本名:ドノバン・ミッチェル(Donovan Mitchell)

【誕生日】1996年9月7日
【出身地】アメリカ合衆国コネチカット州
【身長】191cm
【体重】95kg
【所属】クリーブランドキャバリアーズ
【背番号】45番
【ポジション】シューティングガード

  • 3×NBAオールスター (2020-2022)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2018)
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝 (2018)
  • オールACCファーストチーム (2017)

ユタジャズのドノバン・ミッチェルは、最初はNBAドラフト2017ではデンバーナゲッツに13位指名を受けたのだが、その後、ユタジャズとトレードされてプレーしています。

NBA入りを夢見て、ルイビル大に進学し2シーズンプレーしアーリーエントリーでNBA入りを果たしているんですね。

1年生の時はベンチ選手だったが、2年生の時にスタートに定着、その後、ドノバン・ミッチェルは気迫溢れるプレーとディフェンス力を買われ、NBAのドラフト指名を受けることになったけいいがあります。

更に詳しくドノバンミッチェルについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1022 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*