【NBAニュース】2023-24年シーズン1月の月間最優秀選手選手が選出

Contents

サンズのブッカーとキャブスのミッチェルが2023-24年シーズン1月の月間最優秀選手に選出

2月1日(日本時間2日)、NBAが2023-2024シーズンの1月の月間最優秀賞を発表し、ウェスタン・カンファレンスからフェニックス・サンズのデビン・ブッカー、イースタン・カンファレンスからクリーブランド・キャバリアーズのドノバン・ミッチェルが選出されました。

ブッカーは11勝5敗だったサンズで、平均30.0得点、6.3アシスト、4.4リバウンドを記録しました。1月は4試合で40得点超をマークしており、1月26日(同27日)のインディアナ・ペイサーズ戦では、62得点をあげています。

一方、ミッチェルは11勝2敗だったキャバリアーズで、平均28.6得点、7.6アシスト、5.2リバウンドを記録しました。キャバリアーズ(29勝16敗)は東地区の4位につけています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

【デビン・ブッカーのプロフィール】

本名:デビン・ブッカー(Devin Booker)

【誕生日】1996年10月30日
【出身地】アメリカ合衆国ミシガン州
【身長】198cm
【体重】93kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】1番
【ポジション】シューティングガード

  • NBAオールスターゲーム出場:2020、2021
  • NBAスリーポイント・コンテスト 優勝 : 2018
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2016

デビンブッカーは、高校時代にマクドナルド・オール・アメリカンに選出され、全米でも有名選手の1人でした。

高校卒業後はケンタッキー大学に進学し、1年目からシックスマンとして出場を果たしていました。1年目のNCAAシーズンにおいてシックスマン賞を受賞もしています。

ケンタッキー大学で1年の経験を積んだ後はNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。NBAドラフト2015において全体13位指名でフェニックス・サンズへと入団を果たしました。

同期にはカール=アンソニー・タウンズやディアンジェロ・ラッセル、クリスタプス・ポルジンギスなどがいます。NCAAにおいてもシックスマン賞を受賞するほどの実力を持っているデビン・ブッカーの魅力の詳しい情報は併せて上記のプロフィール画像をクリックしてください!

更に詳しくデビンブッカーについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ドノバン・ミッチェルのプロフィール】

本名:ドノバン・ミッチェル(Donovan Mitchell)

【誕生日】1996年9月7日
【出身地】アメリカ合衆国コネチカット州
【身長】191cm
【体重】95kg
【所属】クリーブランドキャバリアーズ
【背番号】45番
【ポジション】シューティングガード

  • 3×NBAオールスター (2020-2022)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2018)
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝 (2018)
  • オールACCファーストチーム (2017)

ユタジャズのドノバン・ミッチェルは、最初はNBAドラフト2017ではデンバーナゲッツに13位指名を受けたのだが、その後、ユタジャズとトレードされてプレーしています。

NBA入りを夢見て、ルイビル大に進学し2シーズンプレーしアーリーエントリーでNBA入りを果たしているんですね。

1年生の時はベンチ選手だったが、2年生の時にスタートに定着、その後、ドノバン・ミッチェルは気迫溢れるプレーとディフェンス力を買われ、NBAのドラフト指名を受けることになったけいいがあります。

更に詳しくドノバンミッチェルについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1250 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*