【NBAニュース】ジャレン・ジャクソンJrがNBA2022-23年シーズンの最優秀守備選手賞を受賞

NBAは4月17日(日本時間18日)、2022-2023シーズンのKia NBA最優秀守備選手賞(ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー)に、メンフィス・グリズリーズのジャレン・ジャクソンJr.が選出されたことを発表しました。

1位票に5ポイント、2位票に3ポイント、3位票に1ポイントが与えられる投票で、ジャクソンJr.は391ポイントを獲得しました(1位票56)。続く2位はミルウォーキー・バックスのブルック・ロペスで309ポイント(1位票31)、3位はクリーブランド・キャバリアーズのエバン・モーブリーで101ポイント(1位票8)となりました。

ジャクソンJr.は2022-23シーズンのレギュラーシーズンで63試合に先発出場。1試合平均18.6得点、6.7リバウンド、1.0スティール、リーグトップの3.0ブロックを記録しチームのプレイオフ進出に貢献しています。

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【メンフィス・グリズリーズの注目選手:ジャレン・ジャクソンJr.】

【誕生日】1999年9月15日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】107kg
【所属】メンフィス・グリズリーズ
【背番号】13番
【ポジション】パワーフォワード/センター

  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2019
  • 年間最優秀防御選手:2023

ジャレンジャクソンJrに関する、概要を見ていきたいと思います。

ジャレンジャクソンJrは、1999年9月15日生まれで、NBAドラフト2018において全体4位指名でNBA入りを果たしている選手になります。

冒頭でも取り上げたように、ジャレンジャクソンJrの父親は、ジャレンジャクソン。サンアントニオ・スパーズ時代にNBAチャンピオンに輝いた経験も持っているNBA選手なんです。

元NBA選手の血を引いているジャレンジャクソンJr。

身長193cmの父親に対して211cmもある息子は、もちろん父親のポジションとは異なりパワーフォワードまたはセンターを主として試合に出場しています。

About 餅つきうさぎ 1276 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*