【NBA選手名鑑|グラント・ウィリアムズ】

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回「餅つきうさぎ」がピックアップした選手は、グラント・ウィリアムズを紹介します。

2019年の年NBAドラフトでボストン・セルティックスから22位で指名された選手で、198㎝でありながらも体重107kgある選手でディフェンス面での評価が非常に高く、同じアンダーサイズセンターとして、PJタッカー,ドレイモンド・グリーンに例えられる選手です。

今回はそんなグラント・ウィリアムズ選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

Contents

【グラント・ウィリアムズのプロフィール】

本名:グラント・ウィリアムズ(Grant Williams)

【誕生日】1998年11月30日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】107kg
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【ポジション】PF

グラント・ウィリアムズはテキサス州ヒューストン出身の選手で、テキサス州ヒューストンで生まれ、その後ノースカロライナ州シャーロットに引っ越し高校卒業を迎えました。

高校卒業後にはテネシー大学に進学し、1年時よりチームをけん引し、SEC最優秀選手賞含めチームをNCAAトーナメントシードにする原動力となりました。身長は198cmでNBAのパワーフォワードとしては小柄だが、107kgの体重で体格差を補う選手で戦術理解度が非常に高く、スタッツに表れない汚れ役もいとわない為、ルーキーシーズンよりローテーションの一角を占めています。

そんなグラント・ウィリアムズとはどんな選手なのでしょうか?グラント・ウィリアムズの記録とともに振り返ってみましょう。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【グラント・ウィリアムズの記録】

  • オールアメリカン・コンセンサスファーストチーム (2019)
  • 2× SEC最優秀選手賞 – コーチ選出 (2018, 2019)
  • SEC最優秀選手賞 – AP (2019)
  • 2× オールSECファーストチーム (2018, 2019)
  • SECオールフレッシュマンチーム – コーチ選出 (2017)

NBAドラフトでは2019年にぼすとから全体22位で指名されNBAデビューしました。しかし1年目はシーズンを通して15分程度の出場で3.4得点、2年目の2020‐21年シーズンは平均18分の出場で4.7得点とロールプレイヤーとまではなかなか活躍できず、3年目にやっと20分以上の出場機会を得られるようになり、7.8得点、3.6リバウンドというスタッツを残しました。

3年目にはチームのプレイオフファイナル出場にインパクトする活躍をプレイオフでし、カンファレンスファイナル戦であるミルウォーキー・バックス戦では第7戦でキャリアハイとなる27得点を記録しています。

その後2023年7月にサイン&トレードでダラス・マーベリックスに移籍しています。その後セス・カリーと共に2024年の2月にPJ・ワシントンとのトレードでシャーロット・ホーネッツに移籍しました。

伸長こそ低いが戦術理解度が非常に高く、スタッツに表れない汚れ役もいとわない選手で、オフェンスでは、オフボールでフリーにするスクリーン、ドライブコースを空けるスクリーン,ヘルプに行かせないスクリーンを主に行うなどチームプレイに徹することの出来る選手です。同じアンダーサイズセンターとして、PJタッカー,ドレイモンド・グリーンに例えられことの多い選手です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【グラント・ウィリアムズのプレー3つの魅力】

ところでそんなグラント・ウィリアムズ選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

グラント・ウィリアムズの魅力①:ディフェンス】

グラント・ウィリアムズの1つ目の魅力は、ディフェンスです。

グラント・ウィリアムズはバスケIQが高く、ディフェンス面でチームに勢いをもたらすことが多い選手です。体重が107kgと重いものの、確りと足を動かしたディフェンスとシュートチェックをします。

また、ディフェンス後の速攻もしっかりと走り抜くことが出来て、確りとチームディフェンスからオフェンスに生かすことが出来ます。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【グラント・ウィリアムズの魅力②:スクリーン】

グラント・ウィリアムズの2つ目の魅力は、スクリーンです。

味方選手へのハイピックからのピック&ロール、その後のスリーポイントラインへの展開など、なかなかスタッツに払われないようなチームのオフェンス力を高める泥臭いプレイを得意とします。

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

【グラント・ウィリアムズの魅力③:得点力】

グラント・ウィリアムズの3つ目の魅力は、得点力です。

もともとはオフェンスはスクリーンをすることが多く、チームプレイを優先させることが多く目立つことが少なかった選手ですが、2022年のプレイオフでの活躍なども相まって、チームの得点力としても頭角を現し始めました。

もともとバスケIQは高いため、ポジションの取り方などは得意としているため、シュートタッチがいい時はまさにアンストッパブルな選手となります。

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

【グラント・ウィリアムズのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・グラント・ウィリアムズのプロフィール

・グラント・ウィリアムズの記録

・グラント・ウィリアムズの魅力①:ディフェンス

・グラント・ウィリアムズの魅力②:スクリーン

・グラント・ウィリアムズの魅力③:得点力

色々とグラント・ウィリアムズについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後も「餅つきうさぎ」はいろいろな選手をご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*