【NBAニュース】ウエスタンカンファレンス首位争いはサンダー&ウルブズ&ナゲッツの三つ巴で最終戦へ

4月12日(日本時間13日)にオクラホマ州オクラホマシティのペイコム・センターで行われたミルウォーキー・バックス対オクラホマシティ・サンダーの一戦は、サンダーが125-107で勝利した。また同日の試合でミネソタ・ティンバーウルブズが勝利し、デンバー・ナゲッツが敗れたため、ウェスタン・カンファレンスの首位争いは、サンダー、ウルブズ、ナゲッツが56勝25敗の同率で並びました。

レギュラーシーズンの81試合を消化した時点で、3チームが同率で並び、それぞれに第1シード獲得の可能性があるのは、リーグの歴史で初となります。

一方、イースタン・カンファレンス2位のバックス(49勝32敗)は、ニューヨーク・ニックスに同率で並ばれており、レギュラーシーズン最終戦はバックスが敵地でオーランド・マジックと、ニックスがホームでシカゴ・ブルズと対戦。バックスはマジックに勝つか、ニックスが負ければ第2シードとなる大混戦となっています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

About 餅つきうさぎ 1300 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*