バスケのシュートが上手くなる3つのステップ

バスケというスポーツでは、シュートをするシーンが必ずあります。

つまり、シュートが上手いということは、それだけでも脅威な選手になりうるのです。

 

プレイヤーとして、武器を1つでも欲しいと考えている方は、ぜひ今からお伝えする3つのステップに沿って、シュート力を磨いていってください。

 

 

ステップ1:とにかく打ち込む

 

まずは、ゲーム以外のところでシュートを打ちまくりましょう。

シュートが上手いプレイヤーほど、シューティング練習を欠かせません。

プレイヤーによっては、1日に1000本以上は打っています。

 

それほど、シュート力を上げる基本は、ひたすら打ち込む、というところにあるのです。

 

 

ステップ2:仮のディフェンスをつけてみる

シュートをとにかく打ち込んで、ある程度シュートが入るようになってきたら、仮のディフェンスを目の前で立たせてみましょう。

仮のディフェンス用として、下の画像のようなものまで作られていたりしますが、それぐらい仮のディフェンスがいるだけでも、良い練習になるのです。

いくらシュートを打ち込んでいても、それだけではゲームで使えるようにはなりません。

実際のゲームでは、ディフェンスがいて、邪魔をしてくる中で打たなければなりません。

 

上の図のような仮のディフェンスですら、いないのとでは全くプレッシャーが違います。

なので、まずは仮のディフェンスがいても気にせずシュートを決めれるぐらいにはなりたいところです。

 

 

ステップ3:実際のゲームでシュートを打つ

ステップ1でとにかく打ち込み、ステップ2でディフェンスを想定した練習をしたら、今度は実際のゲームで打ってみましょう。

実際のゲームでは、今までの練習とは違って、ディフェンスは実際に動いて邪魔をしてくるし、動きがある中で打たなければならかったり、様々な条件下の中でシュートを決めなければなりません。

その条件下でもシュートを決めれるようになるには、ある程度場数を踏む必要があります。

 

そのため、シューティングではシュートが入るけど、実際のゲームになると入らなくなる場合は、とにかくどんどんゲーム中にシュートを打っていき、その中で感覚を身につけていく必要があるのです。

 

 

シュートが上手くなるための3つのステップまとめ

いかがでしたか?

シュートが上手くなるためには、ここで紹介した3つのステップを踏んで上手くなる必要があるのです。

1.とにかく打ち込む
2.仮のディフェンスをつけてみる
3.実際のゲームでシュートを打つ

ぜひ、この3つのステップに従ってシュート力を上げていき、シュート力が強みのプレイヤーになっていってください。

シェル
About シェル 239 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*