足首破壊!?!?「Bone Collector」という男の3つの特徴

Bone Collector。直訳すると「骨のコレクター」
彼もストリートボール界では有名な選手の一人です。

今や37歳になったBone Collector。ストリートボールの伝説の上位階級の間で場所を固めています。

そこで今回は、Professorに続いて有名ストリートボーラー、Bone Collectorについてご紹介していきたいと思います。

【 特徴①:Bone Collectorという男  】

 

本名 : ラリー・ウィリアムズ

生年月日 : 1980年6月19日

身長 : 183cm

体重 : 91kg

Bone Collectorと言う名がついた理由は「相手選手の足首を数々と折る」ためその名がつきました。
同様AND1に所属していて、AND1解散後はballupというストリートチームで様々なツアーに参加して世界中でストリートボールを広めているプレイヤーです。

ballupはストリートブランドでもあるので、検索してみてください。

【特徴②:キレのあるステップ】

Bone Collectorはボールハンドリグはもちろん兼ね備えています。
しかし、一番の特徴はステップにあると考えられます。

ドリブルをしながら、多彩なステップで相手を翻弄しているのがよく目立ちます。
相手の動きをよく観察し、キレのあるステップが繰り広げられるため、ディフェンスをする側は予測して動くのも大変になると思います。

【特徴③:相手惑わす股抜き】

Bone Collectorが相手の足首を破壊してきている技の一つが「股抜き」です。
バスケにおいて「股抜き」をするのはタイミングが重要です。どれだけ相手にバレずに行い、自分自身も素早く動けるかが肝になっています。

その「股抜き」においてBone Collectorはとても上手く、クイックで行っているのがよく見られます。

動画をご用意したので、視聴してみてください。

【Bone Collectorまとめ】

今回はBone Collectorについて3つにまとめてみました。

特徴①:Bone Collectorという男

特徴②:キレのあるステップ

特徴③:相手を惑わす股抜き

今回紹介している動画以外にも数々の動画があるので、Youtubeで探して参考にしてみるといいでしょう。
さらに彼の凄さが実感できると思います。

また、Bone CollectorもInstagramをしていますので、ぜひフォローしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 139 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*