【NBAドラフト2019】全米タイトル総なめしたR.J.バレットまとめ

【reference=https://www.sportsnet.ca/basketball/nba/r-j-barrett-become-leader-duke-blue-devils/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2019候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・R.J.バレットです。

同世代の高校No.1プレイヤーの称号を持っているR.J.バレット。

バスケットボール選手であった父親のDNAを受け継ぎ、数多くの賞を受賞してきている若手有力選手です。

そんなNBAドラフト2019候補に挙がっている、R.J.バレットを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【R.J.バレットのプロフィール】

本名:R.J.バレット (R.J.Barrett)

【誕生日】2000年6月14日
【出身地】カナダ
【身長】201cm
【体重】92kg
【所属】モントヴェルデアカデミー → デューク大学
【ポジション】シューティングガード

R.J.バレットはカナダ出身のバスケットボール選手です。

R.J.バレットの父親は、プロバスケットボールプレイヤーとしても活躍しており、カナダ代表にも選出されるほどの実力者でした。当時のカナダ代表のメンバーには、NBA屈指のポイントガードでもあるスティーブ・ナッシュがチームメイトとしていたとのことです。

そんなカナダ出身でバスケットボール界のサラブレットでもあるR.J.バレットが在籍していた高校はモントヴェルデアカデミー。

このモントヴェルデアカデミーは、ジョエル・エンビードやベン・シモンズ、ディアンジェロ・ラッセルなどの有名NBA選手を輩出している高校でもあります。

R.J.バレットの活躍は世界中にまで名を広めるほどの活躍となっていきました。
理由としては、数多く受賞している賞です。R.J.バレットは、全米の高校No.1プレイヤーに贈られる、ネイスミス・プレップ・オブ・ザ・イヤー賞やBallislifeから贈られるミスター・バスケットボール・USAも獲得。

U-19のカナダ代表としてワールドカップに出場した際には、アメリカ代表相手に38得点・13リバウンド・4アシストでカナダの勝利に貢献。その勢いのまま、カナダ代表を優勝に導き、自身も大会MVP・大会ベスト5・得点王などの賞を受賞しました。

同世代のNo.1プレイヤーとなったR.J.バレットは、大学への進学を1年早め、デューク大学への進学を決意しました。

デューク大学でも1年生から活躍をし続けているR.J.バレット。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【まさにオフェンスマシーン!R.J.バレットの魅力3選】

では、R.J.バレットは一体どのような選手なのでしょうか。

R.J.バレットの魅力を取り上げていきたいと思います。

【R.J.バレットの魅力①:多彩な得点能力】

R.J.バレットの1つ目の魅力として取り上げるのは、得点能力です。

ドライブからの相手を交わしてのレイアップやダンクシュート。味方に合わせてのアウトサイドシュートやカッティングでの得点。

相手のディフェンスに合わせてポストプレーなど、多彩な得点パターンを兼ね備えているオールラウンドな選手となっています。

ステップワークなども上手く、ユーロステップで相手を交わしての得点もすることができます。

この多彩な得点能力を活かして、1試合に20得点~30得点近い数字を叩き出すことが多くあります。

得点能力の高さは、NBAでも通用するものを持っていることでしょう。

以上の理由から、R.J.バレットの魅力として得点能力を取り上げました。

おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!
おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!アメリカで行われている体幹トレーニング

【R.J.バレットの魅力②:ハンドリング技術&パス技術】

R.J.バレットの2つ目の魅力は、ハンドリングとパス技術です。

ポイントガード並みのハンドリング技術と、視野の広さを活かしたパスセンスは、試合中に味方を活かす側に回ることもできるのが魅力です。

しかも、バスケットボールにおいて左利きというのは、独特なリズムから攻撃を繰り出してくるため、相手デェフェンスも守るのが困難になることでしょう。

得点を取りに行くのが非常に得意な選手ではありますが、ポイントガード並みの能力を身に付ければ、これまで以上にレベルアップした選手になっていくことでしょう。

現代のNBA選手は、ポイントガード以外の選手もアシストで活躍する場面も出てきています。これからの成長にも期待が高まることでしょう。

以上の理由から、R.J.バレットの魅力としてハンドリングとパスセンスを取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【R.J.バレットの魅力③:チームを勝たせる勝負強さ】

R.J.バレットの最後の魅力として取り上げるのは、勝負強さです。

この魅力は、R.J.バレットにとって最大の魅力とも言えるでしょう。

バスケットボールのセンスや高い身体能力を兼ね備えているR.J.バレットですが、何よりも勝利への執着心、チームを勝たせることができる選手とも言える存在となっています。

U-19ワールドカップの時点でこの才能は持っていたとも考えられます。準決勝のアメリカ代表戦、R.J.バレットは、38得点・13リバウンド・4アシストと自分よりも年上の選手たちが集まっていたにも関わらず、カナダ代表を勝利に導きました。

このチームを勝たせるという、チームの中心選手、いわゆるエースとしての素質というのは、高校時代から発揮されていました。

今後もこの才能は新たな舞台でも発揮され、活躍していくR.J.バレットが見れるかもしれませんね。

以上の理由から、R.J.バレットの魅力として勝負強さを取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【R.J.バレットの今後】

ここまで、R.J.バレットの魅力を取り上げてきました。

同世代の中で、No.1クラスの実力を誇っているR.J.バレット。大学での経験に加え大きな怪我などがなければ2019年のNBAドラフトで上位指名でNBA入りが予想されています。

R.J.バレットが持っている能力値は今後も伸ばしていくことができる部分です。しかし、勝負強さというのは才能でもあります。

この勝負強さを武器にNBAという大舞台でも活躍してくれることでしょう。

NBAドラフト2019のR.J.バレットに注目してみてください。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【R.J.バレットのまとめ】

いかがでしたか?

● R.J.バレットのプロフィール

● R.J.バレットの魅力①:多彩な得点能力

● R.J.バレットの魅力②:ハンドリング技術&パス技術

● R.J.バレットの魅力③:チームを勝たせる勝負強さ

● R.J.バレットの今後

今回は、NBAドラフト2019候補であるR.J.バレットについて紹介していきました。

同世代のNo.1プレイヤーの称号を総なめにしているR.J.バレット。

能力値のみならず、勝負強さなどのメンタル面もNBAクラスのものを持っているかもしれません。

今後も目が離せないプレイヤーなのは間違いないでしょう。

ぜひ、R.J.バレットをチェックしてみてください。


ハリネズミ
About ハリネズミ 386 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*