バスケのポジションの番号について解説!

バスケットボールという競技には、それぞれの選手には必ず決まったポジションが与えられています。

そのポジションとは、

  • ポイントガード
  • シューティングガード
  • スモールフォワード
  • パワーフォワード
  • センター

といった感じですね。

 

実はバスケットボールでは、このポジションを番号で表現することがあります。

今回は、その番号について解説していきます。

 

 

【1番:ポイントガード】

まず1番とよく言われるポジションは、「ポイントガード」です。

ポイントガードは、「コート上の司令塔」とも言われ、ゲームの流れを読み、最適な次の一手を常に考えるポジションです。

そのためポイントガードは、ドリブルやパス、シュートなど全体的に高いスキルが求められ、その上でバスケットボールをよく知っている必要があります。

 

 

【2番:シューティングガード】

2番とよく言われるポジションは、「シューティングガード」のことです。

シューティングガードは、3Pシュートなどの外角からのシュートを射抜くポジションです。

外角からシュートが決まるかどうかで、チーム全体のオフェンス力はガラッと変わってきます。

 

 

【3番:スモールフォワード】

3番と言われるポジションは、「スモールフォワード」のことです。

スモールフォワードは、外からも中からも攻めるポジションで、チームに得点をもたらすためにとても大切です。

 

 

【4番:パワーフォワード】

4番と言われるポジションは、「パワーフォワード」のことです。

パワーフォワードは、主に3Pより一歩手前の、少し中気味のポジションから、パワーを使ったアタックをできるようになる必要があります。

インサイドを固めるために、重要なポジションです。

 

 

【5番:センター】

5番と言われるポジションは、「センター」のことです。

センターはインサイドの要で、チームに安定感をもたらすためにとても重要なポジションです。

強いチームと弱いチームの差はインサイドにあることは結構あるので、センターの人は責任重大です。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

バスケのポジションの番号を覚えて、今以上にバスケを楽しめるようになってくださいね( ´ ▽ ` )ノ

シェル
About シェル 239 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*