【2018-2019NBA戦力分析】ロサンゼルス・レイカーズ

【reference=https://www.slamonline.com/slam-tv/lebron-james-scores-9-points-preseason-debut-lakers/】

2018-2019NBAシーズンが開幕します。

今年も各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

 

今回ご紹介するチームは・・・ロサンゼルス・レイカーズです。

今期、大きく選手の入れ替えを行ったロサンゼルス・レイカーズ。

若手も多いですがベテラン選手も加入しています。

ロサンゼルス・レイカーズの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

 

 

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズ】

【reference=https://ca.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Lakers】

 

まずはロサンゼルス・レイカーズのチームプロフィールです。

 

チーム名 : ロサンゼルス・レイカーズ

【創設】1946年
【本拠地】カリフォルニア州ロサンゼルス
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】黄・紫・白

 

ロサンゼルスを本拠地として活動しているロサンゼルス・レイカーズ。

NBA優勝の経験を16回もしており、数多くの伝説を残してきた選手が在籍していた経歴も持つ、NBAを代表するチームとも言えるでしょう。

マジック・ジョンソンの在籍していた時代やコービー・ブライアント、シャキール・オニールが在籍していた時代など、有名選手が多く歴史あるチームでもあります。

 

ロサンゼルス・レイカーズの昨シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】35勝47敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 11位

 

昨シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、期待のルーキーであるロンゾ・ボールやカイル・クズマを新戦力として加わりましたが、チームはウエスタン・カンファレンス11位という結果になりました。

マジック・ジョンソンやコービー・ブライアント、シャキール・オニールが在籍していた頃とは比べ、低迷期に入っていることがわかります。

2018-2019NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズ注目選手① :カイル・クーズマ 】

【reference=http://www.latimes.com/sports/lakers/la-sp-lakers-report-20171012-story.html】

 

まず最初の注目選手は、カイル・クーズマです。

ロサンゼルス・レイカーズには、ロンゾ・ボールというスーパールーキーが昨シーズンより加入していますが、カイル・クーズマも同様のドラフトにてロサンゼルス・レイカーズに加入した若手選手です。

NBAドラフト指名は27位ですが、サマーリーグMVPを獲得したり、NBAシーズン中にも1試合38得点の爆発的な攻撃力見せることもあります。

控え選手ではありますが、途中から出てきた選手が爆発的な攻撃力を持っているとなると、ディフェンス側も守るのが困難になることでしょう。

オフェンス力に長けているカイル・クーズマは、ロサンゼルス・レイカーズの救世主ともなりえる存在と言えます。

若手選手なので今後の活躍や成長も期待できますね。

ぜひ、カイル・クーズマを注目してみてください。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】新人王争いに名乗りを挙げた?隠れスーパールーキーの誕生!

おすすめ記事 →  バスケで一流のパワーフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズ注目選手② : ブランドン・イングラム】

【reference=https://www.sbnation.com/nba/2017/12/7/16742948/brandon-ingram-stats-highlights-la-lakers-star】

 

ロサンゼルス・レイカーズの注目選手2人目に取り上げるのは、ブランドン・イングラムです。

ブランドン・イングラムも若手プレイヤーとして今後のロサンゼルス・レイカーズの中心選手となっていくのは間違いない選手です。

2016年NBAドラフトにおいても全体2位指名でロサンゼルス・レイカーズに加入。

NBA入団当初は控え選手として出場していましたが、徐々に頭角を現していき、現在ではスタメンに定着を果たしています。

長い手足を活かして、オフェンス・ディフェンス面ともにチームを牽引できる素質を持っています。

カイル・クーズマやロンゾ・ボールとの若手プレイヤー陣の活躍は大いに期待できることでしょう。

ブランドン・イングラムに注目してみてください。

 

 

おすすめ記事 →  バスケで一流のスモールフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → ルール改正で話題!ゼロステップについてと色々なステップまとめ

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズ注目選手③ : レブロン・ジェームズ】

【reference=https://www.slamonline.com/nba/lebron-james-dont-need-preseason-games-get-ready/】

 

ロサンゼルス・レイカーズの注目選手として最後に取り上げるのは、レブロン・ジェームズです。

今シーズンより新たに加わったキングことレブロン・ジェームズ。

現在のNBA界の頂点に立っているとも言える選手が、遂に本拠地を東(イースタン・カンファレンス)から西(ウエスタン・カンファレンス)へと変更しました。

西(ウエスタン・カンファレンス)には、ヒューストン・ロケッツやゴールデンステイト・ウォリアーズもいます。

レブロン・ジェームズは、どこまでロサンゼルス・レイカーズを牽引し、強者たちと渡り合うのでしょうか。

今シーズン、目が離せないプレイヤーであり、目が離せないチームなのは間違いありませんね!

ぜひ、レブロン・ジェームズに注目してみてください。

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】最年少通算30,000得点のスター~レブロン・ジェームス~

おすすめ記事 →  レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズの今シーズン】

【reference=https://nationalpost.com/pmn/sports-pmn/basketball-sports-pmn/james-captivates-crowd-in-his-los-angeles-lakers-debut】

 

現在、低迷期とも言われているロサンゼルス・レイカーズ。

しかし、ブランドン・イングラムやカイル・クーズマ、ロンゾ・ボールなどの若手選手の成長に加え、キングことレブロン・ジェームズの加入というのは大きな原動力になっていくことでしょう。

しかも、ロサンゼルス・レイカーズには新たに、レイジョン・ロンドやジャベール・マギーなどの大舞台での試合経験も持つベテラン選手も加わっています。

チーム全体が上手く噛み合い、バランスが取れていけば、西(ウエスタン・カンファレンス)での上位進出も可能となるでしょう。

久しぶりのプレーオフ進出を果たし、低迷期を脱出して欲しいものですね。

 

 

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

 

 

 

【ロサンゼルス・レイカーズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

 

●ロサンゼルス・レイカーズ

●ロサンゼルス・レイカーズ注目選手①:カイル・クーズマ

●ロサンゼルス・レイカーズ注目選手②:ブランドン・イングラム

●ロサンゼルス・レイカーズ注目選手③:レブロン・ジェームズ

●ロサンゼルス・レイカーズの今シーズン

 

今回は、ウエスタン・カンファレンス所属のロサンゼルス・レイカーズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

レブロン・ジェームズの加入というのはチームにとって大きな力になるのは間違いありませんが、ロサンゼルス・レイカーズには期待できる若手選手も多く在籍しています。

ベテランから若手選手まで幅広く活躍し、チーム全体を盛り上げていって欲しいと思います。

ロサンゼルス・レイカーズの今シーズンに注目してみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 269 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*