【2019-2020|Bリーグ戦力分析】横浜ビー・コルセアーズ

【reference=https://mokoshi.jp/post-596/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

本日はBリーグの2019-2020シーズン戦力分析を行っていきたいと思います。

戦力分析するチームは・・・横浜ビー・コルセアーズです。

昨シーズン、B1残留プレーオフに進出してギリギリの戦績となっていしまった横浜ビー・コルセアーズ。

2019-2020Bリーグシーズンでは、得点源の川村卓也が移籍。新加入した選手がどこまでチームを牽引できるかも注目できる点となっています。

そんな横浜ビー・コルセアーズの戦力分析を注目選手と共に紹介していきます。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

【横浜ビー・コルセアーズプロフィール】

横浜ビー・コルセアーズ -概要- 

【チーム正式名】横浜ビー・コルセアーズ
【創設】2010年
【本拠地】神奈川県横浜市
【所属】中地区
【チームカラー】ネイビーブルー・ホワイト

横浜ビー・コルセアーズ -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区6位
【シーズン勝敗】14勝46敗

神奈川県横浜市に本拠地を構える横浜ビー・コルセアーズ。

川崎ブレイブサンダースとは同じ神奈川県内にあるチームにもなりますね。

横浜ビー・コルセアーズのユニフォームの胸には契約スポンサーの興和株式会社が掲載されています。キューピーコーワやバンテリンなどのヘルスケア事業を展開している医療関連の製造メーカーです。チーム内の選手が企業CMに出演したこともあります。

横浜ビー・コルセアーズの1試合平均来場者数は3,000人となっています。2019-2020シーズンは、主力選手でもあった川村卓也が移籍が決まり、新たなチーム編成で臨むこととなっています。

昨シーズンは14勝46敗と大きく負け越し、B1残留も危うい状況にもなりました。主力プレイヤーであった川村卓也が移籍して戦力ダウンも懸念されますが、しっかりと補強にも成功しています。

そこで、横浜ビー・コルセアーズにはどんなプレイヤーが在籍しているのでしょうか?注目選手として取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュートの飛距離が劇的に伸びる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【横浜ビー・コルセアーズの注目選手紹介】

次からは、横浜ビー・コルセアーズの2019-2020シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

【横浜ビー・コルセアーズ注目選手①:田渡凌】

【reference=http://b-cormagazine.com/team_news/2019/05/10】

【誕生日】1993年6月29日
【出身地】東京都
【身長】180cm
【体重】82kg
【所属】横浜ビー・コルセアーズ
【ポジション】ポイントガード

横浜ビー・コルセアーズの1人目の注目選手は、田渡凌です。

田渡凌は三兄弟の三男で、2人の兄もBリーグのプロバスケットボールプレイヤーとして活躍しています。

2019-2020Bリーグシーズンより横浜ビー・コルセアーズの新キャプテンとして任命されている田渡凌。

名門の京北高校卒業後、アメリカの大学にてバスケットボールの経験を積み、横浜ビー・コルセアーズに加入しているポイントガードです。富樫勇樹やベンドラメ礼生とも同世代で、有能なポイントガードが揃っている世代にもなっていますね。

ポイントガードとしてのハンドリング力・視野の広さはもちろんのこと、隙があれば自ら得点を取りに行くこともできる万能なポイントガードです。アメリカでの経験も大いに活かしてチームの司令塔として2019-2020Bリーグシーズンも主力プレイヤーとして活躍することでしょう。

新キャプテンとしてチームの結束を高めていけるかも注目になります。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【横浜ビー・コルセアーズ注目選手②:生原秀将】

【reference=http://b-cormagazine.com/team_news/2019/06/21】

【誕生日】1994年5月24日
【出身地】徳島県
【身長】180cm
【体重】80kg
【所属】シーホース三河 → 横浜ビー・コルセアーズ
【ポジション】ポイントガード

横浜ビー・コルセアーズの2人目の注目選手は、生原秀将です。

昨シーズンはシーホース三河に在籍しており、2019-2020シーズンより新たに横浜ビー・コルセアーズ加入した生原秀将。

筑波大学の出身で、2014年~2016年にインカレ3連覇を果たした際の主力ポイントガードとして活躍した経験も持っています。馬場雄大や杉浦佑成らと共にプレーしてた世代にもなります。

ガッツ溢れるプレースタイルが持ち味でもあり、試合中に気合のこもったプレーでチームに流れを持ち込んでくれることでしょう。

田渡凌とポジションは被りますが、2ガードスタイルで以前までとは異なる横浜ビー・コルセアーズのスタイルを確立することもできるため、どちらが試合に出場してもチームにプラスの影響を与えてくれると考えられます。

新加入の生原秀将に注目してみてください。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【横浜ビー・コルセアーズ注目選手③:アキ・チェンバース】

【reference=http://b-cormagazine.com/team_news/2019/06/28-2】

【誕生日】1990年9月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】190cm
【体重】85kg
【所属】千葉ジェッツ → 横浜ビー・コルセアーズ
【ポジション】スモールフォワード

横浜ビー・コルセアーズの3人目の注目選手は、アキ・チェンバースです。

アキ・チェンバースは、昨シーズンまで千葉ジェッツに在籍しており、2019-2020Bリーグシーズンより横浜ビー・コルセアーズに新加入したスモールフォワードです。

アメリカ人の父親・日本人の母親を持つハーフ選手です。アメリカでバスケットボールのプレーをしていましたが、国籍は日本国籍を持っています。

アメリカの大学卒業後、日本のプロバスケットボール選手として契約しています。

千葉ジェッツ在籍時にはスタメンスモールフォワードとしても出場していました。そのため、川村卓也が移籍した分、アキ・チェンバースがその穴を埋める役割を果たす可能性も高いです。アウトサイドシュートが得意なプレイヤーではありませんが、非常にディフェンス力の高いプレイヤーです。

相手の嫌がるディフェンスでスティールを行い、ディフェンス面でチームに大きく貢献してくれると考えられます。相手のエースプレイヤーを抑え込む役割として試合中は活躍してくれることでしょう。

新加入したアキ・チェンバースにも注目してみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【横浜ビー・コルセアーズ戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●横浜ビー・コルセアーズプロフィール

●横浜ビー・コルセアーズ注目選手①:田渡凌

●横浜ビー・コルセアーズ注目選手②:生原秀将

●横浜ビー・コルセアーズ注目選手③:アキ・チェンバース

今回はBリーグ2019-2020シーズンの横浜ビー・コルセアーズに関する戦力分析を行いました。

昨シーズンは戦績で負け越し、B1残留もギリギリとなってしまった横浜ビー・コルセアーズ。

2019-2020Bリーグシーズンは、新キャプテンの田渡凌中心となり、新加入の生原秀将やアキ・チェンバースがどこまでチームの勝利に貢献できるかが重要となってくることでしょう。

横浜ビー・コルセアーズの2019-2020Bリーグシーズンに注目してみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 441 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*