【NBA選手名鑑】NCAAのスターからNBAのスターへ~ケンバ・ウォーカー~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者はNBA内でもなかなかいないNCAAチャンピオンリングを持っているケンバ・ウォーカー選手をご紹介します。

高校時代から全米注目のポイントカードであったケンバ・ウォーカーは今もシャーロット・ホーネッツで攻撃的な司令塔を務めています。

 

さてケンバ・ウォーカー選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーのプロフィール】

「Kemba Walker」の画像検索結果

本名:ケンバ・ウォーカー(Kemba Walker)

【誕生日】1990年5月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】83kg
【出身校】コネチカット大学
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【背番号】15番
【ポジション】PG

 

ニューヨーク生まれのケンバ・ウォーカーは高校時代から全米トップ5に入る選手でした。大学はコネチカット大学に進学しフレッシュマンながらもチームのメインガードとして活躍しました。2011年には3年生となり攻撃型なガードとして1試合平均26.7得点を記録し、チームのNCAAトーナメント優勝に貢献しました。

大学時代を総括すると多くの記録や賞を受賞したケンバ・ウォーカーは2011年にNBAにアーリーエントリーを行い、1巡目9位で当時のシャーロット・ボブキャッツ(現シャーロット・ホーネッツ)に入団しました。

 

因みに大学時代での記録はこちらです。

  • NCAA champion (2011)
  • Bob Cousy Award (2011)
  • Lute Olson Award (2011)
  • NCAA Final Four Most Outstanding Player (2011)
  • Consensus first team All-American (2011)
  • Big East Tournament MVP (2011)
  • NCAA Final Four All-Tournament Team (2011)
  • Maui Invitational Tournament MVP (2011)
  • All-Big East First Team (2011)
  • All-Big East Third Team (2010)
  • All-Big East All-Rookie Team (2009)

 

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーの記録】

【受賞歴】

  • NBAオールスターゲーム出場:2017, 2018
  • NCAAチャンピオン : 2011
  • ボブ・クージー賞 : 2011

 

ケンバ・ウォーカーは2011年にドラフト1巡目9位でシャーロット・ボブキャッツに入団しました。その際にアンダーアーマーと複数年契約を行いました。入団して直ぐにチームの中心ガードとして活躍を始めたケンバ・ウォーカーは、3年目にはチームをプレイオフに導くなどチームに必要な存在となっていきました。

その後もスリーポイントの得点力をはじめとして、着実にチームのスコアラーとしても成長していき2016月1月に行われたユタ・ジャズ戦では1試合52得点を記録しました。その翌年にはNBAオールスターゲームにヘッドコーチの推薦で初選出され、その翌シーズンの2017-2018年シーズンもオールスターゲームに出場しました。

 

ところでそんなケンバ・ウォーカー選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーの魅力①:クロスオーバー

ケンバ・ウォーカーの魅力1つ目は、クロスオーバーです。

185㎝という小柄な選手でありながらNBAオールスターに選ばれるその所以はそのハンドリング力といっても過言ではないと思います。

アンクルブレイクを量産するケンバ・ウォーカーのクロスオーバーには注目です。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーの魅力②:ディフェンス】

ケンバ・ウォーカーの魅力2つ目はディフェンス力です。

今までは個人で守りがうまい選手などが多かったですが、ケンバ・ウォーカーは身長が小さくどうしてもミスマッチが生まれてしまいます。だからこそ、ケンバ・ウォーカーが長けているのがカバーディフェンスのところにオフェンスを誘導するリードディフェンスです。

そのほかにも最後までボールチェックを行うところや、コースに入ってペネトレーションを防ぐなどきちんとディフェンスを行います。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーの魅力③:ワークアウト】

ケンバ・ウォーカーの魅力3つ目はワークアウトです。

身長が日本人に近いだけあって、練習方法など含めて日本人がまねできる部分が多くあると思います。

ドリブル練習やシューティング練習はしっかりと参考にしてください。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【ケンバ・ウォーカーのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ケンバ・ウォーカーのプロフィール

・ケンバ・ウォーカーの記録

・ケンバ・ウォーカーの魅力①:クロスオーバー

・ケンバ・ウォーカーの魅力②:ディフェンス

・ケンバ・ウォーカーの魅力③:ワークアウト

 

色々ケンバ・ウォーカー選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 223 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*