今さら聞けない!バスケの試合時間とハーフタイムを解説

こんにちは!シェルです!

この記事では、今さら聞けないバスケの試合時間やハーフタイムなどの休憩時間について解説します。

【バスケで選手がプレーする試合時間はどのぐらい?】

まずは、バスケの試合で、選手が実際にプレーする時間について解説いたします。

バスケは基本、10分×4回の、計40分で構成されています。

それぞれ1回ごとに、第1ピリオド、第2ピリオド、もしくは、第1クォーター、第2クォーターと呼んだりします。

ちなみにプレーヤーの中では、省略して1ピリ、2ピリと呼んだり、1ク、2クと呼んだりもしています。

また、前半の10分2回を前半、後半の10分2回を後半と呼ぶことも多いです。

10分を4回繰り返したのち、点数の多い方を勝利とし、試合が終了になります。

ただし、4ピリ終了した時点で同点だった場合、5分間の延長が行われます。

【バスケの試合の休憩時間はどのぐらいとるの?】

バスケの休憩時間は、2つの異なる分数で組み合わさっています。

第1クォーターと第2クォーターの間と、第3クォーターと第4クォーターの間は、2分間の休憩を取ります。

また、前半と後半(第2クォーターと第3クォーター)の間では、ハーフタイムと呼ばれ、10分〜20分ほどの休憩時間が入ります。

高校などの公式大会では基本10分間ですが、観客を動員するような大きい大会の場合、チアリーダーなどのパフォーマンスが入るため、15分や20分など、少し長めのハーフタイムを取ることがあります。

【まとめ】

バスケはプレーの時間は40分です。

そのため、サッカーに比べると時間が短くて、「なんだ楽そうじゃん」と思うかもしれませんが、全くそんなことありません:(;゙゚’ω゚’):

かなりハードな動きを40分間繰り広げるので、選手の疲労感やプレーの引き出しの多さなどが、後半になるにつれて試合の勝敗を大きく分ける要因になります。

そういった駆け引きの部分も楽しめるようになると、バスケがどんどん面白くなってくると思いますよ。

ぜひ一緒にバスケを楽しみましょう。

シェル
About シェル 335 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*