【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

【reference=http://www.latimes.com/sports/nba/la-sp-jazz-donovan-mitchell-20180209-story.html】

どーも!ハリネズミです!

 

以前、NBA選手名鑑としてとある選手を取り上げました。

その選手は、今年NBAドラフトで入団し、スタメンとしてチームを牽引している大物ルーキーです。

その選手とは・・・ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルです。

新人王の有力候補としての呼び声も高いドノバン・ミッチェル。

今回はドノバン・ミッチェルのおすすめハイライト動画をお送りしたいと思います(*´▽`*)

早速、見て参りましょう!

 

 

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】驚異のオフェンスマシーンが才能を開花!~ドノバン・ミッチェル~

おすすめ記事 →  NBA2017-2018シーズンの新人王候補選手を勝手に予想してみた!

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのプロフィール】

【reference=https://www.sbnation.com/2018/2/18/17024450/donovan-mitchell-dunk-contest-2018-winner-deserve】

 

本名:ドノバン・ミッチェル(Donovan Mitchell)

【誕生日】1996年9月7日
【出身地】アメリカ合衆国コネチカット州
【身長】191cm
【体重】95kg
【所属】ユタ・ジャズ
【背番号】45番
【ポジション】シューティングガード

 

ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルは、最初NBAドラフトで13位指名でデンバー・ナゲッツに指名されたんです。

NBA入りを夢見て、ルイビル大学に進学し、2シーズンプレー後、アーリーエントリーでNBA入りを果たしました。

1年生の時は、ベンチ選手であったドノバン・ミッチェルは、2年生の時にはスタメンに定着しました。

その後、ドノバン・ミッチェルの気迫あふれるプレーが大きく評価を受け、NBAドラフトの指名を受けるきっかけとなりました。

 

そんなドノバン・ミッチェルのおすすめハイライト動画を紹介していこうと思います。

 

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのハイライト動画①:ルイビル大学時代のハイライト動画】

 

まず1つ目のハイライト動画は、ルイビル大学時代のハイライト動画です。

プロフィールにも記載していますが、ドノバン・ミッチェルは1年生の時はベンチプレイヤーだったんです。

その1年後に頭角を現し、スタメンに定着しました。

ハイライト動画を見てもわかりますが、大学時代からドノバン・ミッチェルは身体能力が高く、ダンクやダブルクラッチなどの空中戦は強力な力を兼ね備えています。

これほどの能力を持っていても最初はベンチスタートの場合もあるんですね(笑)

アメリカのバスケットボールレベルの高さがわかります。

 

この時のハイライト動画は↓↓↓です。

 

 

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのハイライト動画②:1試合に41得点というチーム最多記録】

 

2つ目のハイライト動画の紹介は、2017年12月1日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦のハイライト動画です。

なぜこの試合を取り上げたかというと、チームの歴代記録を塗り替える1試合のルーキー最多得点を記録したためです。

その得点はなんと、41得点!

過去のルーキーの最多得点記録は38得点であったため、記録更新という快挙を達成しています。

ユタ・ジャズの歴史上ではルーキーとして1試合40得点以上の記録は初の記録でもあるんです。

この爆発的な得点力があるからこそ、ドノバン・ミッチェルはユタ・ジャズのスタメンとして活躍できていることでしょう。

 

この時のハイライト動画は↓↓↓です。

 

 

おすすめ記事 →  NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 →  NBA副収入ランキング!

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのハイライト動画③:スラムダンクコンテスト優勝動画】

 

3つ目のハイライト動画の紹介は、ドノバン・ミッチェルが今シーズンのスラムダンクコンテストで優勝した際ののハイライト動画です。

アーロン・ゴードンが出場予定であったスラムダンクコンテストですが、怪我の影響で欠場が決まりました。

アーロン・ゴードンの代わりとして選出されたのが、ドノバン・ミッチェルです。

ドノバン・ミッチェルは身長191cmとNBAでは大きな方ではありませんが、驚異的な身体能力を披露できる潜在能力を発揮できることから、今回の選出へとなったのではないでしょうか?

優勝時のダンクは、NBA界屈指のスラムダンカーのビンス・カーターが以前のスラムダンクコンテストで披露したダンクをお見舞いし、見事優勝を果たしました!

僕も、こんなダンクしてみたいものですね(笑)

 

この時のハイライト動画は↓↓↓です。

 

 

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのハイライト動画④:ドノバン・ミッチェルのワークアウト動画】

 

4つ目に紹介するハイライト動画は、ドノバン・ミッチェルが行っていたワークアウトの様子を収めた動画となっています。

1分間という短い動画ではありますが、ドノバン・ミッチェルが試合中に活用しているピック&ロールの練習風景やアウトサイドシュートの練習風景が載っています。

NBA選手のこのようなワークアウトはとても参考になると思います。

動画を見返して、練習に取り入れるのも良いことでしょう!

ドノバン・ミッチェルに近づけるかもしれませんね!

 

この時のハイライト動画は↓↓↓です。

 

 

おすすめ記事 →  NBA史上最強プレイヤーを多数輩出!?!?1996年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

 

 

 

【ドノバン・ミッチェルのおすすめハイライト動画まとめ】

いかがでしたか?

 

・ドノバン・ミッチェルのプロフィール

・ドノバン・ミッチェルのハイライト動画①:ルイビル大学時代のハイライト動画

・ドノバン・ミッチェルのハイライト動画②:1試合に41得点というチーム最多記録

・ドノバン・ミッチェルのハイライト動画③:スラムダンクコンテスト優勝動画

・ドノバン・ミッチェルのハイライト動画④:ドノバン・ミッチェルのワークアウト動画

 

今回は、2017-2018シーズン新人王有力候補であるドノバン・ミッチェルのおすすめハイライト動画をお送りしました。

ルイビル大学時代から身体能力は高く、注目を集めていたんですね。

新人王の獲得も気になりますが、ドノバン・ミッチェルの今後の活躍にも期待が高まりますね!

ぜひ、参考にしてみてください!

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 269 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*