【Bリーグ|NEWS】トップクラスのスコアラーでもある岡田侑大選手が信州へ移籍表明

どーも!HOOPSJAPANのハリネズミです。
こちらのHOOPSJAPANではバスケットボールのスキル関連の記事やBリーグ・NBAなどのニュース記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も検索してみてください!

本日はBリーグからの移籍情報を取り上げていきます。
いわゆるニュースですね。

先に結論からお伝えしますと、富山グラウジーズに所属していた岡田侑大選手が信州ブレイブウォリアーズへの移籍を表明したというニュースです。

このニュースは個人的に衝撃が走りました!
富山グラウジーズにおいて主力選手として活躍し、Bリーグチャンピオンシップへの出場に大きく貢献していた岡田侑大選手は富山グラウジーズに残留すると思っていました。
#富山グラウジーズは前田悟選手も移籍

1試合に60%を超える3Pシュートを沈めるほどの生粋のスコアラーの才能を持っているのが岡田侑大選手ですね。シーズン途中からスタメンに定着するなど、非常に大きな活躍を魅せていました。
#2019年Bリーグ新人王
#富山グラウジーズにはBリーグ新人王が2人も在籍していた

岡田侑大選手は、2020-2021のBリーグシーズンを通して1試合平均で22分の出場を果たし、9.7得点・1.9リバウンド・2.1アシストを記録しています。
シュート成功率に関しても、FG%=44.9%・3P%=43.8%・FT%=76.0%となっています。
#3P成功率に関しては100%の試合もあり

岡田侑大選手の移籍に関するニュース記事と合わせて、プロフィールの部分を紹介していければと思います。
岡田侑大選手を知らないよという方はぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【岡田侑大選手のプロフィール】

※動画は3P成功率100%の試合です。

本名:岡田侑大(おかだ ゆうた)

【誕生日】1998年6月10日
【出身地】京都府
【身長】189cm
【体重】80kg
【出身校】東山高校 → 拓殖大学
【所属】富山グラウジーズ → 信州ブレイブウォリアーズ
【ポジション】シューティングガード

岡田侑大選手は京都府出身のバスケットボール選手です。

バスケットボールプレイヤーでもあった父親と、既にバスケットボールを始めていた兄の影響もあって小学校2年生のころからバスケットボールを始めたと言われている岡田侑大選手。

地元の京都府にある東山高校へと進学を果たしています。東山高校にて岡田侑大選手のバスケットボールセンスが開花したと言われています。岡田侑大選手のプレーは東山高校のスタイルにはまり、チームとしても強さを増していきました。

岡田侑大選手が2年時には全国でも屈指の強豪である洛南高校に初めて勝利し、地元の京都府で開催されたインターハイでベスト4に導く活躍を魅せています。3年時にはキャプテンとしてチームを率い、ウィンターカップで準優勝を達成。得点王にも輝いたが、決勝はあと一歩のところで福岡第一高校に敗れてしまっています。

東山高校卒業後は関東にある拓殖大学へ進学。1年時から試合に出場してチームの関東大学リーグ戦の優勝に貢献しました。

2年目からは更に得点力が増してチームの中心選手に成長を遂げています。2年時に行われた新人戦では優勝候補の東海大学を破り26年ぶりの優勝に貢献しました。同年に行われた関東大学バスケットボールリーグ戦では1試合に30得点以上を記録するなどの活躍を魅せていきましたが、チームは中々勝ちに繋げることができず苦戦していました。

その後、岡田侑大選手は拓殖大学を中退。2018年11月にB1のシーホース三河へ特別指定選手として加入しました。

岡田侑大選手の主な受賞歴・代表歴

ウィンターカップ2016 優秀選手賞(ベスト5)
第57回関東大学バスケットボール新人戦 優秀選手賞(ベスト5)
第93回関東大学バスケットリーグ 優秀選手賞(ベスト5)
Bリーグ 2018-19シーズン 新人賞

2015年度 U18日本代表候補
2016年度 U18日本代表
2017年度 U24日本代表候補
2018年度 U22日本代表(2018アジアパシフィックユニバーシティチャレンジ)

高校より大学、大学よりBリーグと徐々に攻撃力が増してきている岡田侑大選手。
大学時代の2年時、関東大学バスケットボールリーグ戦の白鷗大学戦では1試合58得点という驚異的なスタッツを残した経験もあるんです。
Bリーグでは、2020年3月6日に行われた千葉ジェッツ戦では1試合29得点・3P成功率100%(6/6本成功)というキャリアハイも叩き出しました。
#圧倒的なスコアラー気質
#2019年新人王の実力は本物

ここまでの内容でお気づきかと思いますが、岡田侑大選手は得点力の部分が最大の魅力と言っていいでしょう。
ドライブからゴール下での得点はもちろんですが、高い精度が持ち味のアウトサイドからの得点もあります。富山グラウジーズ時代には1試合で29得点を記録したり、Bリーグチャンピオンシップにおいて1試合平均14得点をマークしているんです。
この得点力は今後も重宝される部分となっていくことでしょう。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【岡田侑大選手移籍情報まとめ】

今回は岡田侑大選手が信州ブレイブウォリアーズへの移籍を表明したというニュースを取り上げました。

世代別の日本代表への選出経験も多く持っているのが岡田侑大選手です。まだまだ若いプレイヤーのため今後も十分成長を魅せてくれることでしょう。
しかも信州ブレイブウォリアーズは滋賀レイクスターズから前田怜緒選手の獲得にも成功しています。
来シーズンに向けた戦力補強を積極的に実施してますね。
#信州ブレイブウォリアーズの来シーズンに期待

岡田侑大選手は信州ブレイブウォリアーズの公式ホームページにて以下のようにコメントしています。
『この度、信州ブレイブウォリアーズに移籍しました岡田侑大です。
勝久マイケル HC 率いる「日本一」を目指すチームでプレー出来ることを心より感謝しています。自分自身のテーマに「挑戦」を掲げ、チームと共に成長し、貢献できるよう日々の練習を大切にして行きます。コロナ禍で大変ですが、バスケットボールができることに感謝し、ファンの皆様の活力になれるよう全力で頑張ります。
皆様と会場でお会いできる日を楽しみにしています。』

岡田侑大選手の魅力を取り入れた記事はHOOPSJAPAN内でも未掲載なので、今後取り上げて掲載していきたいと思います。
岡田侑大選手はココが魅力です!というのがあればコメントいただきますと幸いです。

以上、HOOPSJAPANのハリネズミでした(^O^)/

About ハリネズミ 772 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*