【NBA選手名鑑】2度の大怪我を乗り越えて~ジャバリ・パーカー~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は2014年のドラフト1巡目2位でドラフトがかかりながらも、怪我に泣かされまだNBAで存在感を見せつけられていない選手である、ジャバリ・パーカー選手をご紹介します。

左足の大怪我を負いながらも今回シカゴ・ブルズと大型契約を行い、話題にもなりました。

 

さてジャバリ・パーカー選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【ジャバリ・パーカーのプロフィール】

Image result for ジャバリパーカー

本名:ジャバリ・パーカー(Jabari Parker)

【誕生日】1995年3月15日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】114kg
【出身校】デューク大学
【所属】シカゴ・ブルズ
【背番号】2番
【ポジション】F

ジャバリ・パーカーはシカゴで生まれ、父親が元NBあ選手ということもあり幼い時からバスケットボールが上手い選手でした。5年生の時には中学生たちと達と渡り合えるレベルであったといわれています。因みにこの時のジャバリ・パーカーの身長は188センチとサイズも大きかったです。

高校1年生になったときにはいきなり高校4年生が所属するチームに所属し、州のチャンピオンに貢献しました。そのこともあり、1年生終了時には異例となる名門大学からのオファーを11校以上も受けるなど全米から注目が集まる選手となりました。高校卒業時には全米で4位にランキングされる選手となったりと、かなり注目される選手となりました。

高校卒業後にはバスケの名門であるデューク大学に進学しました。1年生のデビュー戦には22ポイント、6リバウンド、2アシスト、1ブロックと大活躍をしデューク大学の歴史を刻みました。その後も1年生として名門デューク大学の大黒柱として活躍し、終わってみるとスコアとリバウンドで大学チームを牽引しました。その後、2014年のNBAドラフトにアーリーエントリーを行い1巡目2位で全体指名されました。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【ジャバリ・パーカーの記録】

【受賞歴】

  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2011

 

2014年のNBAドラフトで1巡目2位という高評価でミルウォーキー・バックスに入団しました。開幕からスタメンで活躍していたジャバリ・パーカーでしたが、2014年12月のフェニックス・サンズ戦で左膝の前十字靭帯(ACL)を断裂し、ルーキーシーズンは不本意な形で終了となりました。約1年にもわたるリハビリなどを経て2015年11月にフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦にスタメンで戦線復帰しました。同シーズンの2月にはNBA歴キャリアハイとなる36得点を記録しました。

2016-2017年シーズンにはミルウォーキー・バックスの主力として活躍していましたが、再び2017年の2月に左膝の前十字靭帯断裂してしまい、残りのシーズンは絶望的となりました。その後約1年のリハビリを行い、2017-2018年シーズンの2月に復帰しました。その後はキャリアハイに近づく35得点10リバウンドを記録しました。

 

ところでそんなジャバリ・パーカー選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【ジャバリ・パーカーの魅力①:ダンク

ジャバリ・パーカーの魅力1つ目は、ダンクです。

203㎝の身長ながら、217㎝ものウィングスパンを持つジャバリ・パーカーはダンクを見てもらえばわかりますが、

リングのはるか上からダンクをこなします。身体能力もあり、ケガから完全復帰できれば、まだまだ先が楽しみなプレイヤーです。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【ジャバリ・パーカーの魅力②:ディフェンス】

ジャバリ・パーカーの魅力2つ目はディフェンス力です。

まだまだ今後ディフェンス力を磨いていければという気持ちをこめてご紹介します。

レブロンジェームスにマッチアップした時の動画ですが、ハッスルをして頑張ってディフェンスをしています。

リーチは長いのでスティールなどは得意かもしれません。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

【ジャバリ・パーカーの魅力③:今後の可能性】

ジャバリ・パーカーの魅力3つ目は今後の可能性です。

この動画はボストンセルティックスのシューターである、レイアレン選手とシューティング練習をしている動画です。

NBA屈指のシューターに練習を見てもらえるなんて、今後のシューティング力向上に期待ですね!!

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【ジャバリ・パーカーのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ジャバリ・パーカーのプロフィール

・ジャバリ・パーカーの記録

・ジャバリ・パーカーの魅力①:ダンク

・ジャバリ・パーカーの魅力②:ディフェンス力

・ジャバリ・パーカーの魅力③:今後の可能性

 

色々ジャバリ・パーカー選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 222 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*