【Bリーグ戦力分析|2022-2023】アルバルク東京

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは・・・アルバルク東京です。

昨シーズンは帰化選手で日本代表経験も持っているライアンロシターが加入して戦力補強を成功していたアルバルク東京。東地区にて3位でシーズン終了していますが、戦力はキープできると感じます。

アルバルク東京の戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【アルバルク東京のプロフィール】

アルバルク東京 -概要- 

【チーム正式名】アルバルク東京
【創設】1948年
【本拠地】東京都渋谷区
【所属】東地区
【チームカラー】アルバルクレッド・ジェットブラック

アルバルク東京 -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区3位
【シーズン勝敗】39勝14敗

東京都渋谷区に本拠地を構えるアルバルク東京。

昨シーズンのアルバルク東京は帰化選手で日本代表経験を持つライアンロシター選手やBリーグ優勝経験を持つスペイン代表のセバスチャンサイズ選手などを加えて戦力補強にも成功していました。

強豪揃いの東地区にて3位にまで上り詰め、チャンピオンシップ出場も果たしました。しかし、チャンピオンシップではライアンロシター選手が怪我でロスターを外れてしまうなどアクシデントが続き、準々決勝敗退となってしまいました。

新シーズンに向けて既存メンバーの戦力アップに加えて準備を進めてくるのではないでしょうか。

そこで、アルバルク東京にはどんなプレイヤーが在籍しているのでしょうか?注目選手として取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【アルバルク東京の注目選手紹介】

次からは、アルバルク東京のBリーグ2022-2023シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『アルバルク東京注目選手①:田中大貴』

【誕生日】1991年09月03日
【出身地】長崎県
【身長】193cm
【体重】92kg
【出身校】長崎西高校 → 東海大学
【所属】アルバルク東京
【背番号】24番
【ポジション】シューティングガード

アルバルク東京の1人目の注目選手は、田中大貴選手です。

田中大貴選手は長崎県出身のバスケットボール選手です。

言わずと知れたBリーグトップクラスのプレイヤーの1人でもあるのが田中大貴選手ですね。2016年のBリーグ開幕時から2020年のシーズンまで4年連続でシーズンベスト5に選出され、2019-2020のBリーグシーズンにはシーズンMVPに選出されました。

東京五輪にも日本代表として出場し、世界ランクのプレイヤーたちと対戦経験を持っています。高いシュートを持ち、アシストで味方を活かしたり、ディフェンスで相手プレイヤーを抑え込んだりとオールラウンドに活躍できる選手となっています。

東京五輪では日本代表として出場した際にポイントガードとして出場経験も持っています。アルバルク東京内ではシューティングガードとして活躍していた田中大貴選手ではありますが、東京五輪ではポイントガードとしてスタメン出場しています。ポイントガードとして出場し、海外組の八村塁選手や渡邊雄太選手、馬場雄大選手らと大きく経験を積んできています。

昨シーズンは1試合平均で10.7得点・1.7リバウンド・4.0アシストのスタッツを残しています。アルバルク東京の顔でもあり、Bリーグ内でもトップクラスの潜在能力を秘めた選手でもありますので、新シーズンもアルバルク東京を牽引する選手となってくることでしょう。

Bリーグ2022-2023シーズンの田中大貴選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『アルバルク東京注目選手②:ライアンロシター』

【誕生日】1989年09月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】105kg
【出身校】シエナ大学
【所属】アルバルク東京
【背番号】22番
【ポジション】パワーフォワード/センター

アルバルク東京の2人目の注目選手は、ライアンロシター選手です。

ライアンロシターはアメリカ合衆国出身のバスケットボール選手です。

昨シーズンよりアルバルク東京に加入しているインサイドプレイヤーです。長年に渡り宇都宮ブレックスにてプレー経験を持っており、日本のバスケットボールのスタイルも把握している選手なのは間違いないでしょう。

多彩なステップワークからの得点やアウトサイドからのシュートなど幅広い得点能力を兼ね備えているのがライアンロシター選手となっています。インサイドプレイヤーではあるものの、バスケIQが高く日本でのプレー経験も豊富なのでチームを牽引するリーダーシップ力を持っているのも魅力的な選手となっています。

ライアンロシター選手は2019年に日本国籍を取得しており、日本代表での活躍経験も持っています。日本国籍を持っていることで日本人としてBリーグのコートに立つこともできます。

現在のBリーグでは外国籍選手の出場人数には制限があります。ライアンロシター選手は日本国籍を持っているため日本人として出場し、他の外国籍選手をコートに立たせることができるというアドバンテージにもあります。

レギュラーシーズンでのベスト5受賞歴もあり、Bリーグを代表するインサイド選手dでもあります。昨シーズンは怪我も重なり試合に絡む機会が多くはありませんでした。新シーズンは万全の状態で臨んでくることでしょう。

Bリーグ2022-2023シーズンのライアンロシター選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『アルバルク東京注目選手③:吉井裕鷹』

【誕生日】1998年06月04日
【出身地】大阪府
【身長】196cm
【体重】94kg
【出身校】大阪学院大学
【所属】アルバルク東京
【背番号】8番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

アルバルク東京の3人目の注目選手は、吉井裕鷹選手です。

吉井裕鷹選手は大阪府出身のバスケットボール選手です。

小学校4年生の頃からバスケットボールを始めた吉井裕鷹選手は、中学校時代には大阪府選抜へ選出され、U-19の日本代表候補にも選出されている選手となっています。

高校卒業後には地元大阪府の大阪学院大学へと進学を果たし、1年時から主力選手として出場を果たしてきました。同年に新人王に輝き、インカレ出場経験も持っているほどです。

大学2年時には大阪エヴェッサへ特別指定選手として加入し、1試合平均で14分の出場で5.2得点のスタッツも残しました。翌年の3年時にはアルバルク東京に練習生として加入した吉井裕鷹選手は、その後4年時に特別指定選手としてアルバルク東京への加入を正式に表明しました。

2022年7月1日に行われたFIBAワールドカップ予選のオーストラリア戦に日本代表として初めて選出されました。FIBAアジアカップのロスター入りも発表されている現在波に乗っている若手有力選手でもあります。

アルバルク東京はインサイドの外国籍選手が豊富なためフォワードポジションでの起用も多くなってくることでしょう。

Bリーグ2022-2023シーズンの吉井裕鷹選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【アルバルク東京のBリーグ2022-2023シーズン】

ここまで、アルバルク東京の昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

大きなメンバー変更はなく、日本代表経験を持つ田中大貴選手や安藤周人選手、ライアンロシター選手などの残留も決まっています。

インサイドにはセバスチャンサイズ選手やアレックスカーク選手が残留し、アウトサイドには小酒部泰暉選手なども残っているためチームの状態は万全とも言えるでしょう。

1つ大きな変化があるとすれば、チームに長年在籍したルカパヴィチェヴィッチHCが退任を表明し新たなHCを迎え入れる形となります。ヘッドコーチが変わったことでチームの体制も大きく変わる場合もありますので、その辺りも注目になってくるのではないでしょうか。

注目選手に関しては個人的な意見を元に取り上げています。今回取り上げた選手以外にも注目選手や注目のスタッフなどがいましたらコメントいただきますと幸いです。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【アルバルク東京戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●アルバルク東京のプロフィール
●アルバルク東京注目選手①:田中大貴
●アルバルク東京注目選手②:ライアンロシター
●アルバルク東京注目選手③:吉井裕鷹
●アルバルク東京のBリーグ2022-2023シーズン

今回はBリーグ2022-2023シーズンのアルバルク東京に関する戦力分析を行いました。

日本代表経験を持つプレイヤーなど経験豊富な選手が揃っているアルバルク東京。ヘッドコーチが新任のコーチになるため、チームにどのような変化が生まれてくるのか注目になってくることでしょう。

アルバルク東京のBリーグ2022-2023シーズンに注目してみてください。

About モンキー 911 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*