【NBA選手名鑑】NBA歴代1番基本に忠実なセンター~ティム・ダンカン~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は、1997年のNBAドラフトにてサンアントニオ・スパーズから全体1位指名で入団し、以後スパーズの黄金期を築き上げたティム・ダンカン選手をご紹介します。

19年間のスパーズキャリアで5度もNBAチャンピオンを経験している選手でプレー自体はとても地味で目立つようなプレーは少ないのですが、その圧倒的実績から史上最強のPF・Cといわれています。基本に忠実なプレイスタイルから呼ばれる愛称は”The Big Fundamental”でスパーズの黄金期を語る上では、避けて通れない選手です。

 

さてティム・ダンカン選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【ティム・ダンカンのプロフィール】

Image result for ティムダンカン

【ティム・ダンカンのプロフィール】

【誕生日】1976年4月25日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】113.5kg
【所属】サンアントニオ・スパーズ
【背番号】21番
【ポジション】PF/C

 

ティムダンカンといえばサンアントニオ・スパーズ一筋19年のサンアントニオ・スパーズが生んだレジェンドプレイヤーです。19年のスパーズキャリアで5度もNBAチャンピオンを経験している選手でプレー自体はとても地味で目立つようなプレーは少ないのですが、その圧倒的実績から史上最強のPF・Cといわれています。基本に忠実なプレイスタイルから呼ばれる愛称は”The Big Fundamental”でスパーズの黄金期を語る上では、避けて通れない選手です。

ティムダンカンは幼少期は姉の影響もあり水泳をしていて、ジュニアオリンピックに出場していた有力選手でした。バスケに転向したのは中学三年生の時で、その後のの長身を生かし頭角を現し高校卒業時には大学からいくつかのスカウトが来るまでの選手となっていました。

大学はウェイクフォレスト大学に進学し、1年次からチームの中心選手として育てられました。2年次終了時にはアーリーエントリーでNBA入りができるレベルに達していましたが、亡き母親の遺言通り、大学を卒業しNBAに1997年に満を持してエントリーを行いまいました。

大学卒業までの4年間でダンカンの大学4年間の成績は平均16.5得点12.3リバウンドとなり、通算481ブロックはNCAA史上2位となりました。またNCAA史上10人しかいない通算2,000得点1,500リバウンド以上達成者の一人となり、史上初となる通算1,500得点1,000リバウンド400ブロック200アシスト以上達成者にもなりました。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【ティム・ダンカンの記録】

【受賞歴】

  • 5× NBAチャンピオン (1999, 2003, 2005, 2007, 2014)
  • 3× NBAファイナルMVP (1999, 2003, 2005)
  • 2× NBA最優秀選手賞 (2002–2003)
  • 15× NBAオールスターゲーム (1998, 2000–2011, 2013, 2015)
  • NBAオールスターMVP (2000) [3]
  • 10× オールNBAファーストチーム (1998–2005, 2007, 2013)
  • 3× オールNBAセカンドチーム (2006, 2008–2009)
  • 2× オールNBAサードチーム (2010, 2015)
  • 8× NBAオールディフェンシブ・ファーストチーム(1998–2003, 2005, 2007–2008)
  • 7× NBAオールディフェンシブ・セカンドチーム (1998, 2004, 2006, 2009–2010, 2013, 2015)
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー (1997)
  • NBAオール・ルーキー・ファーストチーム (1997)
  • NBAオールスターシューティング・スター優勝 (2008)
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手 (2003)
  • スポーツ・イラストレイテッドスポーツマン賞 (2003)
  • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 (2015)
  • 最優秀カレッジ選手賞 (1997)
  • 2× NCAAオールアメリカンファーストチーム (1996,1997)
  • 3× NABC最優秀守備選手賞 (1995–1997)
  • 2× ACC最優秀選手賞 (1996–1997)
  • No.21 サンアントニオ・スパーズ永久欠番
  • No. 21 ウェイク・フォレスト大学永久欠番

1997年にサンアントニオ・スパーズに全体1位指名で入団したダンカンは、スパーズの当時大黒柱であったデビット・ロビンソンとタッグを組み新人ではあったものの、超一流の結果をNBAで証明しました。毎晩のようにダブル・ダブルを重ね、全ての月間新人賞を独占し、オールスターゲームにも出場しました。また当然のように新人王を受賞すると共に、新人としては異例となるオールNBA1stチームとオールディフェンシブ2ndチームにも名を連ねNBA屈指のPF/Cへの階段を上っていきました。

一つ一つのプレーの安定感・正確さ、自己犠牲もいとわないチームを第1に考えた献身的な態度、勝者のメンタリティを持つ精神的に浮ついたところのない逞しさなど、NBA選手の中では最も信頼された実力の持ち主であったといわれています。ダンカンより派手で成績も上回っている選手は数多く存在するものの、ダンカンより評価されている選手はほとんど存在しなく今後もNBAのレジェンドプレイヤーであることは間違いない存在です。

ダンカンの身体能力が高いほうではないですが、抜群のバスケットIQと無駄を一切排したプレースタイルでNBAに君臨していたダンカンは、リーグトップクラスのスコアラーであり、リバウンダーであり、ショットブロッカーであり、ディフェンダーであり、そしてクラッチプレーヤーであり、すべての分野において一目を置かれる存在でした。重要な時間帯ほど多用されるダンカンの1on1は、ミドルポストでディフェンダーと正対した状態から開始され、その場からのジャンプシュートやドライブからのフックシュートなどが展開され、それは至極単純なプレーであるが彼を止めることは困難だったといいます。また最近のプレイヤーの中では最もバックボードの使い方が上手いとの意見も多く、バンクショットを得意としていることでも知られ、またパスセンスも高く、ディフェンダーに囲まれた際もフリーの味方にパスアウトできる判断力と柔軟性を持ち合わせています。通算ダブル・ダブル達成回数歴代1位という成績が示すように、抜群の安定感を持っていることもダンカンの大きな長所であるプレイヤーです。

 

ところでそんなティム・ダンカン選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【ティム・ダンカンの魅力①:ポストアップ

ティム・ダンカンの魅力1つ目は、オフェンス力です。

ただ他のNBA選手と違い花形の選手ではありません。

しかしそのポストアップは基本に忠実で、当たり前のことを当たり前にするのでディフェンスからすると

とても厄介な選手です。

ティム・ダンカンのシグネチャームーブと言えばポストアッププレーになります。

ポストアップからのバンクシュートはセブンフッターの身長から打たれ、止められません。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【ティム・ダンカンの魅力②:アシスト力】

ティムダンカンの魅力2つ目はアシスト力です。

 

ティムダンカンと言えば、センタープレイやパワープレイが有名な選手ですが、

そのアシスト力も隠れた魅力です、

センタープレイからのパスももちろんですが、速攻の時のパスもなかなか舌を巻くものがあります。

是非確認ください。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

【ティム・ダンカンの魅力③:

ティムダンカンの魅力3つ目はディフェンス力です。

211㎝の長身であるティムダンカンはブロックがうまく、多くのスター選手を止めるスパーズの大黒柱でした。

その中でも特にカバーディフェンスがうまく、味方選手のディレクションを確りと生かしている選手となります。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【ティム・ダンカンのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・ティムダンカンのプロフィール

・ティムダンカンの記録

・ティムダンカンの魅力①:ポストプレー

・ティムダンカンの魅力②:アシスト力

・ティムダンカンの魅力③:ディフェンス力

 

色々ティムダンカン選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 238 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*