【NBAニュース】第9週の週間最優秀選手にデイミアンリラードとジェームスハーデンが選出

2月22日(日本時間23日)NBAが2020-21シーズン第9週の週間最優秀選手が発表されました。ウェスタン・カンファレンスからはポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、イースタン・カンファレンスからはブルックリン・ネッツのジェームス・ハーデンが選出されました。

リラードの選出は通算11回目(今季2度目)で、クライド・ドレクスラーの10回を抜いてブレイザーズ史上最多記録となりました。またリラードはチームが2勝1敗の成績を残した3試合で、平均36.3得点(FG成功率43.4%、3P成功率40.4%、FT成功率94.7%)、12.7アシスト、5.7リバウンド、1.33スティールをあげて平均ダブルダブルを達成したほか、第9週における得点でリーグ首位、アシストで2位となっています。

2月17日(同18日)のニューオーリンズ・ペリカンズ戦では、43得点(FG28本中14本成功、3P16本中7本成功、FT8本中8本成功)に加えて、自己最多記録タイとなる16アシストをあげ、試合残り約16秒で決勝点となるレイアップとフリースロー沈めてチームの勝利に貢献していて、リラードはここまで少なくとも5本の3ポイントを含む30得点超、10アシスト超を4試合連続で記録しており、これは自身の持つNBA史上最長記録タイとなっています。

一方のハーデンは通算26回目の選出とてっており、チームが全勝した4試合で、平均31.8得点(FG成功率55.0%、3P成功率48.6%、FT成功率80.8%)、10.8アシスト、9.0リバウンドをあげて平均ダブルダブルを達成しただけでなく、4試合すべてでダブルダブルを達成しました。

2月15日(同16日)のサクラメント・キングス戦では、29得点、14アシスト、13リバウンドを記録し、ネッツとして5度目のトリプルダブルを達成。翌16日(同17日)のフェニックス・サンズ戦では、ネッツとして最多となる38得点、11アシスト、7リバウンドをあげ、24点差からの逆転勝利への原動力となっています。

原文:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/damian-lillard-james-harden-named-nba-players-of-the-week/xxu4z3smonhn1homx4dvq394h

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【デイミアン・リラードのプロフィール】

【誕生日】1990年7月15日
【出身地】アメリカ合衆国 カリフォルニア州
【身長】191cm
【体重】88kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】0番
【ポジション】ポイントガード

  • 新人王 2013
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2013
  • 2×NBAスキルチャレンジ優勝 2013, 2014
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2018
    • 2×2ndチーム : 2016, 2019
    • 4rdチーム : 2014
  • 5×NBAオールスターゲーム出場 2014, 2015, 2018, 2019, 2020
  • No.1 ウィーバー州立大学永久欠番

デイミアン・リラードは、ウィーバー州立大学を卒業後、2012NBAドラフトにおいて6位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団を果たしました。

またデイミアン・リラードは、NBAドラフトにアーリーエントリーはしておらず、ウィーバー州立大学で4年間プレーした後、NBA入りをしている選手です。

2012-2013NBAシーズンのデビュー戦では、23得点11アシストといきなりのダブルダブルを記録しています。

ルーキーシーズンから活躍の場を広げていったデイミアン・リラードは、2013NBA新人王も獲得することになりました。しかも、NBA史上4人目となる満票での獲得となっています。

更に詳しくデイミアンリラードについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジェームス・ハーデンのプロフィール】

本名:ジェームス・ハーデン(James Harden)

【誕生日】1989年8月26日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】100kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】13番
【ポジション】SG/PG

カリフォルニアのレイクウッドにあるアルティシア高校の出身のジェームス・ハーデンは、高校時代から州タイトルに導くほどの力を持っており、2年連続州のタイトルの獲得に貢献しました。その結果マクドナルドのオールアメリカンも受賞している、高校から実力を認められていた選手でした。

その後大学はカリフォルニア州の横にあるアリゾナ州のアリゾナ州立大学に進学しました。1年目からエースとして活躍して、パシフィック・テン・カンファレンスの1stチーム、全米バスケットボールコーチ協会、全米バスケットボール記者協会の1stチームに選抜されていました。残念ながら1年目はNCAAトーナメント出場は逃したものの、その存在感を存分に示しました。

その後2年生の時にはカンファレンス史上5人目となる得点王とスティール王の2冠に輝き、同年に念願のNCAAトーナメントに出場を果たしました。結果は2回戦敗退でしたが、メジャースポーツ誌の『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙を飾ったことでも話題になりました。

アリゾナ州立大学でのプレーは2年で終了し、2009年にNBAアーリーエントリーを行い、オクラホマシティ・サンダーから全体3位指名を受けて入団しました。

因みに豆知識ですが、オクラホマシティ・サンダーは前年2008年のNBAドラフト後にシアトル・スーパーソニックスからオーナが変わり現在のチーム名と本拠地になったチームで、ジェームス・ハーデンはオクラホマシティ・サンダーの記念すべき1人目のドラフト指名になりました。

更に詳しくジェームス・ハーデンについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 762 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*