【NBAニュース】第13週の週間最優秀選手にニコラヨキッチとヤニスアデトクンボが選出

現地時間3月22日、NBAが2020-21シーズン第13週の週間最優秀選手が発表されました。ウェスタン・カンファレンスからはデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが、イースタン・カンファレンスミルウォーキー・バックスからはヤニス・アデトクンボが選出されました。

ナゲッツのヨキッチの選出は今季3回目で、ナゲッツの選手が週間最優秀選手に1シーズンで3度選ばれたのはカーメロ・アンソニー(2006-07シーズン)に次いで2人目の快挙となります。また、通算9回目の選出は同じくアンソニー(通算10回)に次いで球団史上2番目の記録となったとの事です。

ヨキッチは、チームが3勝1敗を記録した4試合で、平均26.8得点(FG成功率59.5%、3P成功率58.3%)、12.3リバウンド、8.5アシスト、1.75スティールをマークしました。17日(同18日)のシャーロット・ホーネッツ戦では、12得点、10リバウンド、10アシストで今季10回目のトリプルダブルと通算228回目のダブルダブルを達成し、ディケンべ・ムトンボの持つ球団最多記録を更新しています。

一方、でバックスのアデトクンボも今季3回目(通算16回目)の選出となりチームが全勝した3試合で、平均29.7得点(FG成功率58%、3P成功率33%、FT成功率81%)、12.7リバウンド、10.0アシストを記録し、平均トリプルダブルを達成しています。

15日(同16日)のワシントン・ウィザーズ戦で、31得点、15リバウンド、10アシストをマークし、球団史上初となる3試合連続トリプルダブルを記録し、20日(21日)のサンアントニオ・スパーズ戦では、26得点、8リバウンドに加えて、キャリア最多タイの15アシストをあげて勝利に大きく貢献しました。それにより、バックスは今季最長記録となる6連勝を飾っています。

原文:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/nikola-jokic-giannis-antetokounmpo-potw-week-13/nby9e7ya2f4k11fu811ofbi45

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ニコラ・ヨキッチのプロフィール】

本名: ニコラ・ヨキッチ (Nikola Jokic)

【誕生日】1995年2月19日
【出身地】セルビア
【身長】208cm
【体重】113kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】15番
【ポジション】C/PF

  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2019
    • 2ndチーム : 2020
  • NBAオールスターゲーム出場:2019 2020
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2016
  • ABAリーグMVP:2015

ニコラ・ヨキッチはセルビア出身のプロバスケットボール選手で、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップでセルビア代表に初招集された準優勝に貢献したことを皮切りに、セルビア国内のABAリーグで頭角を現し、2016年リオデジャネイロオリンピックでも銀メダル獲得に貢献するほど、今セルビアで最も有名な選手の1人です。

身長は208センチといわゆるセブンフッターではないものの、ウィングスパンが221センチと長く、またガード並みのアシストができる選手として活躍しています。

NBAには2014年のドラフトで41位と下位でのドラフトになりましたが、2014-2015年シーズンでセルビアのABAリーグのMVPに選出されるなど、若くしてNBAへの門が開けた選手の1人となります。

更に詳しくニコラ・ヨキッチについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ヤニス・アデクトンボのプロフィール】

本名:ヤニス・アデトクンボ(Giannis Antetokounmpo)

【誕生日】1994年12月6日
【出身地】ギリシャ
【身長】211cm
【体重】100kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】34番
【ポジション】スモールフォワード

  • 2×MVP : 2019,2020
  • NBA最優秀守備選手賞 : 2020
  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2017-2020
  • オールNBAチーム
    • 2×1stチーム:2019, 2020
    • 2×2ndチーム:2017, 2018
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2×1stチーム : 2019, 2020
    • 2ndチーム:2017
  • MIP : 2017
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2014

ヤニス・アデトクンボは17歳の時にギリシャのプロバスケリーグでデビューを果たしているんです。

その後、NBAのスカウト陣の目に止まり、2013年にNBAへの道を決断しました。

1巡目15位でミルウォーキー・バックスに指名され見事NBAへの挑戦権を手にすることができました。

NBA入団当初

NBAに入団したヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCの元、新たなバスケ人生をスタートしました。

ジェイソン・キッドと言えば、引退前はNBAを代表するポイントガードとして活躍していました。

しかし、ヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCがどのような人物なのか知らなかったそうです。

始めは、ベンチ起用の時期が多く指揮官であるジェイソン・キッドに対して腹を立てていた時期もあるそうです。

そこで、ヤニス・アデトクンボはジェイソン・キッドHCについて調べました。

検索した結果、新人王受賞・NBA通算アシスト数歴代2位・通算3Pシュート成功数歴代5位など、多数のNBA記録を受賞していることを知り、キッドHCの指示に従おうと決めたそうです。

現在ではミルウォーキー・バックスでエースプレイヤーとして活躍しているヤニス・アデトクンボ。

更に詳しくヤニス・アデクトンボについて知りたい人は、プロフィール画像をクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 657 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*