【NBA選手名鑑】セルビアからのセンターガード~ニコラ・ヨキッチ~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回ご紹介する選手は、セルビア人で1995年生まれの221センチものウィングスパンを誇るビックマンのニコラ・ヨキッチ選手です。2012年にセルビアの国内リーグでプロデビューをし、2014年にNBAのデンバーナゲッツにドラフト指名された選手で、今ではデンバーナゲッツの主力選手です。

さてニコラ・ヨキッチ 選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

  

  

【ニコラ・ヨキッチのプロフィール】

本名: ニコラ・ヨキッチ (Nikola Jokic)

【誕生日】1995年2月19日
【出身地】セルビア
【身長】208cm
【体重】113kg
【所属】デンバー・ナゲッツ
【背番号】15番
【ポジション】C/PF

ニコラ・ヨキッチはセルビア出身のプロバスケットボール選手で、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップでセルビア代表に初招集された準優勝に貢献したことを皮切りに、セルビア国内のABAリーグで頭角を現し、2016年リオデジャネイロオリンピックでも銀メダル獲得に貢献するほど、今セルビアで最も有名な選手の1人です。

身長は208センチといわゆるセブンフッターではないものの、ウィングスパンが221センチと長く、またガード並みのアシストができる選手として活躍しています。

NBAには2014年のドラフトで41位と下位でのドラフトになりましたが、2014-2015年シーズンでセルビアのABAリーグのMVPに選出されるなど、若くしてNBAへの門が開けた選手の1人となります。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

  

  

【 ニコラ・ヨキッチ の記録】

【受賞歴】

  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2016
  • ABAリーグMVP:2015

2015-2016年シーズンから現在の所属チームであるデンバー・ナゲッツに所属しており、その際に4年契約を結んでいます。ルーキーイヤーであった初年度は平均10得点 、7リバウンドを記録するなど中心プレイヤーとしてチームを率いて、2015-16シーズンのNBAオールルーキーチームのファーストチームに選出されています。

2016-2017年シーズンもチームの中心選手として活躍し、6度のトリプルダブルを記録し、MIP賞では全体の2位とNBAでも成長が著しい年となりました。2017-2018年シーズンも着々とトリプルダブルの回数を重ね、 2月15日に行われたミルウォーキー・バックス戦では前半だけでトリプル・ダブルを記録する活躍を見せ、最終的に30得点、15リバウンド、キャリア・ハイの17アシストを記録しました。ちなみにこの試合でヨキッチはトリプルダブルを試合開始14分33秒で達成しており、1955年にジム・タッカーが記録した17分でのトリプル・ダブル達成を更新し、NBA史上最速の記録を樹立しました。

ところでそんなニコラ・ヨキッチ 選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

  

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

ニコラ・ヨキッチ の魅力①:アシスト

ニコラ・ヨキッチ の魅力1つ目は、アシスト力です。

身長が大きいセンターの選手はパワープレーなどが長けている分、ボールハンドリングやパスのセンスが通常低いのが一般的ですが、ヨキッチはパスセンスが抜群によく、視野も広いです。

囲まれようが、リバウンドを取ろうが、すぐにノーマークの選手を見つけてパスができます。

トリプルダブルを量産できるのも、このパスセンスのおかげと言っても過言ではないと思います。

  

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

  

【 ニコラ・ヨキッチ の魅力②:スリーポイント】

二コラ・ヨキッチ の魅力2つ目はスリーポイントです。

身長208㎝の長身と、221㎝のものウィングスパンから放たれるハイループのシュートはどんな選手であろうが届かなく、止められることがありません。

シュートホーム自体はゆっくりですが、アーチも高いのでブロックは間に合わず、また味方にスクリーンをしてからなどずれを作ってから放っているので、確立もだいぶ上がってきています。

トリプルダブルの今後の回数はスリーの精度が上がれば上がるほど増えてくること間違いないですね!

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

【 ニコラ・ヨキッチ の魅力③:サッカースキル!?

ニコラ・ヨキッチ の魅力3つ目はバスケではなくサッカースキルです。

リフティングの動画になりますが、サッカーボールよりもバスケットボールのほうが大きくリフティングはしやすいと言われているものの、このスキルはなかなかなものだと思います。

因みに日本だとバスケットボールを蹴るなど言語道断ですが、海外ではNBA選手も含めよくバスケットボールを蹴っています(笑)

作者もアメリカにいた際にバスケットボールでよくサッカーをしていました。(笑) 一種のカルチャーショックですね。(笑)

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

【 ニコラ・ヨキッチ のまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・ ニコラ・ヨキッチ のプロフィール

・ ニコラ・ヨキッチ の記録

・ ニコラ・ヨキッチ の魅力①:アシスト力

・ ニコラ・ヨキッチ の魅力②:スリーポイント

・ ニコラ・ヨキッチ の魅力③:サッカースキル

色々とニコラ・ヨキッチ 選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 314 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*