【NBAニュース】4月度月間最優秀選手にカリーとランドル、月間最優秀新人にエドワーズとフリンとが選出される

5月4日(日本時間5日)、NBAは2021年4月の月間最優秀選手(プレイヤーズオブザマンス)と月間最優秀新人(ルーキーオブザマンス)を発表しました。プレイヤーオブザマンスにはウェスタン・カンファレンスからゴールデンステート・ウォリアーズのステファン・カリーが、イースタン・カンファレンスからはニューヨーク・ニックスのジュリアス・ランドルが選出され、ルーキーオブザマンスにはウェスタン・カンファレンスからはミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズ、イースタン・カンファレンスではトロント・ラプターズのマラカイ・フリンが選出されました。

2017-18シーズン以来、通算2度目の選出となったカリーは、4月に出場した15試合でリーグ最多の平均37.3得点(フィールドゴール成功率51.8%、3ポイントショット成功率46.6%、フリースロー成功率90.8%)、6.1リバウンド、4.6アシストを記録。月間最多の206本中96本の3Pを成功させたほか、1か月間で平均35得点かつ“50-40-90”(FG成功率50%以上、3P成功率40%以上、FT成功率90%以上)を記録したNBA史上初の選手となりました、

一方でキャリア初の選出となったランドルは、4月に出場した15試合で平均27.1得点、9.0リバウンド、6.3アシストを記録し、ニックスの11勝4敗というイースタン・カンファレンス最高の成績に大きく貢献した。ニックスの選手が月間最優秀選手に選ばれたのは、2014年1月のカーメロ・アンソニー以来となりました。

4月度の最優秀新人賞の今年のドラフト1指名のエドワーズは、3月つに続き2回目の選手で平均21.6得点、5.1リバウンド、3.3アシストを記録してティンバーウルブズの8勝8敗に貢献し、この月だけで345得点、82リバウンド、53アシスト得点をマークし、2011年1月のブレイク・グリフィン以来、得点、リバウンド、アシストのすべてでここまでの数字を達成した初のルーキーとなりました。また、エドワーズは4月に今季1000得点目に到達しています。

一方、初の選出となったフリン(2020年ドラフト全体29位指名)は、4月に平均12.7得点、4.8アシスト、4.1リバウンドをマーク。13日(同14日)のアトランタ・ホークス戦で自己最多の22得点、10日(同11日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦では、20得点に加えて自己最多の11アシストを記録してキャリア初のダブルダブルを達成するなどの活躍を見せました。

原文:https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/stephen-curry-julius-randle-named-kia-nba-players-of-the-month/ay3l0wskkqlx1ku8gp1kjdfb2

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ステファン・カリーのプロフィール】

本名:ステフィン・カリー(Stephen Curry)

【誕生日】1988年3月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】192cm
【体重】86kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】30番
【ポジション】PG

NBAプレイヤーである父親のデル・カリーとバレーボール選手との母との間で生まれたカリーは、父親がプロのバスケットボール選手だったこともあり、小さい時からバスケットチームを触っていた子供でした。

高校ではカンファレンス優勝などの原動力となっていたカリーだったが、身長183㎝体重が75.5㎏だった彼に対してどのメジャー大学からも奨学金オファーを受けることができずにデビットソン大学に進学しました。

しかし大学に入ると力を存分に発揮し、NCAA内では1年生の時から注目選手となりました。身長も2年生になるころには191㎝に伸び、バスケットボールU-19世界選手権のメンバーになるなど世間にも認められ始めた転換期となりました。そしてNBAには大学3年生終了後にアーリーエントリーをして、2009年にゴールデンステート・ウォリアーズから全体7位で指名を受けました。

更に詳しくステファン・カリーについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジュリアス・ランドルのプロフィール】

Image result for julius randle

本名:ジュリアス・ランドル(Julias Randle)

【誕生日】1994年11月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】113kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】30番
【ポジション】PF

  • NBAオールスターゲーム出場 : 2021

ジュリアス・ランドルは高校時代から有名な選手で、同期ではアンドリュー・ウィギンズ、ジャバリ・パーカー、アーロン・ゴードンなど今NBAで活躍しているメンバーらと共に2013年でトップ5に位置付けられていた選手でありました。PF部門では全体の1位のランキングで2013年全体では総合2位のランキングにつくほど有名でした。しかし同時にこの時からその身体能力の高さに体が追い付いてこない部分があり、骨折をしてしまうなど故障なども絶えない部分がありました。

高校卒業時にはマクドナルドオールアメリカンやジョーダンブランドクラシックなどにも参加し、ジョーダンブランドクラシックではMVPにも輝きました。大学は数あるオファーの中からケンタッキー大学を選び、進学しました。大学では1年時からチームをNCAAチャンピオンシップに導く活躍をし、そのシーズン中に24回ものダブルダブルを記録し、デマーカス・カズンズやアンソニー・デイビスなどが保持していた大学の記録を塗り替える活躍をしました。その後1年時終了後にNBAにアーリーエントリーを行いました。

更に詳しくジュリアスランドルについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【アンソニーエドワーズのプロフィール】

本名:アンソニー・エドワーズ(Anthony Edwards)

【誕生日】2001年8月5日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】102kg
【所属】HSP高校 → ジョージア大学
【ポジション】シューティングガード

アンソニーエドワーズは、ジョージア州アトランタで育った選手です。

幼少期にはアメリカンフットボールを中心にプレーしていました。主にランニングバックやクォーターバック、コーナーバックでプレー経験があります。

10歳の頃には、国内で最高クラスのランニングバックとして有名な選手へと成長も遂げているんです。

しかし、アンソニーエドワーズは兄弟がバスケットボールをプレーしており、そのプレーを見ていたところ、アメリカンフットボールよりも楽しそうに見えたのもきっかけに中学生の頃にバスケットボールへの転向を決めました。

バスケットボールに転向すると、アメリカンフットボールでの運動能力をそのままバスケットボールに活かし、チームの中心選手へと成長。2019年のマクドナルドオールアメリカンやジョーダンブランドクラシックへと選出。全米でも有名な選手へとなっていきました。

高校卒業後はジョージア大学へと進学。ジョージア大学にてヘッドコーチを務めてるのは、トムクリーンです。トムクリーンは、マーケット大学の頃にはドウェインウェイドを育て、インディアナ大学ではビクターオラディポを育て上げています。

アンソニーエドワーズは、このトムクリーンに学ぶことで、新たな有力なウィングプレイヤーへと成長する可能性がありますね。

更に詳しくアンソニーエドワーズについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【マラカイフリンのプロフィール】

Three plays that show Toronto Raptors rookie Malachi Flynn's incredible  potential | NBA.com Canada | The official site of the NBA

本名:マラカイ・フリン(Malachai Flynn)

【誕生日】1998年5月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】79kg
【出身】サンディエゴ州立大学
【所属】トロント・ラプターズ
【ポジション】ポイントガード

7人兄弟の末っ子として生まれたマラカイ・フリンは高校時代から身長こそ小さかったもののワシントン州では有名な選手で高校卒業時には個人賞を総なめし攻撃的なPGとして君臨していました。

大学はワシントン州立大学に進学し、1年目から試合に多く出場に新人ではチームハツトナル全試合出場を果たしました。2年目もチームの中心選手として活躍し2年終了後にはサンディエゴ州立大学へと転校しました。

転向後NCAAとオーナメント規定により3年目はプレイできませんでしたが、2019-20シーズンは32試合全てに先発出場し、平均33.5分の出場で17.6得点5.1アシスト4.5リバウンドを記録した。32試合中31試合で二桁得点、残りの1試合でも9得点と安定した得点能力を発揮し、15得点以上を22回、20得点以上を9回、30得点以上を1回記録した。チームトップの得点を21試合、アシストを21試合で記録し、ほとんど全てのスタッツで自己ベストを更新しました。

シーズン後、マウンテンウェスト地区の最優秀選手と最優秀守備選手に選出されたほか、12月と3月の二度にわたってマウンテンウェスト週間最優秀選手を受賞しました。ジョン・R・ウッデン・アワードのオール-アメリカンチームや、コンセンサス・オール-アメリカン・セカンドチーム、AP通信や全米バスケットボール記者協会、全米バスケットボールコーチ協会、スポーティング・ニュース社によるオール-アメリカン・セカンドチームに選出され、その他も数々の賞を受賞し、同大学のプログラムの歴史上、最多の賞を手にしました。

NBAには2020年のNBAドラフトで1巡目29位でトロント・ラプターズから指名され、トロント・ラプターズと下部リーグのラプターズ905で活躍し、Gリーグではオール-NBA Gリーグ・セカンドチームやNBA Gリーグ・オール-ルーキー・チームにも選出されています。

About 餅つきうさぎ 688 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*