【NBA選手名鑑|デジャンテ・マレー】攻撃的ポイントガード

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回「餅つきうさぎ」がピックアップした選手は、デジャンテ・マレーを紹介します。

デジャンテ・マレーは2016年のNBAドラフトで1巡目29位でサンアントニオ・スパーズに指名された選手で、身長193㎝でありながらウィングスパンが207㎝ある攻撃型のガード選手です。前十字靭帯断裂を乗り越えてディフェンスの上手い選手としても定評のある選手です。

今回はそんなデジャンテ・マレー選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【デジャンテ・マレーのプロフィール】

San Antonio Spurs: 3 season goals for Dejounte Murray

本名:デジャンテ・マレー(Dejounte Murray)

【誕生日】1996年9月19日
【出身地】アメリカ
【身長】193cm
【体重】82kg
【出身校】ワシントン大学
【所属】サンアントニオ・スパーズ
【背番号】5
【ポジション】PG

デジャンテ・マレーは地元シアトルで名門のレイニアー・ビーチ高校に所属しており、高校卒業時にはワシントン州の最優秀選手に選出されるほどのプレイヤーでした。その後大学はワシントン大学に進学し1年生時に平均16.1得点4アシストを記録し、Pac-12のセカンドチームに選出されるなどチーム内にとどまらず注目の新人として注目されました。

その後2016年のNBAドラフトに大学1年間のみをプレーする形でアーリーエントリーを行いました。

そんなデジャンテ・マレーとはどんな選手なのでしょうか?デジャンテ・マレーの記録とともに振り返ってみましょう。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【デジャンテ・マレーの記録】

  • NBAオールディフェンシブチーム2ndチーム : 2018
  • オールPac-12セカンドチーム : 2016
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム : 2015
  • ワシントン州・Mr.バスケットボール : 2015

NBAドラフト2016年でサンアントニオ・スパーズに1巡目29位で指名されたデジャンテ・マレーはトニー・パーカーの控えとしてシーズン前半こそDリーグでプレイを積み増したが、トニー・パーカーのケガに伴い先発起用されるとキャリアハイとなる24得点を皮切りに、プレイオフでも先発ポイントガードを務めるなどチーム内でもその存在感を増していきました。

2017-18年からはトニー・パーカーに変わり先発起用を定期的にされるようになり、シーズン終了時には81試合中(48試合の先発)平均8.1得点5.7リバウンド2.9アシスト1.2スティールを記録し、NBAオールディフェンシブ2ndチームに選出されました。

2018-19年の開幕前のプレシーズンで右膝の前十字靭帯断裂の大けがをしてシーズン全休をし、翌2019-20年シーズンでは66試合(58先発)に平均25.6分の出場で、10.9得点・5.8リバウンド・4.1アシスト・1.7スティールを記録しました。その後は安定したゲームメイクと攻撃的なPGとしてチームをけん引し、2021年10月のロスアンゼルス・レイカーズ戦ではスパーズ史上初の20得点12リバウンド15アシストを記録しました。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【デジャンテ・マレーのプレー3つの魅力】

ところでそんなデジャンテ・マレー選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析を行ってみます。

デジャンテ・マレー の魅力①:ドライブ】

デジャンテ・マレーの1つ目の魅力は、ドライブです。

デジャンテ・マレーの魅力はリングに向かっていくドライブです。身長は193㎝と大きくないですが、リングにアタックししながら相手ディフェンダーに体を当てながらシュートコースを作って得点を入れることを得意としています。またスティールからのダンクなども多く、ペイントエリア内での得点を得意としている選手です。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【デジャンテ・マレーの魅力②:ディフェンス】

デジャンテ・マレーの2つ目の魅力は、ディフェンスです。

デジャンテ・マレーの魅力は身長193㎝で細いボディラインでありながら確りとコースに入ってディフェンスするディフェンスが魅力です。またパスカットやスティールも得意で、相手がパスやドリブルをしたピンポイントを狙ってスティールをすることが出来る選手で、チームを救うプレーを量産します。

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

【デジャンテ・マレーの魅力③:メンタル】

デジャンテ・マレーの3つ目の魅力は、メンタルです。

デジャンテ・マレーは2016年にサンアントニオ・スパーズから指名されメインガードとして活躍し始めたキャリア3年目のプレシーズンマッチで前十字靭帯断裂を経験しシーズン全休を味わいました。その後リハビリを経てNBAに戻ってきて活躍をしていますが、怪我があったからこそ、人一倍努力をしてNBAに戻ってきています。そのメンタルはプレーの随所にでており、プレイだけではなくチームの支えの中心となっています。

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

【デジャンテ・マレーのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・デジャンテ・マレーのプロフィール

・デジャンテ・マレーの記録

・デジャンテ・マレーの魅力①:ドライブ

・デジャンテ・マレーの魅力②:ディフェンス

・デジャンテ・マレーの魅力③:メンタル

色々とデジャンテ・マレーについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後も「餅つきうさぎ」はいろいろな選手をご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 783 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*