【NBAニュース】第21週の週間最優秀選手が選出

ドンチッチとデュラントが21週の優秀選手に選出

3月14日(日本時間15日)NBAが2021-22シーズン第21週の週間最優秀選手が発表されました。ウェスタン・カンファレンスからはダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが選出され、イースタン・カンファレンスからはブルックリン・ネッツのケビン・デュラントが選出されました。

ドンチッチは3勝1敗だったマーベリックスで、先週1週間で平均30.5得点、11.0リバウンド、6.3アシストを記録しチームをけん引しました。42勝26敗のマーベリックスは、ウェストの5位につけています。

一方でデュラントは3勝0敗だったネッツで先週平均30.7得点、7.7リバウンド、7.7アシストをマークしました。13日(同14日)のニューヨーク・ニックス戦では、今季自己最多の53得点をあげておりチームをけん引し、35勝33敗でネッツはイーストの8位となっています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ルカ・ドンチッチのプロフィール】

本名:ルカ・ドンチッチ(Luka Dončić)

【誕生日】1999年2月28日
【出身地】スロベニア
【身長】203cm
【体重】103kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】77番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

  • NBAオールスターゲーム出場:2020-22
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2020,2021
  • 新人王 : 2019
  • NBAオールルーキーチーム
    • 1stチーム : 2019

当時、ルカ・ドンチッチは13歳という若さでプロバスケチームと契約を果たした選手なんです。レアル・マドリードとの契約後は、チームの予備チームでプレーをしていました。正式にレアル・マドリードの選手としてデビューを果たしたのは16歳。実に若い年齢の時点でのプロ選手デビューを達成している選手です。

ヨーロッパのレアルマドリードでのプロバスケ選手を経験後、NBAへのドラフトを表明。見事、NBAドラフト2018において全体3位指名でNBA入りを果たすことになりました。

さらにルカ・ドンチッチについてさらに知りたい人は、こちらの記事もご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ケビン・デュラントのプロフィール】

Kevin Durant confirms he won't return for NBA restart | NBA.com

本名:ケビン・デュラント(Kevin Durant)

【誕生日】1988年9月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】7番
【ポジション】スモールフォワード
【ウィングスパン】225㎝
【足のサイズ】39㎝

KDことケビン・デュラントはアメリカのワシントンDC出身のバスケットボール選手で、テキサス大学のころから1年生で個人タイトルを総なめにし、2007年にNBAドラフトにてシアトルスーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)に入団しました。

206㎝という長身にもかかわらず、センターではなくスモールフォワードをこなす万能プレイヤーでウィングスパンは驚異の225㎝あります。

足のサイズもあまり表沙汰にはなりませんが39㎝あります。

どーでもいい話ですが、著者の足のサイズも31㎝と日本人の中ではずば抜けてでかいほうですが、本当に靴の置き場に困ったり、満員電車で足を踏まれたりと踏んだり蹴ったりです。笑

更に詳しくにケビン・デュラントついて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 953 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*