【NBAニュース】ゴールデンステートウォリアーズがESPY賞2022を席捲

7月20日(日本時間21日)にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたESPN主催の『ESPY賞』授賞式で、2022年のNBA王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは、フランチャイズ史上2度目となる(前回は2017年)ベストチーム賞(Best Team)に輝きました。

またゴールデン・ステートウォリアーズのリーダーのステフィン・カリーは、最優秀NBA選手賞(Best NBA Player)と最優秀記録更新パフォーマンス賞(Best Record-Breaking Performance)を、クレイ・トンプソンは最優秀復帰選手賞(Best Comeback Athlete)を受賞しています。

1993年に創設されたESPY(Excellence in Sports Performance Yearly Award/スポーツ・パフォーマンスの年間最優秀賞)は、スポーツ界で優れたパフォーマンスを見せた選手やチームなどを称えて贈られるもので、スポーツ界のアカデミー賞とも言われています。

ウォリアーズは、過去8シーズンで6度目のウェスタン・カンファレンス優勝と4度目のNBAチャンピオンシップを獲得したことでベストチーム賞を受賞しており、且つウォリアーズはボストン・セルティックスとロサンゼルス・レイカーズと並んで、7つ以上のタイトルを獲得したNBAフランチャイズチームとなっています。

カリーが最優秀NBA選手賞を受賞するのは2015年に続き今回が2度目で、最優秀記録更新パフォーマンス賞は初めての受賞しています。カリーは、ウォリアーズを過去8シーズンで4回目のNBA優勝に導き、ファイナルでは1試合平均37.5分の出場で、31.2得点、6.0リバウンド、5.0アシスト、2.00スティールの活躍を見せて、2022年のビル・ラッセルNBAファイナル最優秀選手賞(ファイナルMVP)を受賞しています。

トンプソンは、複数の怪我による941日間の欠場を経て2021-22シーズンの途中で復帰し、最優秀復帰選手賞に輝きました。1月9日(同10日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦で復帰したトンプソンは、17得点を記録してチームの勝利に貢献しておりそれ以降、レギュラーシーズンでは32試合で1試合平均20.4得点、3.9リバウンド、2.8アシストをマークし、ポストシーズンでは22試合で1試合平均19.0得点、3.9リバウンド、2.3アシスト、1.1スティールを記録しています。

NBA以外では、MLB(メジャーリーグベースボール)のロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が最優秀男性選手賞と最優秀MLB選手賞の2冠を達成しており、日本人が最優秀男性選手賞を受賞したのはこれが初めての快挙となりました。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ゴールデンステートウォリアーズとは?】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20181003ウォリアーズ.png です

まずはゴールデンステイト・ウォリアーズのチームプロフィールです。

チーム名 : ゴールデンステイト・ウォリアーズ

【創設】1946年
【本拠地】カリフォルニア州オークランド
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・黄・白

オークランドを本拠地として活動しているゴールデンステイト・ウォリアーズ。

チーム発足時はフィラデルフィアに本拠地を置いていました。

その後、1962年にカリフォルニアサンフランシスコに本拠地を移転し、1972年なると現在のオークランドへと本拠地を構えるようになったのです。

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ステファン・カリー】

本名:ステファン・カリー(Stephen Curry)

【誕生日】1988年3月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】192cm
【体重】86kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】30番
【ポジション】PG

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • MVP : 2015, 2016
  • 7×NBAオールスターゲーム出場 : 2014-2019, 2021
  • オールNBAチーム4×1stチーム : 2015, 2016, 2019,2021
  • 2×2ndチーム : 2014, 2017
  • 3rdチーム : 2018
  • 2×得点王 : 2016, 2021
  • スティール王 : 2016
  • 50-40-90クラブ : 2016
  • フリースロー成功率1位 : 2011, 2015, 2016, 2018
  • 2×NBAスリーポイント・コンテスト優勝 : 2015, 2021
  • NBAスキルチャレンジ優勝 : 2011
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム : 2010
  • NBAスポーツマンシップ賞 : 2011

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:クレイト・ンプソン】

本名:クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

【誕生日】1990年2月8日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】11番
【ポジション】シューティングガード

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2015-2019
  • オールNBAチーム
    • 2×3rdチーム:2015, 2016
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム : 2019
  • NBAスリーポイント・シュートアウトコンテスト優勝:2016
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:アンドリュー・ウィギンズ】

Don't forget about Andrew Wiggins, a crucial component to Warriors'  potential return to title contention - CBSSports.com

本名:アンドリュー・ウィギンス(Andrew Wiggins)

【誕生日】1995年2月23日
【出身地】カナダ
【身長】203cm
【体重】92kg
【出身校】カンザス大学
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】22番

  • 新人王:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2015
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP:2015

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ドレイモンド・グリーン】

本名:ドレイモンド・グリーン(Draymond Green)

【誕生日】1990年3月4日
【出身地】アメリカ合衆国ミシガン州
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】23番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード
【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • スティール王:2017
  • 3×NBAオールスターゲーム出場:2016-2018
  • NBA最優秀守備選手賞:2017
  • オールNBAチーム2ndチーム:2016
  • 3rdチーム:2017
  • NBAオールディフェンシブチーム4×1stチーム:2015-2017, 2021
  • 2×2ndチーム : 2018, 2019
  • Big Ten最優秀選手賞 : 2012
  • Big Tenオールファーストチーム : 2012
  • 2×Big Tenオールサードチーム : 2010, 2011
  • Big Tenオールディフェンシブチーム : 2012
  • Big Tenシックスマン賞 : 2010
  • Big TenトーナメントMVP : 2012
  • No.23 ミシガン州立大学永久欠番

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ジェームス・ワイズマン】

James Wiseman Injury Update - 2/1/21 | Golden State Warriors

本名:ジェームス・ワイズマン(James Wiseman)

【誕生日】2001年3月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】216cm
【体重】109kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【ポジション】C

  • モーガン・ウッテン賞 : 2019
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 : 2019
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2019
  • ジョーダン・ブランド・クラシック : 2019
  • ナイキ・フープサミット : 2019
About 餅つきうさぎ 922 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*