【NBA選手名鑑】アスリート家の逸材!~アンドリュー・ウィギンス~

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は2014年にNBAドラフト1巡目1位でNBAデビューを飾った、若干23歳の新人王であるアンドリュー・ウィギンス選手をご紹介します。

元NBA選手の父と元オリンピアンの母を持つアスリート一家で育ったアンドリュー・ウィギンスは13歳の時にはダンクをしていたそうです。

 

さてアンドリュー・ウィギンス選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスのプロフィール】

Image result for アンドリューウィギンズ

本名:アンドリュー・ウィギンス(Andrew Wiggins)

【誕生日】1995年2月23日
【出身地】カナダ
【身長】203cm
【体重】92kg
【出身校】カンザス大学
【所属】ミネソタ・ティンバーウルブズ
【背番号】22番
【ポジション】SF/SG

 

アンドリュー・ウィギンスは元NBA選手の父と、トラック&フィールドの元オリンピアンであった母というアスリート一家で生まれました。9歳の時には身長が170センチを超えており、13歳の時にはダンクをしていたといわれています。ちなみに14歳の時には身長が198㎝と大柄な選手でした。高校生の時にカナダからアメリカのウエストバージニア州に転校しました。

大学は多くのオファーがあった中奨学金のオファーがあったカンザス大学へと進学しました。2014年1月には1年生ながら17得点、19リバウンドを記録し、その後同年の3月には1人で41得点を記録するなどフレッシュマンでありながら多くの注目を集めました。1年生終了時にはNBAへアーリーエントリーを行い、2014年のNBAドラフト1巡目1位でクリブランド・キャバリアーズに指名されました。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスの記録】

【受賞歴】

  • 新人王:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2015
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP:2015

 

2014年のNBAで1巡目1位で指名されたアンドリュー・ウィギンスでしたが、直ぐにトレードとしてミネソタ・ティンバーウルブスにケビン・ラブとトレードされました。ルーキーシーズンには全試合に出場し平均16.9得点4.6リバウンドの成績を残し新人王となりました。その後もチームの中心選手として活躍を続け、2016-2017年にはキャリアハイとなる47得点を記録しました。2017-2018年シーズンには契約を更新し、5年1億4800万ドルの大型契約を締結しました。

 

ところでそんなアンドリュー・ウィギンス選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスの魅力①:ダンク

アンドリュー・ウィギンスの魅力1つ目は、オフェンス力です。

その中でも注目すべきはダンクですね。

身長は203㎝とセブンフッターとまでとはいきませんが、確実なダンクをこなします。

 

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスの魅力②:決定力】


アンドリュー・ウィギンスの魅力2つ目は決定力です。

中でも試合を決めるクラッチシュートを決める力はNBA内でもトップレベルといっても過言ではないと思います。

いいところで試合を決めれる選手はかっこいいですね!!

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスの動画

アンドリュー・ウィギンスの2017-2018年動画をご紹介します。

アンドリュー・ウィギンスの昨シーズンのプレーがまとまっています。

ぜひ確認してみてください。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【アンドリュー・ウィギンスのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

・アンドリュー・ウィギンスのプロフィール

・アンドリュー・ウィギンスの記録

・アンドリュー・ウィギンスの魅力①:ダンク

・アンドリュー・ウィギンスの魅力②:決定力

・アンドリュー・ウィギンスの動画

 

色々アンドリュー・ウィギンス選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 222 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*