【NBAニュース】NBAオールスター2024 ヤングとバーンズがエンビードとランドルに代わりオールスター出場へ

NBAは2月6日(日本時間7日)、トロント・ラプターズのスコッティー・バーンズとアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングが、イースタン・カンファレンスの一員としてNBAオールスターゲーム2024に出場すると発表しました。コミッショナーのアダム・シルバーが、負傷者であるジョエル・エンビードとジュリアス・ランドルに代わる選手として選出しています。

今回欠場となるエンビード(左ひざ外側半月板)とランドル(右肩脱臼)はそれぞれスターター、リザーブとしてオールスターゲームに選出されており、イーストを率いるミルウォーキー・バックスのドック・リバース・ヘッドコーチが、リザーブ選手の中からエンビードに代わるスターターを選ぶ形となります。

第73回NBAオールスターゲームは、2月18日(同19日)にインディアナ州インディアナポリスにあるインディアナ・ペイサーズの本拠地ゲインブリッジ・フィールドハウスで行われます。

2021-2022シーズンの新人王に輝いたバーンズは、初のオールスター選出となります。今季が3シーズン目のバーンズは、ここまで50試合に出場し、平均35.3分間のプレイで自己最多の20.2得点、8.1リバウンド、5.8アシスト、1.48ブロック、1.24スティールを記録しています。

今季のNBAで1000得点&400リバウンド&250アシスト&50ブロック&50スティール超を達成したオールスター選手は、バーンズのほかにミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボしかいない記録となっています。また、バーンズは今季すでに3ポイントショット成功(95)で自己最多を記録しており、3P成功率36.5%も自己最高の数字となっています。

一方、今季が6シーズン目のヤングは3回目のオールスター選出となります。今季は45試合に出場し、平均36.6分間のプレイで27.3得点、自己最多10.9アシスト、1.47スティールを記録しています。直近の東地区の週間最優秀選手に選ばれたヤングは、現在得点でリーグ8位、アシストで同2位、スティールと平均出場時間で同7位、3P成功(154)で同4位につけています。

さらにヤングは過去2シーズン連続でアシスト数がリーグトップで今季もNBA最多の490アシストをマークしています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版

Contents

【トレー・ヤングのプロフィール】

本名:トレー・ヤング(Trae Young)

【誕生日】1998年9月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】188cm
【体重】82kg
【出身校】アトランタ・ホークス
【背番号】11番
【ポジション】ポイントガード

  • 2× NBAオールスター (2020, 2022)
  • オールNBAサードチーム (2022)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2019)
  • オールアメリカン・コンセンサスファーストチーム (2018)
  • ウェイマン・ティスデイル賞 (2018)
  • オールビッグ12ファーストチーム (2018)
  • ビッグ12新人王 (2018)
  • NCAAシーズン得点王 (2018)
  • NCAAシーズンアシスト王 (2018)
  • マクドナルド・オール・アメリカン (2017)

高校・大学共に地元オクラホマの学校に進学したトレーヤング。

トレーヤングの父親はテキサス工科大でプレーし、ヨーロッパでもプロ選手としてキャリアを積んでいたそうです。父親の影響もあり、幼少期よりバスケに慣れ親しんでいたそうです。

オクラホマ大学では、主力のポイントガードとして活躍。1試合平均25得点近い得点力に加え、10アシストのスタッツを残す試合もありました。

オクラホマ大学で経験を積んだのち、NBAへのアーリーエントリーを表明。NBAドラフト2018において、5位指名でNBA入りを果たしました。

さらに詳しく、トレー・ヤングについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【スコッティ―・バーンズのプロフィール】

What Gives Scottie Barnes His Edge? We Ask the Raptors Rookie | Complex CA

本名:スコッティ・バーンズ(Scottie Barnes)

【誕生日】2001年7月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】103kg
【所属】トロント・ラプターズ
【ポジション】パワーフォワード/スモールフォワード

スコッティバーンズは、アメリカ合衆国フロリダ州で育った選手です。

冒頭にも取り上げたようにスコッティバーンズは世代別のアメリカ代表を経験しているプレイヤーの1人となっています。

高校時代はモントバードアカデミーにてNBAドラフト2021指名候補にも挙がっているケイドカニングハムと強力なデュオコンビとして活躍していた経験も持っています。互いにオールラウンダーの才能を持っていたケイドカニングハムとスコッティバーンズはコート内でお互いのできる部分とできない部分を補いながらチームの勝利に貢献もしていました。

高校時代の高校成績の影響もあり両選手共にアメリカの三大オールスターゲームでもあるマクドナルドオールアメリカン・ジョーダンブランドクラシック・ナイキフープサミットへ選出されています。

更に詳しくスコッティ・バーンズについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1250 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*