【NBAニュース】NBAオールスター2024年が閉幕

2月19日(現地18日)、3日間に渡って開催されてきたNBAオールスターウィークエンド2024のフィナーレとして、NBAオールスターゲームが開催されました。

地元開催のハリバートンが5本連続で3Pショット成功から始まったオールスターゲームは、第1クォーターからイーストの3Pショット攻勢が止まらりませんでした。リラードも高確率で3Pショットを成功させ、前半だけで3Pショット6本成功しチーム全体でも22本の3Pショットを成功し、104-89とイーストリードで前半を折り返しました。

後半に入っても、イーストの勢いは止まらず、第4Q終盤に、ハリバートンのこの試合9本目の3Pショットが決まり、史上初の200点越えを記録しました。イーストのラストポゼッションでは、リラードが圧巻のロゴ3Pショットを炸裂させ、3Pコンテスト連覇の実力を遺憾なく発揮しました。最終スコアは、ウェストもタウンズが50得点を記録するも、211-186でイーストがウェストに勝利しました。

オールスターMVPは3Pショット11本を含む39得点をマークしたリラードが選出されており、3Pショット10本を決め、32得点をマークしたハリバートンは惜しくもオールスターMVPを逃した形になりました。

Contents

NBAオールスターゲーム スコア

 1Q2Q3Q4Q合計
ウェスト47424750186
イースト53515651211

イースト

  • デイミアン・リラード:39得点、3リバウンド、6アシスト
  • タイリース・ハリバートン:32得点、7リバウンド、6アシスト
  • ジェイレン・ブラウン:36得点、8リバウンド、3アシスト

ウェスト

  • カール・アンソニー・タウンズ:50得点、8リバウンド、3アシスト
  • シェイ・ギルジャス・アレクサンダー:31得点、4リバウンド、6アシスト
  • ケビン・デュラント:18得点、5リバウンド、5アシスト

NBAオールスターゲーム2024 ロスター

イースタン・カンファレンス

スターター(先発)

  • ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
  • バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)
  • ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)
  • タイリース・ハリバートン(インディアナ・ペイサーズ)
  • デイミアン・リラード(ミルウォーキー・バックス)

リバーブ(控え)

  • パオロ・バンケロ(オーランド・マジック)
  • ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティックス)
  • ジェイレン・ブランソン(ニューヨーク・ニックス)
  • ドノバン・ミッチェル(クリーブランド・キャバリアーズ)
  • タイリース・マクシー(フィラデルフィア・76ers)
  • トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)
  • スコッティ・バーンズ(トロント・ラプターズ)

負傷欠場

  • ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
  • ジュリアス・ランドル(ニューヨーク・ニックス)

ヘッドコーチ

  • ドック・リバース(ミルウォーキー・バックス)

ウェスタン・カンファレンス

スターター(先発)

  • レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)
  • ケビン・デュラント(フェニックス・サンズ)
  • ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)
  • ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)
  • シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(オクラホマシティ・サンダー)

リバーブ(控え)

  • デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)
  • ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  • アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)
  • アンソニー・エドワーズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
  • ポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)
  • カワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ
  • カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)

ヘッドコーチ

  • クリス・フィンチ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/ウェスト)

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【NBAオールスターMVP:デイミアン・リラード】

NBA Rumors: Bucks Get Blazers' Damian Lillard In Trade Scenario

本名:デイミアン・リラード(Damian Lillard)

【誕生日】1990年7月15日
【出身地】アメリカ合衆国 カリフォルニア州
【身長】191cm
【体重】88kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】0番
【ポジション】ポイントガード

  • 6×NBAオールスターゲーム出場 : 2014, 2015, 2018-2021
  • 新人王 : 2013
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2013
  • 2×NBAスキルチャレンジ優勝 : 2013, 2014
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2018
    • 3×2ndチーム : 2016, 2019, 2020
    • 3rdチーム : 2014
  • オールアメリカンサードチーム – AP、NABC(英語版) : 2012
  • 2×ビッグスカイ年間最優秀選手(英語版) : 2010, 2012
  • ビッグスカイフレッシュマン・オブ・ザ・イヤー : 2009
  • 3×オールビッグスカイファーストチーム : 2019, 2010, 2012
  • No.1 ウィーバー州立大学永久欠番

デイミアン・リラードは、ウィーバー州立大学を卒業後、2012NBAドラフトにおいて6位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団を果たしました。

またデイミアン・リラードは、NBAドラフトにアーリーエントリーはしておらず、ウィーバー州立大学で4年間プレーした後、NBA入りをしている選手です。

2012-2013NBAシーズンのデビュー戦では、23得点11アシストといきなりのダブルダブルを記録しています。

ルーキーシーズンから活躍の場を広げていったデイミアン・リラードは、2013NBA新人王も獲得することになりました。しかも、NBA史上4人目となる満票での獲得となっています。

さらにデイミアン・リラードの魅力について知りたい人は、こちらの記事もご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1273 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*