【NBAニュース】2023-24年シーズン2月の月間最優秀選手選手が選出

Contents

セルティックスのテイタムとマブスのドンチッチが2023-24年シーズン2月の月間最優秀選手に選出

3月4日(日本時間5日)、NBAが2023-2024シーズンの2月の月間最優秀賞を発表しました。月間最優秀選手賞には、ウェスタン・カンファレンスからダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、イースタン・カンファレンスからボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが選出されています。

ドンチッチは8勝3敗だったマーベリックスで、平均33.4得点、9.6リバウンド、10.3アシスト、1.8スティールを記録しましたた。11試合のうち8試合で30得点超、3試合で40得点超を達成しており、トリプルダブルも2回達成しています。マーベリックスは34勝27敗で西地区の8位についています。

一方、2月初戦で敗れたものの、その後は9連勝を飾ったセルティックスのテイタムは、平均27.2得点、8.9リバウンド、6.7アシストを記録しています。3試合で30得点超を達成し、2月13日(同14日)のブルックリン・ネッツ戦では41得点をマークしています。2月9日(同10日)のワシントン・ウィザーズ戦では35得点、10リバウンド、8アシストとトリプルダブルに迫っており、セルティックスは48勝12敗で東地区とリーグのトップに立っています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ジェイソン・テイタムのプロフィール】

本名:ジェイソン・テイタム(Jayson Tatum)

【誕生日】1998年3月3日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】93kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】0番
【ポジション】スモールフォワード

  • 3×NBAオールスター (2020-2022)
  • NBAイースタン・カンファレンスファイナルMVP (2022)
  • オールNBAファーストチーム (2022)
  • オールNBAサードチーム (2020)
  • NBAオールルーキー・ファーストチーム (2018)
  • NBAスキルチャレンジ優勝 (2019)
  • ACCオールサードチーム (2017)
  • マクドナルド・オール・アメリカン (2016)
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 (2016)

ジェイソンテイタムの生い立ちを見ていこうと思います。

ジェイソンテイタムは高校時代、チャミネード高校に在籍し、3年生の時には、全米屈指のオールラウンダーとして名を広めていきました。

高校卒業後はアメリカの名門デューク大学に進学を果たしました。進学後、足の怪我で出遅れはしたものの、スタメンに定着し1年間プレーしました。

ジェイソンテイタムはデューク大学にて1年間プレーをした後は、アーリーエントリーでNBA入団をを決意しました。

そしてNBAドラフト2017で全体3位指名を受けてセルティックスに入団を果たしました。

更に詳しくジェイソンテイタムについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ルカ・ドンチッチのプロフィール】

本名:ルカ・ドンチッチ(Luka Dončić)

【誕生日】1999年2月28日
【出身地】スロベニア
【身長】203cm
【体重】103kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】77番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

  • 4× NBAオールスター (2020-2023)
  • 4× オールNBAファーストチーム (2020-2023)
  • NBA新人王 (2019)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2019)
  • ユーロリーグチャンピオン (2018)
  • ユーロリーグMVP (2018)
  • ユーロリーグファイナルフォーMVP (2018)
  • オールユーロリーグファーストチーム (2018)
  • 2× ユーロリーグライジングスター (2017, 2018)
  • ユーロリーグ2010-20オールディケイドチーム (2020)
  • ユーロスカー年間最優秀選手 (2019)
  • 3× リーガACBチャンピオン (2015, 2016, 2018)
  • リーガACBMVP (2018)
  • オールリーガACBファーストチーム (2018)
  • 2× ACBベスト・ヤング・プレーヤー (2017, 2018)
  • 3× ACBオールヤング・プレーヤー・チーム (2016-2018)
  • 2× スペイン国王杯優勝 (2016, 2017)
  • スポーツ・イラストレイテッド・パーソン・オブ・ザ・イヤー (2019)
  • 2× トロフェオ・コスタ・デ・ソル・チャンピオン (2016, 2017)
  • FIBAインターコンチネンタルカップチャンピオン (2015)
  • EBネクストジェネレーション・トーナメントチャンピオン (2015)
  • EBネクストジェネレーション・トーナメントMVP (2015)
  • スロベニア・スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤー (2018)

ルカ・ドンチッチがヨーロッパのプロバスケチームであるレアル・マドリードと契約したのは2012年。当時、ルカ・ドンチッチは13歳という若さでプロバスケチームと契約を果たした選手なんです。

レアル・マドリードとの契約後は、チームの予備チームでプレーをしていました。

正式にレアル・マドリードの選手としてデビューを果たしたのは16歳。実に若い年齢の時点でのプロ選手デビューを達成している選手です。

ヨーロッパのレアルマドリードでのプロバスケ選手を経験後、NBAへのドラフトを表明。

見事、NBAドラフト2018において全体3位指名でNBA入りを果たすことになりました。

更に詳しくルカ・ドンチッチについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1273 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*