【テーピング活用法】~実践・手指編~

【テーピング活用法】~実践・手指編~

スポーツ選手であれば一度は怪我をしてテーピングをしたことはあるのではないでしょうか?そこで今回は、テーピングを使った固定方法と、逆にテーピング使うことで筋肉の動きをサポートするファシリテーター的な役割をする2つのテーピングのやり方について簡単にご案内します。随時テーピングのやり方などはリンクをはって飛びやすくしていくので活用してください。是非テーピングをマスターして使ってください。

 

【手・指の構造】

 

手は人間の体の中で最も繊細な部分であり、多くの関節を速く細かく動かすため、筋肉や腱そのものより、腱を固定する腱鞘にトラブルを起こしやすいともいわれています。

 

【指を伸ばすと痛いとき】

いわゆる突き指の時に行われるテーピングになります。主に第2関節の靭帯を損傷することが多いです。

 

【親指を伸ばすと痛いとき】

指を手のひらに側に曲げた状態で、ボールを補給しそこなったり、地面に指をつくいたりとすることで起きます。

 

【手首を曲げると痛いとき】

手を甲側に反らせた状態で地面に手をつくなど手首の靭帯を損傷した時によく使われるテーピング方法になります。

 

【まとめ】テーピング活用法~実践・足編~

テーピングはスポーツをしていて切っても切り離せないものだと思います。一番は怪我をしないことが一番ですが、怪我をしないようにするためにもテーピングを活用して怪我をしない、怪我をしたとしてもすぐに直せるアスリートになりましょう。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 266 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*