【2023年ドラフト】大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手は??パート2

NBA2022-23年シーズンのプレイオフも始まり、白熱した試合が続いていますが、今回は2023-24年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2023年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手パート2」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2023年ドラフト候補選手パート2を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・オーサー・トンプソン

・アンソニー・ブラック

・グレイディ・ディック

・ラヤン・ルパート

・GG・ジャクソン

大胆予想第1弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【NBAドラフト2023候補:オーサー・トンプソン】

本名:オーサートンプソン(Ausar Thompson)

【誕生日】2003年1月30日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】94kg
【所属】オーバータイムエリート(OTE)
【ポジション】シューティングガード

オーサートンプソンはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

オーサートンプソンは、双子の兄エイメントンプソンと一緒に、フロリダ州フォートローダーデールのパイン・クレスト・スクールに通っていました。高校2年生の時に、1試合あたり平均で22.6点・7.2リバウンド・3.4アシストを記録していました。

オーサートンプソンは兄弟のエイメントンプソン同様にオーバータイムエリート(OTE)のシティ・リーパーズというチームとの契約を果たしました。NCAAの大学への進学はせずに新たに新設されたバスケットボールリーグにてプレー経験を積み、NBAドラフトへの選出を目指している選手となっています。

さらに詳しくオーサートンプソンについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2023候補:アンソニー・ブラック】

本名:アンソニー・ブラック(Anthony Black)

【誕生日】2004年1月20日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】90kg
【所属】アーカンソー大学
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

アンソニーブラックはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

アンソニーブラックは、テキサス州ダンカンビルで育ち、最初にコッペル高校に入学しました。高校3年生の時には1試合平均16.3得点・6.8リバウンド・3.5アシスト・2スティールという好成績を挙げ、地域の優秀選手のセカンドチームに選ばれました。

高校4年生になる前に、テキサス州ダンカンビルのダンカンビル高校に転入しました。アンソニーブラックは、選手としての資格に問題があったため、転入したシーズンは15試合しか出場できませんでしたが、1試合平均13.5得点・5.8リバウンド・4.0アシスト・2.2スティールを記録しました。

アンソニーブラックは、5つ星の逸材とされ、ゴンザガ大学、オクラホマ州立大学、テキサス・クリスチャン大学(TCU)からのオファーを比較検討した結果、アーカンソー大学で大学バスケをすることを決めました。さらに、NBAの下部リーグであるGリーグでプロ選手としてプレーすることも考えていました。

アンソニーブラックはアーカンソー大学に入学し、1年生からガードのスターターとしてプレーしました。さらに、2023年のNBAドラフトで1巡目指名の可能性がある選手としてシーズンを迎えました。

アンソニーブラックは、2022年のマウイ・インビテーショナル・トーナメントで3試合で平均22得点をあげ、南東部カンファレンス(SEC)の1週間の最優秀新人選手に選ばれました。そして、レギュラーシーズンが終わった時点で、SECの新人選手チームにも名前が載りました。

さらに詳しくアンソニーブラックについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2023候補:グレイディ・ディック】

本名:グレイディ・ディック(Gradey Dick)

【誕生日】2003年11月20日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】93kg
【所属】カンザス大学
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

グレイディディックはアメリカ合衆国カンザス州で育ったバスケットボール選手です。

高校時代より得点能力に長けた選手となっており、高校4年時には1試合平均で18得点を記録しています。4年時の功績も評価され、マクドナルドオールアメリカンやナイキフープサミットにも選出されています。2022年には各州の最優秀選手に送られるゲータレード年間最優秀選手賞にも輝いています。

高校2年時にの時点でカンザス大学、アイオワ州立大学、ベイラー大学などからのオファーを受けており、3年目のシーズンにはアメリカの有力サイトから最高峰の評価を得るほどの選手へと成長を遂げていきました。

高い評価を得ていたこともあり、フロリダ大学やイリノイ大学などからもオファーを受けていましたが、2021年3月3日に自身の地元でもあるカンザス大学への進学を決定しました。

さらに詳しくグレイディ・ディックについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2023候補:ラヤン・ルパート】

本名:ラヤン・ルパート(Rayan Rupert)

【誕生日】2004年5月31日
【出身地】フランス
【身長】199cm
【体重】87kg
【所属】ニュージーランドブレイカーズ
【ポジション】シューティングガード

ラヤンルパートはフランスで育ったバスケットボール選手です。

ラヤンルパートは、フランスのINSEPアカデミーを卒業した後、2019年から2021年までフランスのCentre Fédéral(センターフェデラル)にてプレーしました。2021-2022シーズンには、Pôle France(ポールフランス)でNM1リーグに参戦しました。

その後、2022年6月10日に、ニュージーランド・ブレイカーズと契約し、2022-23シーズンにNBLでプレーすることになりました。

ラヤンルパートのバスケットボールへの情熱は家族からも受け継がれており、父親のティエリールパートは、かつてフランス代表チームのキャプテンでEuroLeague(ユーロリーグ)でプレーしていた選手です。また、妹のイリアナルパートは、2021年のWNBAドラフトで全体12位に指名された選手でもあります。

さらに詳しくラヤン・ルパートについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:GG・ジャクソン】

本名:GGジャクソン(G.G.Jackson)

【誕生日】2004年12月17日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】98kg
【所属】サウスカロライナ大学
【ポジション】パワーフォワード

GGジャクソンはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

GGジャクソンはアメリカの大学バスケットボールにて、サウスカロライナ大学のゲームコックスに所属しており、SEC(サウスイースタン・カンファレンス)でプレーしていました。

GGジャクソンは2004年12月17日生まれで、サウスカロライナ州コロンビアで育ちました。高校時代はRidge View高校に通い、素晴らしい成績を収め、南カロライナ州のバスケットボールのゲータレード選手賞を受賞しています。

高校卒業のタイミングで5つ星のリクルート評価を受け、2023年のリクルーティングクラスで最高のカレッジ進学候補者とされていました。GGジャクソンは当初、北カロライナ大学(UNC)への進学を決めていましたが、後にUNCから離れ、サウスカロライナ大学に進学することを選びました。GGジャクソンの進学は、サウスカロライナ大学史上最高ランクのリクルートであるとされています。

大学バスケのキャリアでは、サウスカロライナ大学でパワーフォワードとしてプレーしており、2022-2023シーズンではチームの主要なスコアラーとして活躍し、NBAドラフト2023への参加表明をしました。

また、GGジャクソンは2022年にFIBA U-18アメリカ選手権でアメリカのU-18代表チームでプレーしました。

さらに詳しくGG・ジャクソンについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2023候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2023候補:オーサー・トンプソン
●NBAドラフト2023候補:アンソニー・ブラック
●NBAドラフト2023候補:グレイディ・ディック
●NBAドラフト2023候補:ラヤン・ルパート
●NBAドラフト2023候補:GG・ジャクソン

今回はNBAドラフト2023候補パート2を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2023にも注目してみてください!

大胆予想第1弾、大胆予想第3弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

About 餅つきうさぎ 1295 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*