【NBAニュース】2023-24年シーズン3月の月間最優秀選手選手が選出

Contents

ニックスのブランソンとマブスのドンチッチが2023-24年シーズン3月の月間最優秀選手に選出

4月2日(日本時間3日)、NBAが2023-2024シーズンの3月の月間最優秀賞を発表しました。月間最優秀選手賞には、ウェスタン・カンファレンスからダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、イースタン・カンファレンスからニューヨーク・ニックスのジェイレン・ブランソンが選出されています。

ドンチッチは11勝4敗だったマーベリックスで、平均30得点超のトリプルダブルを達成しました(32.5得点、10.1リバウンド、10.1アシスト)。月間平均30得点超のトリプルダブル達成は自身2回目となり、NBAの歴史でほかにはオスカー・ロバートソン(5回)とラッセル・ウェストブルック(2回)しか達成していない快挙となります。また、2か月連続の月間最優秀選手賞は、マーベリックスの球団史上初となり、同一シーズンでの複数回受賞も、マーベリックスでは殿堂入りしているダーク・ノビツキー以来2人目となりました。

一方、ブランソンは9勝5敗だったニックスで平均28.8得点、2.9リバウンド、5.8アシストをマークしました。3月29日(同30日)のサンアントニオ・スパーズ戦では、自己最多の61得点をあげ、オーバータイムの末の130-126での勝利に貢献していいます。この記録はニックスの球団記録で、2014年1月にカーメロ・アンソニーがマークした62得点まであと1点となりました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ジェイレン・ブランソンのプロフィール】

本名: ジェイレン・ブランソン (Jalen Brunson)

【誕生日】1996年8月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】86kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】11番
【ポジション】PG

ジェイレン・ブラウンソンは父親が元NBA選手で、高校時代からジェイソン・テイタムらと共にバスケットボールU-19世界選手権のアメリカ代表に選出されるなど注目選手で、大会MVPを受賞するなど同世代の選手の中でトップクラスの活躍を見せていました。

大学はNCAA常連校のビラノバ大学に進学し、司令塔としてチームを牽引し、ダンテ・ディヴィンチェンゾ、ミカル・ブリッジズらと共に1年目と3年目のシーズンにそれぞれNCAAチャンピオンに輝くなど「過去10年間のカレッジバスケットボール界で最高の選手」と評されるほどの選手でした。

さらに詳しくジェイレン・ブラウンソンについてしりたいひとは、こちらをご確認ください。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ルカ・ドンチッチのプロフィール】

本名:ルカ・ドンチッチ(Luka Dončić)

【誕生日】1999年2月28日
【出身地】スロベニア
【身長】203cm
【体重】103kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【背番号】77番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

  • 4× NBAオールスター (2020-2023)
  • 4× オールNBAファーストチーム (2020-2023)
  • NBA新人王 (2019)
  • NBAオールルーキーファーストチーム (2019)
  • ユーロリーグチャンピオン (2018)
  • ユーロリーグMVP (2018)
  • ユーロリーグファイナルフォーMVP (2018)
  • オールユーロリーグファーストチーム (2018)
  • 2× ユーロリーグライジングスター (2017, 2018)
  • ユーロリーグ2010-20オールディケイドチーム (2020)
  • ユーロスカー年間最優秀選手 (2019)
  • 3× リーガACBチャンピオン (2015, 2016, 2018)
  • リーガACBMVP (2018)
  • オールリーガACBファーストチーム (2018)
  • 2× ACBベスト・ヤング・プレーヤー (2017, 2018)
  • 3× ACBオールヤング・プレーヤー・チーム (2016-2018)
  • 2× スペイン国王杯優勝 (2016, 2017)
  • スポーツ・イラストレイテッド・パーソン・オブ・ザ・イヤー (2019)
  • 2× トロフェオ・コスタ・デ・ソル・チャンピオン (2016, 2017)
  • FIBAインターコンチネンタルカップチャンピオン (2015)
  • EBネクストジェネレーション・トーナメントチャンピオン (2015)
  • EBネクストジェネレーション・トーナメントMVP (2015)
  • スロベニア・スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤー (2018)

ルカ・ドンチッチがヨーロッパのプロバスケチームであるレアル・マドリードと契約したのは2012年。当時、ルカ・ドンチッチは13歳という若さでプロバスケチームと契約を果たした選手なんです。

レアル・マドリードとの契約後は、チームの予備チームでプレーをしていました。

正式にレアル・マドリードの選手としてデビューを果たしたのは16歳。実に若い年齢の時点でのプロ選手デビューを達成している選手です。

ヨーロッパのレアルマドリードでのプロバスケ選手を経験後、NBAへのドラフトを表明。

見事、NBAドラフト2018において全体3位指名でNBA入りを果たすことになりました。

更に詳しくルカ・ドンチッチについて知りたい人は、こちらをクリックして更にまとめた記事をご確認ください!

About 餅つきうさぎ 1300 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*