規格外の体格を活かした高い得点能力を誇る、鵤誠司選手のプレー3つの魅力

【reference=https://basketballking.jp/】

栃木ブレックスの18番を背負う、鵤誠司選手。

強気なプレーでチームを牽引する若手のポイントガードの選手です。

 

2015-16シーズンから広島ドラゴンフライズと選手契約をし、「ミスター・バスケットボール」という異名までつけられた名ポイントガード、佐古賢一HCのもとでポイントガードとしてのスキルを学んできています。

さらに、現在栃木ブレックスで日本人で初めてNBAの舞台に立った、田臥勇太選手と同じチームでプレーをしています。

そんな、中々得られることのない経験を積んでいる、鵤誠司選手のプレーの魅力に迫りたいと思います。

おすすめ記事→日本バスケ界のパイオニア・田臥勇太選手が達成した3つの偉業

 

 

【鵤誠司選手ってどんなプレイヤー?】

そもそも、鵤誠司選手ってどんなプレイヤーなのでしょうか?

まずはその概要から見ていきましょう。

 

鵤誠司:プロフィール

【reference=https://www.tochigibrex.jp/roster/seiji_ikaruga.html】

【誕生日】1994年1月8日
【出身地】福岡県
【身長】185cm
【体重】90kg
【出身校】福岡第一高等学校・青山学院大学
【所属】リンク栃木ブレックス
【背番号】18番
【ポジション】ポイントガード

鵤誠司選手は、バスケの名門校である福岡第一高等学校、青山学院大学で経験を積んできています。

高校2年生のウィンターカップ、高校3年生のウィンターカップで準優勝に貢献しています。

 

また、大学生になってからも1年生でインカレに準優勝に貢献。

2年生では、インカレ3位入賞に貢献しています。

大学3年生では学校を中退し、広島ドラゴンフライズとプロ契約を交わしています。

2015-16シーズンの広島ドラゴンフライズではほぼ全ての試合でスタメンを務めました。

 

高いレベルで経験値を積んできた鵤誠司選手。

果たして、鵤誠司選手のプレーにはどんな魅力があるのでしょうか?

3つの魅力にまとめてお伝えしていきますね。

おすすめ記事→[Bリーグ]栃木ブレックスの戦力を勝手に分析してみた

 

 

【鵤誠司選手の魅力①:ポイントガード離れした大きい体格】

【reference=http://topics.smt.docomo.ne.jp/】

まず1つ目にお伝えする、鵤誠司選手のプレーの魅力は「ポイントガード離れした大きい体格」です。

鵤誠司選手は、先ほどのプロフィールでご覧になった通り、身長が185cm、体重が90kgと、大きい体格をしています。

 

例えば、田臥勇太選手の身長と体重は173cm、76kgですし、富樫勇樹選手の身長と体重は167cm、65kgです。

このように、多くのポイントガードの選手は身長が180cmに満たない中、鵤誠司選手は身長が高いです。

その上、ポイントガードは体重の軽い選手も多いですが、鵤誠司選手は体重が90kgと重量級です。

 

この体格差は、他のポイントガードの選手にはないアドバンテージとなります。

体格差を活かしたプレーができることが、鵤誠司選手の1つ目の魅力になります。

おすすめ記事→【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

【鵤誠司選手の魅力②:フィジカルを活かした得点能力】

【reference=http://basket-count.com/】

続いて2つ目にご紹介する、鵤誠司選手のプレーの魅力は「フィジカルを活かした得点能力」です。

鵤誠司選手は、2016-17シーズンの広島ドラゴンフライズではアベレージで8.2得点を取っています。

 

2017-18シーズンでは、田臥勇太選手とプレータイムを分け合いながらもアベレージで4.8得点を取っています。

このように、鵤誠司選手は得点能力がとても高いです。

他のポイントガードにはないフィジカルを活かしたオフェンスは、まさに必見です。

これが、鵤誠司選手のプレーの2つ目の魅力です。

 

 

【鵤誠司選手の魅力③:相手を引きつけてさばくアシストパス】

【reference=https://twitter.com/upset_co_ltd】

最後に3つ目でご紹介する、鵤誠司選手のプレーの魅力は「相手を引き付けてさばくアシストパス」です。

鵤誠司選手は得点能力がとても高く、その攻めを起点にバスケットを展開することができます。

 

パスを中心にバスケットを組み立てていく田臥勇太選手とは、違ったタイプである鵤誠司選手のプレーは、栃木ブレックスに良い流れをもたらしています。

このアシストパスこそが、鵤誠司選手の3つ目の魅力になります。

 

 

【今後の鵤誠司選手について】

前述しましたが、鵤誠司選手は高校と大学で全国トップレベルの大会を経験しただけでなく、佐古賢一選手からポイントガードの動きを教わり、田臥勇太選手と日々の練習でマッチアップしています。

これまで鵤誠司選手は、他のポイントガードの選手では中々得ることができない経験を積んできているのです。

 

今後、そこで培った経験をどのように咲かせるのかがとても楽しみですね。

おすすめ記事→バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

 

 

【鵤誠司選手まとめ】

いかがでしたか?

【鵤誠司選手ってどんなプレイヤー?】
【鵤誠司選手の魅力①:ポイントガード離れした大きい体格】
【鵤誠司選手の魅力②:フィジカルを活かした得点能力】
【鵤誠司選手の魅力③:相手を引きつけてさばくアシストパス】
【今後の鵤誠司選手について】

規格外の体格と他では得られない環境で経験を積んでいる鵤誠司選手。

今後さらなる活躍をされるのが楽しみです。

シェル
About シェル 227 Articles
HOOPS編集部の代表。背が高い。太れないのが悩み。自分では普通の人と思ってるけど、だいぶ変わった人。いつも車を運転するのに道を覚えないで迷う。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*