【NBAドラフト2020|アイザイア・スチュワート】ウィングスパンの長さを活かして活躍するインサイドプレイヤー

【reference=https://basketballsocietyonline.com/potential-ncaa-tournament-bid-thieves/ncaa-basketball-maine-at-washington】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2020候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・アイザイアスチュアートです。

高校1年時には身長が201cmと同級生よりも高い身体能力を誇っていたアイザイアスチュアート。

高校3年時にバスケットボールに力を入れていた高校へ転向を決意しています。

そんなNBAドラフト2020候補に挙がっている、アイザイアスチュアートを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【アイザイアスチュアートのプロフィール】

【reference=https://247sports.com/college/arizona-state/LongFormArticle/ASU-basketball-Washington-basketball-Isaiah-Stewart-Bobby-Hurley-Mike-Hopkins-Pac-12-143166549/】

本名:アイザイア・スチュワート(Isaiah Stewart)

【誕生日】2001年5月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】113kg
【所属】ワシントン大学
【背番号】33番
【ポジション】パワーフォワード/センター

アイザイアスチュアートは、ニューヨーク州で育った選手です。

アイザイアスチュワートはジャマイカ人父を持つニューヨーク州出身の選手で、幼少期はサッカーやボクシングなどバスケットボール以外でその身体能力を高めていった選手です。

小学5年生の時にバスケットボールに出会いそこからのめりこんでいき高校1年時には身長も201㎝を超える選手になり1年時から40得点以上を記録するなどモンスター級の選手でした。

高校3年生になった時バスケに特化する為バスケの専門コースのあるラリュミエールスクールに編入をしました。

全米から有名選手たちがいる中でアイザイアスチュワートはシーズンを通して20得点近い得点力と、10リバウンド以上、約3ブロックをコンスタントに続け高校最終学年時にはネイスミス賞や過去レブロンジェームスなどが受賞したUSAミスターバスケットボールを受賞するなど2019年卒業の高校生で最高のプレイヤーと言われていました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【アイザイアスチュアートの魅力】

NBAドラフト2020において指名候補として名前が挙がっているアイザイアスチュアート。

ここからは、アイザイアスチュアートの魅力について紹介していきたいと思います。

『アイザイアスチュアートの魅力①:身長を超えるウィングスパン』

【reference=https://gohuskies.com/news/2019/12/23/mens-basketball-stewart-scores-26-as-no-21-washington-beats-hawaii-72-61.aspx】

アイザイアスチュアートの1つ目の魅力は、ウィングスパンです。

206cmの身長を持つアイザイアスチュアートですが、身長よりも長く兼ね備えているのがウィングスパンです。

アイザイアスチュアートが持つウィングスパンは220cmを超える腕の長さとなっています。ウィングスパンの長さは生まれ持った才能の一つでもあります。

自身よりも大きい身長を持つプレイヤーがマッチアップになってもウィングスパンを上手く活用して戦うことができるインサイドプレイヤーとなっていますね。

ウィングスパンの長さはリバウンド時やディフェンスの際のブロックなどに非常に有効となっていくことでしょう。

以上の理由から、アイザイアスチュアートの魅力としてウィングスパンを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『アイザイアスチュアートの魅力②:ゴール下での得点能力』

【reference=https://www.sandiegouniontribune.com/sports/national/story/2019-11-22/stewart-leads-no-25-washington-to-73-56-win-over-montana】

アイザイアスチュアートの2つ目の魅力は、得点能力です。

アイザイアスチュアートの場合、特にゴール付近での得点能力に長けているプレイヤーとなっています。

ポストプレーでパスを受けて、そこから巧みなステップワークで得点に持ち込みます。

ゴール下での豪快なダンクシュートももちろんですが、ウィングスパンの長さを活かしたフックシュートも得意としています。

フックシュートは相手のディフェンスからしてもブロックしづらい技の一つでもあるので、NBAの舞台で得点を重ねる上でも重要なスキルとなっていくことでしょう。

以上の理由から、アイザイアスチュアートの魅力として得点能力を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『アイザイアスチュアートの魅力③:リバウンドに絡める跳躍力』

【reference=https://www.goskagit.com/college-basketball/article_58fbbb7d-9776-59ae-944d-d6d1775d5e77.html】

アイザイアスチュアートの最後に紹介する魅力は、リバウンドです。

インサイドプレイヤーでリバウンドが強いというのはよくあることであると思いますが、アイザイアスチュアートの場合、リバウンドの際には何度もゴール下で飛び続けれられるというのが魅力となり得ます。

シュートが外れたボールを一度でもぎとることも重要ではありますが、他のプレイヤーもリバウンド獲得のためにボールに飛び込んできます。

その時、はじかれたボールを何度も飛び込んでボールへの執着心を見せるのがアイザイアスチュアートです。

何度も飛び続けるタフさというのは、所属チームにとっても必要不可欠な能力となってくることでしょう。

以上の理由から、アイザイアスチュアートの魅力としてリバウンドを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【アイザイアスチュアートの今後】

【reference=https://sports.mynorthwest.com/727867/no-25-uw-huskies-beat-montana-73-56/?】

ここまで、アイザイアスチュアートの魅力を紹介してきました。

ウィングスパンの長さを最大限に活かして得点・リバウンドなどインサイドに欠かせない部分でチームに貢献する力を持っているアイザイアスチュアート。

今後としてはアウトサイドからの得点などもに磨きをかけていけばNBAでも戦う力を付けていくことができるでしょう。

NBAドラフト2020では、20~30位圏内の予想も挙がっています。

NBAドラフト2020のアイザイアスチュアートをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】期待の司令塔としてショータイムを魅せることができるか!?!?~ロンゾ・ボール~

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑|ステファン・カリー】NBAの歴史を変えた男

【アイザイアスチュアートのまとめ】

いかがでしたか?

●アイザイアスチュアートのプロフィール

●アイザイアスチュアートの魅力①:身長を超えるウィングスパン

●アイザイアスチュアートの魅力②:ゴール下での得点能力

●アイザイアスチュアートの魅力③:リバウンドに絡める跳躍力

●アイザイアスチュアートの今後

今回は、NBAドラフト2020候補であるアイザイアスチュアートについて紹介していきました。

成長する可能性を充分に持っているアイザイアスチュアート。

NBAドラフト2020にて指名されたのち、どのような成長をみせてくれるのかも楽しみになりまね。

ぜひ、アイザイアスチュアートをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 572 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*