【NEWS】福大大濠所属の川島悠翔がNBAグローバルアカデミーへの入学を表明!

福岡大学附属大濠高校の川島悠翔が3月31日をもって高校を中退し、オーストラリアの『NBAグローバルアカデミー』に入学することを発表しました。川嶋悠翔は以下のコメントを残しています。

「この度、大濠高校を中退し、海外に挑戦することが決定しました。場所はオーストラリアのキャンベラにあるNBAグローバルアカデミーです。そこで1年半のプログラムに参加し、NCAAディビジョン1の大学を目標にしています」

高校3年生に進級するのではなく、海外挑戦を選択しました。群馬県出身の川島悠翔は、中学3年次に出場した「Jr.ウインターカップ2020-2021」で『NLG INFINITY』を準優勝に導き、その名を全国に轟かし、卒業後に福岡県の強豪である福岡大学附属大濠高校に進学を果たしています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

Contents

【川島悠翔のプロフィール】

本名:川島悠翔(かわしま ゆうと)

【誕生日】2005年
【出身地】群馬県
【身長】200cm
【体重】90kg
【所属】NLG INFINITY → 福岡大学附属大濠高校
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

高校1年次には「ウインターカップ2021」の優勝に大きく貢献し、大会ベストファイブにも選出されている川島悠翔。2年生エースとして臨んだ「ウインターカップ2022」では準々決勝で敗退となり、苦い経験を積んできました。

世代を代表する選手として国際大会の経験も豊富な川島悠翔は、16歳ながら飛び級で「FIBA U19バスケットボール ワールドカップ2021」に出場すると、2022年の6月に行われた「FIBA U16アジア選手権」では全5試合で1試合平均26.6得点・11.2リバウンドを記録し、得点王と大会MVPを同時受賞しました。

さらには「FIBA U17バスケットボールワールドカップ2022」でも得点ランキング2位となる1試合平均19.1得点を挙げ、日本を牽引した経験を持っています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBA Global Academyとは?】

このNBA Global Academyというプログラムは、将来のバスケットボール界をリードするであろう若者たちに素晴らしい教育とトレーニングの機会を提供しています。

NBA Global Academyは、2016年にオーストラリアのキャンベラに設立されました。その目的は、14歳から18歳までの世界中の優秀な若手選手を見つけ、集まった選手たちが最高レベルのバスケットボール選手になることをサポートすることです。NBAは、アフリカ、インド、中国など世界各地にNBAアカデミーを設立しており、NBA Global Academyはその一環として運営されています。

このアカデミーでは、選手たちは世界クラスのコーチ陣から技術指導を受けるだけでなく、リーダーシップ、コミュニケーション、チームワークなど、バスケットボール以外の重要なスキルも学びます。これらのスキルは、選手がプロのバスケットボール選手として成功するために不可欠です。

NBA Global Academyでは、各選手の成長に合わせたカリキュラムが提供され、選手たちは自分の目標に応じて進んでいくことができます。選手たちには、アメリカの大学バスケットボールチームやプロチームへのエクスポージャーも提供され、選手たちのキャリアをさらに発展させる機会が得られます。

さらに、NBA Global Academyは、選手たちが世界中の他の優秀な選手たちと競い合う機会も提供しています。これにより、選手たちは世界レベルで競争力を持って日々切磋琢磨できる環境に立つことができます。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

About モンキー 1099 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*