【NBA選手名鑑】デズモンド・ベイン

こんにちわ!早速ではございますが、NBA選手の選手をご紹介します。

今回はNBAの若手で成長が著しい、メンフィス・グリズリーズのデズモンド・ベイン選手についての紹介をしていきます。

2020年のNBAドラフトで全体30位でボストン・セルティックスに指名された選手で、その後メンフィス・グリズリーズとポートランド・トレイルブレイザーズとのトレードがあり、メンフィス・グリズリーズでNBAデビューをした身長もウィングスパン共に198㎝ありながら体重が98kg程体格が良い選手です。

さてデズモンド・ベイン選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【デズモンド・ベインのプロフィール】

Desmond Bane selected to NBA All-Rookie Second Team | Memphis Grizzlies

本名:デズモンド・ベイン(Desomnd Bane)

【誕生日】1998年8月27日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】98kg
【所属】メンフィス・グリズリーズ
【背番号】22番
【ポジション】SG

インディアナ州リッチモンド出身の中年生まで野球をメインにプレイしていたデズモンド・ベインは高校から本格的にバスケットボールをプレイし始めた選手で、高校卒業時代には州で最多の平均得点となる30得点11.5リバウンド6.1アシスト3.2ブロックを記録しました。しかしNCAAディビジョン1のチームからは多くのオファーを受け取るまでには至らず、高校卒業時にも多くのスポーツリクルーティングレートにはレートされない選手でした。

大学はテキサスクリスチャン大学に進学し1年生からチームの中心選手としてプレイをし4年間プレーをしました。4年次には平均16.6得点、6.3リバウンド、3.9アシストの成績を記録し2020年のNBAドラフトにエントリーを行いました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【デズモンド・ベインの記録】

【受賞歴】

  • NBAオールルーキーチーム2ndチーム : 2021
  • オールビッグ12チーム
    • 1stチーム : 2020
    • 2ndチーム : 2019

2020年11月に行われたドラフトにおいて、1巡目・全体30位でボストン・セルティックスから指名を受けたデズモンド・べインズは、テキサスクリスチャン大学の選手がNBAドラフトで1巡目指名を受けたのは1995年のカート・トーマス以来の選手となりました。その後セルティックスとグリズリーズとトレイルブレイザーズの3チームトレードで交渉権がメンフィス・グリズリーズに移りグリズリーズと契約を結びNBAデビューとなりました。

メンフィス・グリズリーズでルーキーシーズンを過ごしたデズモンド・べインは150本以上のアテンプトに対して3ポイントの成功率が43.2%とルーキーシーズンのステフィン・カリーと同様に高くオールルーキーセカンドチームにも選出されました。2021年12月には29得点も記録しており、チームの安定的な得点が出来るプレイヤーとして活躍しています。

ところでそんなデズモンド・べイン選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【デズモンド・ベインの魅力①:シュート力】

デズモンド・ベインの1つ目の魅力として取り上げるのは、シュート力です。

デズモンド・べインはシュートの成功率がスリーポイント含め高く、キャッチ&シュートでのスリーポイントはもちろんのこと、ドリブルからのプルアップスリーなども打てるオールラウンドプレーヤーです。

またスリーが打てるからこそ、相手はスリーポイントを守りに来ますがそれをかいくぐってプルアップも打つことが出来る選手で、相手に応じて効率的な得点を積むことが出来る選手です。

おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!家で15分できる体幹!
おすすめ記事 → 【体幹トレーニング】バスケ好き必見!アメリカで行われている体幹トレーニング

【デズモンド・ベインの魅力②:ディフェンス】

デズモンド・ベインの2つ目の魅力は、ディフェンスです。

デズモンド・べインは確りと相手オフェンスにボディコンタクトを取りながらファールにならないようにプレッシャーをかけ続け、しつこくディフェンスを行う選手です。また身体能力も高くブロックでチームを沸かせるブロックもできる選手です。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

デズモンド・ベイン魅力③:負けん気】

デズモンド・ベインの最後の魅力として取り上げるのは、負けん気です。

デズモンド・べインの魅力はその負けん気の強さがあります。キングことレブロンジェームスに臆することがないその負けん気はチームを鼓舞しチームを盛り上げます。

どんな選手であっても自分のプレイを信じて突き進むデズモンド・べインは色々な意味でチームの元気のバロメーターとして活躍しています。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【デズモンド・ベインのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・デズモンド・ベインのプロフィール

・デズモンド・ベインの記録

・デズモンド・ベインの魅力①:シュート力

・デズモンド・ベインの魅力②:ディフェンス

・デズモンド・ベインの魅力③:負けん気

色々とデズモンド・ベイン選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手や若手の注目選手などを中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 872 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*