【Bリーグ選手名鑑|大浦颯太】無名校からトッププレイヤーへ登り詰めた選手の魅力3選

【reference=https://bbspirits.com/bleague/b20120101/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

Bリーグ選手名鑑をお送りしていこうと思います。

ご紹介する選手は・・・大浦颯太選手です。

高校時代は有名な選手ではなかった大浦颯太選手ですが、大学進学後からその才能を開花させ日本のプロの舞台で活躍するレベルに成長を遂げています。

大浦颯太選手はアイザイアマーフィー選手や納見悠仁選手、増田啓介選手らと肩を並べる「八村世代」の1人でもあります。

そんな大浦颯太選手を魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【大浦颯太選手のプロフィール】

【reference=https://northern-happinets.com/news/detail/id=15179】

本名:大浦颯太(おおうら そうた)

【誕生日】1997年12月23日
【出身地】広島県
【身長】182cm
【体重】67kg
【出身校】広陵高校 → 日本体育大学
【所属】秋田ノーザンハピネッツ
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

大浦颯太選手は広島県出身のバスケットボール選手です。

広島県でバスケットボールをして育った大浦颯太選手は地元の高校でもある広陵高校でプレーしていました。全国の舞台で有名な選手ではなかった大浦颯太選手ではありますが、高校卒業後に関東の日本体育大学への進学を決意しました。

入学当時の日本体育大学は関東大学バスケの2部リーグに所属。1部への昇格およびインカレ出場を果たしたのは大浦颯太選手が3年生になった時でした。4年時には関東大学バスケットボールリーグ戦において4位という好成績を収め、リーグ戦ではシーズン通してのアシスト王にも輝いています。

日本体育大学卒業後は秋田ノーザンハピネッツと契約を締結。新型コロナウイルスの影響もあり試合数も少ないながらもチームに大きく貢献し、出場機会も得ているガードプレイヤーとなっています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【大浦颯太選手の魅力】

そんな大浦颯太選手は一体どんなプレイヤーなのでしょうか?

大浦颯太選手の魅力を紹介していきたいと思います。

『大浦颯太選手の魅力①:正確性の高いアウトサイドシュート』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/41473】

大浦颯太選手の1つ目の魅力は、アウトサイドシュートです。

幅広い得点能力を持っている大浦颯太選手ではありますが特に注目すべき点がアウトサイドシュートです。アウトサイドシュートの中でも3Pシュートの精度が高い印象に残る大浦颯太選手。

学生時代には佐古賢一選手が取り入れていたアウトサイドシュートの練習を取り入れて練習に励んでいたこともあるそうです。その成果もありアウトサイドからの得点機会が増えている印象もあります。

ノーマークであれば高精度でシュートを沈め、相手のディフェンスの状況を把握して隙を見つけてクイックネスからのシュートを放つこともできます。アウトサイドシュートは大浦颯太選手の最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

以上の理由から、大浦颯太選手の魅力としてアウトサイドシュートを取り上げました。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『大浦颯太選手の魅力②:ゴール下に切れ込む高いハンドリング技術』

【reference=https://bbspirits.com/bleague/b20120101/】

大浦颯太選手の2つ目の魅力は、ハンドリングです。

ポイントガードというポジションでもあるため高いハンドリング技術を兼ね備えているのが大浦颯太選手でもあります。ペイントエリア内の密集した場所でもボールを無くさずにシュートまで持ち込むことができる選手となっています。

このハンドリング技術を活かして相手のブロックを交わすフローターシュートも得意としているのが魅力でもあります。アウトサイドシュートのみ警戒した際には隙を見つけてドライブでゴール下まで切れ込んでくることでしょう。

アンストッパブルな得点マシーンとなりチームに貢献してくれる選手になりますね。

以上の理由から、大浦颯太選手の魅力としてハンドリングを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『大浦颯太選手の魅力③:味方を活かす的確なアシストパス』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/41473】

大浦颯太選手の3つ目の魅力は、アシストです。

この魅力においてもポイントガードというポジションであるがゆえの魅力と言えるのではないでしょうか。しかも大浦颯太選手は日本体育大学在学時に関東大学バスケットボールリーグにおいてアシスト王にも輝いた経験を持っています。

特にドライブからのアシストパスが多く、相手のディフェンスをより多く集めてフリーの選手を作り出しています。味方のインサイドプレイヤーへの合わせはもちろんですが、広い視野を利用してアウトサイドで待ち構えるシューターへもアシストパスを繰り出すことができる選手となっています。

Bリーグというプロの舞台でも大学時の経験が最大限に活かされていくと考えられますね。

以上の理由から、大浦颯太選手の魅力としてアシストを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【大浦颯太選手の今後】

【reference=https://basket-count.com/article/detail/41473】

ここまで、大浦颯太選手の魅力を取り上げてきました。

制度の高いアウトサイドシュートを中心にドライブからの得点や味方へのアシストパスなど、ポイントガードとして必要不可欠な能力は備わっている大浦颯太選手。

高校時代は無名のプレイヤーながらも進学先の大学や契約したチームにおいて徐々に進化を遂げてきているのは間違いないでしょう。成長途中のな選手であるのは確実なのでどのような成長を遂げていくのか楽しみでもあります。

大浦颯太選手をチェックしてみてください。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【大浦颯太選手のまとめ】

いかがでしたか?

●大浦颯太選手のプロフィール
●大浦颯太選手の魅力①:正確性の高いアウトサイドシュート
●大浦颯太選手の魅力②:ゴール下に切れ込む高いハンドリング技術
●大浦颯太選手の魅力③:味方を活かす的確なアシストパス
●大浦颯太選手の今後

日本のプロバスケットボールリーグ・Bリーグに在籍する大浦颯太選手についてまとめました。

無名の高校時代から一転してBリーグ有数のポイントガードへ成長を遂げている大浦颯太選手。今後も成長を遂げて日本を代表する選手になり得るかもしれませんね。

「八村塁世代」と呼ばれている有能プレイヤーの1人として活躍を期待しましょう。

会場へ足を運んだ際には、ぜひ大浦颯太選手をチェックしてみてください!

About ハリネズミ 696 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*