【NBAニュース】NBAサマーリーグの優勝チーム決定

NBAサマーリーグ2018が終了しました!

12日間で82試合を行なうNBAサマーリーグ2018は、過去初めてとなるNBA全30チームが参加し開催されています。

以前もご紹介していましたが、今回のサマーリーグではブルックリン・ネッツに渡邊雄太が参加していることもあり日本人には注目を集めていると思いますが、今回は渡邊雄太に注目するのではなくNBAサマーリーグ2018のこれまでの軌跡をご紹介します。

現地時間17日(日本時間18日)に開催されるトップシードの去年のNBAサマーリーグの覇者であるロスアンゼルス・レイカーズと第2シードのポートランド・トレイルブレイザーズによる決勝戦がつい先ほど終了し、ポートランド・トレイルブレイザーがロスアンゼルス・レイカースを91-73で下し、昨年のリベンジを果たしました。

 

サマーリーグは今後のNBAを牽引していくであろう若手が活躍できるとてもいい機会です。

サマーリーグを通して活躍した若手が、次期シーズンで活躍するのも楽しみですね!

 

この後、NBAは本格的なオフシーズンへと入っていきますがまだトレードも含めたNBA内での動きも見え隠れしています。今後のNBAの動きにも注目です。

今までのトレード情報をまとめています、是非ご確認ください!

【NBA速報】NBAフリーエージェント(移籍)の現状

【NBA速報】NBAフリーエージェント(トレード)の現状②

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

 

 

 

【NBAサマーリーグ2018アワード】

 

「オールNBAサマーリーグ MVP 」

ジョシュ・ハード(レイカーズ)

「josh hart」の画像検索結果

本名:ジョシュ・ハーツ(Josh Hart)

【誕生日】1995年3月6日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】98kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカース
【背番号】5番
【ポジション】SG
【受賞歴】

  • NCAA チャンピオン (2016)
  • Consensus first-team All-American (2017)
  • Third-team All-American – NABC (2016)
  • Senior CLASS Award (2017)
  • Julius Erving Award (2017)
  • Big East Player of the Year (2017)
  • 2× First-team All-Big East (2016, 2017)
  • 2x Big East Tournament MOP (2015, 2017)
  • Big East Sixth Man of the Year (2015)

ジョシュハートは今サマーリーグ6試合に出場しており、リーグトップとなる平均24.2得点(フィールドゴール成功率47.1%)、5.2リバウンド、1.5スティールを記録しNBAサマーリーグ2018のMVPに輝いています。

 

「オールNBAサマーリーグ・ファーストチーム」 

ウェンデル・カーターJr.(ブルズ)
ジョシュ・ハード(レイカーズ)
ケビン・ノックス(ニックス)
コリン・セクストン(キャブズ)
クリスチャン・ウッド(バックス)

 

「オールNBAサマーリーグ・セカンドチーム 」

ディアンドレ・エイトン(サンズ)
ウェイド・ボルドウィン四世(ブレイザーズ)
ジャレン・ジャクソンJr.(グリズリーズ)
スビアトスラフ・ミハイリュク(レイカーズ)
トレイ・ヤング(ホークス)

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 222 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*