【NBAニュース】NBA公式球がスポルディングからウィルソンに変更

5月13日(日本時間14日)、NBAとウィルソン・スポーティング・グッズ社(以下ウィルソン)は、ウィルソンがNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、バスケットボール・アフリカ・リーグ(BAL)の公式ゲームボールとなる複数年のグローバルパートナーシップを結んだことを発表しました。

ウィルソンは現在NBA、WNBA、NBA Gリーグが使用しているボールと同じ材料、同じ8枚パネル構成、同じパフォーマンススペックで施策をしており、現在NBAで使用されている同じ革を材料に使用すると言われています。

現在NCAAトーナメントの公式試合球を提供しているウィルソンは、1946年から36シーズンにわたってNBA初の試合球としてNBAとパートナーシップを結んでいましたが、1983年からはスポルディングが公式球のパートナーとしてNBAのボールで使われていました。

リーグによってウィルソン製のボールの導入時期は異なっており、最初に使用されるのはNBAで、リーグ創設75周年となる来シーズンの2021-22シーズンから導入される予定です。WNBAでは2022シーズン、NBA Gリーグは2021-22シーズン、NBA 2Kリーグは2021シーズン、BALはリーグの初年度シーズンで使用されることが発表されています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【ウィルソンとはどんな会社?】

ウイルソン スポーティンググッズ オフィシャルサイト | Wilson ...
社名ウィルソン・スポーティング・グッズ・カンパニー
本社所在地アメリカ合衆国シカゴ
設立1913
業種スポーツ用具
事業内容フットウェア、スポーツウェア、アクセサリー
純利益$930 million (2010)
従業員数1,600
所有者アメアスポーツコーポレーション
主要子会社DeMarini Sports, Inc.

ウィルソン・スポーティング・グッズ・カンパニーはイリノイ州シカゴに本社を置くスポーツ用具の会社で、1913年に精肉の際に出る皮やスジを再利用する形でスポーツ用品の製造を始めた経緯を持つ会社です。

1970年にペプシコーラで有名なペプシコに買収され、その後1989年からはフィンランド企業アメアスポーツの子会社となっている会社になります。

ウィルソンと言えば有名なのがテニスで、ロジャー・フェデラーやセリーナ・ウィリアムズ、日本人では錦織圭がウィルソンのラケットを使用しています。そのほかにもゴルフや、野球、アメフトなどでスポーツ用品を出しており、多くの日本人にも愛用されているメーカーです。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 578 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*